FC2ブログ

映画『美女と野獣』観てきた(*´∀`*)




ディズニー映画のアニメ版『美女と野獣』は思い出の映画なので、
懐かしく思う気持ちもあってさっそく公開初日に観てきました(*´∀`*)

でも、これはディズニーの『美女と野獣』とは別物です。
ディズニー映画でもないし、
なんとフランス映画でした。
もちろんざっくりとしたストーリーが違うわけじゃないのですけど、
雰囲気がもう全然違う・・・

まずはベルのお父さんが商人で、何不自由無く暮らす裕福な家庭で、
兄弟が多いってことと、
野獣の住むお城にたどりつくまでの物語が長くて、
序盤はちょっと眠くなる。。。
あとで公式HPを見てわかったんですが、
もともとの原作って、長編のお話だったようですね。
で、それを短縮したお話を発表された方がいて、
そちらが広く世界中に読まれたってことみたいですね。
で、この映画はもともとの長い方のお話をもとに作られたらしい。
それと、監督は日本のアニメに影響されてるらしくて、
宮崎駿作品へのオマージュかしらというところはたしかに思い当たる場面がありました。

特に、鹿がね、黄金色の雌鹿が出てくるんですけど、
シシ神さま?って思ったし。傷が癒される泉の水もそれっぽかったし。

序盤は眠たくなったけども、やはり野獣の城にベルが到着してからは
お城の中も素敵だったし、ベルのドレスも美しかったし、
話の展開も良かったし、眠くならなかったよ〜
ベルが眠っている間に、夢の中で野獣の過去の秘密に触れて
翌日からは城の敷地内を自由に散策することになるんだけれど、
野獣になる前の王子は魅力的だけれど傲慢なことも、
奥さんがいたことも知ってしまう。
ベルもめちゃめちゃ性格がいいってわけじゃない、
ツンデレなんだよね。
どうして野獣になったのかっていうエピソードも良かった。

そういえば、子どもの頃に読んだ『美女と野獣』は
少年少女世界文学全集に入ってたと思うけど、
挿絵の野獣は今回の作品のイメージと同じで顔がライオンだった。
だから、ディズニーのアニメを見たときは逆に野獣のイメージが違うって思ったんだよ。

後半のファンタジー満載の話は冒頭のエピソードとともにそんなに重要じゃないような
気もするけど、この部分がないと盛り上がりにちょっとかけるのかなぁ(; ^ω^)?
でも、とにかく、
ベル役のレア・セドゥと野獣のヴァンサン・カッセルの魅力だけでも
見応えがある作品だったと思います。

ステキでした〜〜(*´∀`*)


にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

知らなかった~!
もともと長編小説だったんですかあ。
野獣になる前の王子が結婚してたとか、そういう部分が、確かに単純なおとぎ話じゃないよっていうか、大人向けっぽい感じがするね~。
最近、シャンデリアの写真とかドレスの写真とかゴージャスな画像を集めるのがマイブームなので、この映画を観るの楽しいかも☆

あけぼうさん

もともとの長編小説ってどんなだったのか読んでみたくなるよね〜
でも、それを短く書き直した人は、
うまくまとめる才能のある人なんだな、きっと。
だって短くても十分面白いし(; ^ω^)

映像はちょっと暗めなんですけど、
ステキでしたよ・。+・゜★・。・☆・。+・゜キラキラ・。・゜★・+。・.
お城は古くてホラー感もあるけど。。

No title

へえ、実写でも、なんつーかキワモノになったりはしなかったんだね。素敵なんだね。みようかな。
見た目異種恋愛だから、場合によってはヤバイかとか・・・。この映画の存在を聞いた時には一瞬思ってしまった自分を叱ろう(^^:)スイマセン。
うーん、大島渚監督の「マックス・モン・アムール」とかちょっとよぎったのでした・・・うへえ。

玉坂めぐるさん

見た目が野獣の間はそんなに恋愛してる風じゃなかったから大丈夫ですよ(*´∀`*)
ライオンの顔だから、ライオン丸思い出しちゃう感じですし、わりとカッコいい。

『マックス・モン・アムール』は観てないのですけど、
当時話題になってましたね〜。キワモノですよね(; ^ω^)

トラックバック

美女と野獣

試写会で観ました。 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベルが野獣の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動...

美女と野獣

評価:★★☆【2.5点】(11) たとえレア・セドゥが魅力的でも作品自体がこれでは、、、

劇場鑑賞「美女と野獣」

私を、愛してくれるか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411030000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】美女と野獣 [ クリストフ・ガンズ ]価格:702円(税込、送料込) [DVD] ビーストリー価格:3,099円(税込、送料別)

美女と野獣 (試写会)

いつまでも幸せに暮らしましたとさ 公式サイト http://beauty-beast.gaga.ne.jp11月1日公開 監督・脚本: クリストフ・ガンズ  「ジェヴォーダンの獣」 「サイレントヒル」

美女と野獣

【LA BELLE ET LA BETE/BEAUTY AND THE BEAST】 2014/11/01公開 フランス/ドイツ 113分監督:クリストフ・ガンズ出演:ヴァンサン・カッセル 、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、イボンヌ・カッターフェルト 野獣の秘密、ベルのあやまち。 ...

美女と野獣/王子様というよりおじさま

ディズニーアニメで世界的に著名な「美女と野獣」の実写映画。野獣役を『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセル、美女ベル役をパルム・ドール女優のレア・セドゥが演じた。ほかにも『アメリ』のアンドレ・デュソリエ、イボンヌ・カッターフェルトらが出演している。監督はフランスのクリストフ・ガンズ。

美女と野獣 ★★★.5

映画やアニメーションなどで世界中の人々に愛されてきた世界的に著名な小説を、『サイレントヒル』などのフランスの異才クリストフ・ガンズ監督が映画化。『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥがヒロインを演じ、野獣の姿をした王子の秘密に迫っていく。孤高の野...

美女と野獣

王子が野獣に変えられた理由とその呪いを解くまでの物語がしっかりと描かれていて、大人にこそ鑑賞してもらいたい内容だった。自然の中に神々を見出す日本人なら、この映画は理解しやすいと思う。映像も衣装も特殊効果もすばらしい。

美女と野獣

破産して失意の商人が、森の奥の城で末娘ベルのためにと一輪の薔薇を手折った瞬間、恐ろしい野獣が姿を現し、薔薇の代償に商人の命を要求する。 家族との別れのため1日だけ猶予を与えられた商人は、一部始終を家族に打ち明けた。 責任を感じたベルは、父の代わりに自分の命を野獣に差し出す。 ところが、野獣はベルを殺しはせず、夜7時に食卓に着くことだけを要求するのだった…。 ラブ・ファンタジー。

美女と野獣

都会で裕福な暮らしをしていた商人一家は、貿易船を大嵐で失い、破産してしまう。 贅沢が身についた兄と姉は、田舎の暮らしに不満を募らせるが、末娘のベル(レア・セドゥ)は家族一緒に暮らせることに幸せを感じていた。 ある日、森で吹雪に見舞われた父は、偶然見つけた古城に逃げ込み九死に一生を得る。 帰り際、美しいバラを目にし、ベルの土産にと一輪折った瞬間、恐ろしい野獣(ヴァンサン・カッセル)が...

映画「美女と野獣(2014)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『美女と野獣(2014)』 (公式)を本日、劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー 若く美しく純粋な娘ベル(レア・セドゥ)は、バラを盗んだ代償に命を差し出せと言われた父の身代わりに、野獣の城に囚われてしまう。死をも覚悟したベルだったが、野獣(ヴァンサン・カッ...

『美女と野獣』

□作品オフィシャルサイト 「美女と野獣」□監督 クリストフ・ガンズ□脚本 クリストフ・ガンズ、サンドラ・ボ=アン□キャスト ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥー、アンドレ・デュソリエ、      イボンヌ・カッターフェルト■鑑賞日 11月3日(月)■劇場...

美女と野獣

2014年11月8日(土) 13:40~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1100円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 進撃の巨人 『美女と野獣』公式サイト ディズニーも、その他のメディアも観たことのない「美女と野獣」だが、ミュージカル仕立なのかと思っていた。 しかし、ミュージカルでもなく、徹底的なラブ・ロマンスでものなく、「進撃の巨人」状態の半端なVFX映画に過ぎなかった...

美女と野獣

18世紀のフランスで書かれたビルヌーヴ夫人版を基に創り上げたファンタジーです。 美しいドレス姿のレア・セドゥが謎めいた雰囲気の中で輝いている予告編を観て楽しみにしていました。 ディズニーとはまた違うフランス映画らしいお伽噺の世界がスクリーンに広がっていました(^^)

[映画『美女と野獣(クリストフ・ガンズ監督版)』を観た(寸評)]

☆・・・全くノーマークの作品だったけど、かなり面白かった。 昔、「オズの魔法使い」は、現実世界が白黒で、オズの国がカラーで表現されると言う手法を使っていたけど、 この作品は、手触りの違う画像が、全編の中で、4段階くらいグレードアップしていく。 舞台とな...

美女と野獣  監督/クリストフ・ガンズ

【出演】  レア・セドゥ  ヴァンサン・カッセル  アンドレ・デュソリエ 【ストーリー】 バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘・ベルが野獣の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同...

美女と野獣

 『美女と野獣』を吉祥寺オデヲンで見てきました。 (1)本作(注1)は、ディズニー・アニメなどで有名なフランスの物語を実写化したフランス映画。  大層裕福に暮らしていたベル(レア・セドゥ)の一家が、財宝を積んだ船を嵐のために失って破産してしまいます。  一...

美女と野獣

美女と野獣 '14:フランス=ドイツ ◆原題:LA BELLE ET LA BETE ◆監督:クリストフ・ガンズ「サイレントヒル」「ジェヴォーダンの獣」 ◆出演:レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、ミリアム・シャルラン、オードレイ...

美女と野獣 (2014) 【劇場で鑑賞】

これまでにも映画化やアニメ化をされている フランスの有名な小説を母国が映画化した 『美女と野獣』が公開されましたので観に行って きました。 美女と野獣 原題:LA BELLE ET LA BETE 製作:2014フランス/ドイツ 作品紹介 映画やアニメーションなどで世界中の人々…

美女と野獣

【概略】 美しい娘・ベルは、野獣からバラを盗んだ代償に命を要求された父の身代わりに、野獣の城に捕らわれの身となる。やがてベルは恐ろしい野獣の悲しい瞳に心惹かれ始め…。 ラブストーリー 1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の〈隠されてきた〉過去に光を当てた本作。ヒロイン・ベルにレア・セドゥ、野獣にヴァンサン・カッセル。エドゥアルド・ノリエガさんも共演。...

美女と野獣

【概略】 美しい娘・ベルは、野獣からバラを盗んだ代償に命を要求された父の身代わりに、野獣の城に捕らわれの身となる。やがてベルは恐ろしい野獣の悲しい瞳に心惹かれ始め…。 ラブストーリー 1740年に書かれたヴィルヌーヴ夫人の原作小説を元に、野獣の〈隠されてきた〉過去に光を当てた本作。ヒロイン・ベルにレア・セドゥ、野獣にヴァンサン・カッセル。エドゥアルド・ノリエガさんも共演。...

美女と野獣(2014)

監督:クリストフ・ガンズ 出演:ヴァンサン・カッセル、レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ、エドゥアルド・ノリエガ、ミリアム・シャルラン、オドレイ・ラミー、サラ・ジロドー、ジョナサン・ドマルジェ、ニコラ・ゴブ、ルーカス・メリアーヴァ、イボンヌ・カッターフ...

美女と野獣 (2017)

ディズニー・アニメーション不朽の名作「美女と野獣(1991)」も名作でしたが、「ハリー・ポッター」シリーズのE・ワトソン主演で実写映画化も、負けず劣らず、ヨカッタです。また、その再現ぶりが半端ないこと!それにしても、ハーマイオ二ー、幼少期から美少女ぶりとチャーミングさが際立ってたけれど、見事、美女に成長しましたね。ベル役が、とても似合ってました。町娘姿も、ドレスアップしてのダンス・シーンも、...