FC2ブログ

天使のわけまえ 第2回

前回、工事現場の交通誘導員のおじさんとその工事のおじさん達と
みんなで青空弁当(宴会?)をしてた時に、
あらわれた女の子杏ちゃん(幼稚園児?)が「食べたい」と思ったモノを
作ってくれとセレブ主婦さくら(ともさかりえ)に頼まれるくるみ。

それはおじさん達が食べてた太巻き。
さくらに教えても上手くならず、誕生会に手伝いにいくことに。
ところが、かわいいパンダの絵になってる太巻きを「こんなんじゃない!」と皿を落とす杏ちゃん。

どうやらおじさん達が切らずに丸かじりしてたのがうらやましかったらしい。


くるみ自身の母がいなくなった頃の回想シーンもあり、
じいちゃんや、食べ物にまつわる過去が少しずつわかってくる。

いろいろあっても、食べ物で人は元気になる!ってテーマがあると思う。
料理が下手だってことでコンプレックスをもってるさくらに
料理がうまくっても彼に逃げられた話をして、
「何でも完璧な人なんていない」と励まし、
「一緒に作ろう」

反抗的な態度をとる14歳の彼の息子コウタもだんだんうち解けてきて、
授業料滞納で退学の危機だったのに「振り込まれてるよ」ってくるみの
嘘を見抜き、新聞配達を始めるいい子だ。

セレブ主婦さくらの幼稚園ママつながりで
次回は料理教室が始まるみたいo(^-^)o

おいしそうな料理を見て元気になって、
少しずつ思わぬ仕事が舞い込むラッキーな展開に
見ている方もどんどん元気になっていきますね☆
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

いろいろあっても、食べ物で人は元気になる!ってテーマがあると思う。

その通りですよね。
私、いつも思うのです。
自分で食べ物を作ろうとする人は
もうそれだけで、生きる力がある人だって!

お母さんの作った不格好なおにぎりでも
炊きたてのご飯を握る手が愛なんですよね。

ここまで、言うと母に「暑苦しい」って言われてます。アハハ

Re:

>春降る桜さん

そうなんですよ!生きるパワーの源ですよね♪
私も‘さくら’じゃないけどどっちかっていうと料理は得意じゃない。
だから、実は私も太巻きは作ったことないヾ(´▽`;)ゝエヘヘ

でも、チャレンジャーな私はおいしそうな食べ物を見ると
作ってみたい!!と一応検討したりします(^_^)

まだまだ生きていける(^_^)v