FC2ブログ

本『暗幕のゲルニカ』




バタバタと忙しくしてたら、うっかり図書館で借りてたこの本の返却期限が今日だったΣヽ(>д< ;)ノ・゚
朝から間に合うかどうかわかんないけど、いろんなことほったらかして読みふけった〜
結果、夕方には返却しました〜間に合ったε-(´▽`)

一枚の絵が、戦争を止める。私は信じる、絵画の力を。手に汗握るアートサスペンス! 反戦のシンボルにして2 0世紀を代表する絵画、ピカソの〈ゲルニカ〉。国連本部のロビーに飾られていたこの名画のタペストリーが、2003年のある日、突然姿を消した―― 誰が〈ゲルニカ〉を隠したのか? ベストセラー『楽園のカンヴァス』から4年。現代のニューヨーク、スペインと大戦前のパリが交錯する、知的スリルにあふれた長編小説。(Amazonから)

ピカソ曰く、芸術は、決して飾りではない。それは戦争やテロリズムや暴力と戦う武器なのだ、と。

お話は、パリ万博直前にゲルニカを描くピカソとその制作過程を写真で記録した恋人のドラの20世紀パートと、
9.11で夫を亡くしたMoMAのキュレーター瑤子がピカソの戦争をテーマに企画展をする際に欠かせない
ゲルニカを借りるために奔走する21世紀パートを交互に絡ませて進む。

正直言って、途中までは二つの時代を行ったり来たりするのもちょっと疲れるな〜って思ってたんですが、
それもすべて終盤には手に汗握るスリリングな展開で、二つの時代が繋がっていく楽しみと
反戦の意思が詰まってるゲルニカの作品の魅力と
瑤子の熱い思いとが、
もうグイグイと読ませてくれます。そして泣いちゃった〜〜

ラストのびっくりなシーンに、そしてもしかしたら、マイテの素性は・・・とか
最後までドキッとさせる仕掛け満載です。

美術には詳しくない私でも、ゲルニカはもちろん知ってたけれど
背景の戦争のことも万博で展示されてたことも知らなかった。
スペインの内戦や第2次世界大戦の間、ゲルニカが亡命してたことも。
直にその大きな作品を見てみたいな〜

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

以前読んだ「神話の力」という本には、神話の中に、その部族・民族の未来への指針があるという事が書いてあり、また民族・人種がボーダレスとなった今、地球人類全体のための「神話」を示せるのは芸術家しかいない、と、そんなようなことが書いてました。ピカソの言葉にはその自覚というか意志があるような気がしますね。後世の人の心まで震わせることのできる力を持つ作品を残した人っていうのは、そういう視点があるんだろうなと思いました。この本はいつか読みたい。めもめも。

あけぼうさん

なるほど!!
本当にそうだと思います。
この作品中にもドラがピカソのことを「創造主」だと言ってましたし。
やはり、未来の何かを見据えていて、
芸術は言葉ではない力で人々の心に訴えることができると
しっかりと自覚してたんでしょうね。
まさに、神話的な作品だよね、ゲルニカは。

No title

某高校の文化祭の模擬の喫茶店で教室の窓をゲルニカにしたいという話があって、紙製のステンドグラスを作るというそのデザインのその下絵を作ったことがありました。実は私はまだ中学生で、もちろんその高校の生徒じゃなかったんだけどね(^^)。ヘンテコで懐かしい思い出です。稚拙だけど自分なりに頑張って模写をしたんだよね。訳も分からないままだけど、だから細部も逐一味わえた唯一の名画です。 東京駅のすぐ近く、丸の内OAZO一階内部の壁に「ゲルニカ」の複製陶板がありますよ。通りかかったときはちょいちょい見に行きます。。。というわけで、あれは大事なので読まねばです。いつもありがとうございます。メモメモ。(^^)

玉坂めぐるさん

え〜〜すごいですね!模写したんですか!!細部もしっかりと見て描いて、素敵な経験されてますね(*´∀`*)
それは読まねばですね!ピカソの意思をぜひ。

そうそう、複製陶板見てみたいなって思ってたんですよ。
丸の内なんですね。スペイン行くよりも現実味があります。
大きさの迫力を味わってみたいんですよ。行きます。