FC2ブログ

沖縄に42時間旅行4ー世界遺産だ~

さて、いよいよ世界遺産の見学です。

まずは識名園から。





きれいな水。


だだっ広いです。
ここ識名園は、琉球王国時代、冊封使をお迎えしてもてなすためのスペースだったようです。


池を眺める六角堂。


この橋の段がまたキツいんですね(;゚∀゚)


林や草むらがいっぱいありまして、こんな注意書きが!
ハブってどこにでもいるのか、沖縄では((((; ゚Д゚)))ガクブル


元バナナ園に少し残ってるバナナ。


そしていよいよ首里城へ


守礼門の前では、観光客がみ~んな写真を撮っていて、
どうがんばっても人がわんさか写ってしまうんです(´-ω-`)=3


首里城は門をくぐってばっかりです



階段が多いんですよ。
しかもこの階段、踏面も傾斜があって階段プラス坂道になってるので疲れます。


漏刻門






じゃじゃーん!正殿です。ああ、これも青空をバックに撮りたかったなぁ。


正殿には三十三体の龍がいるそうです。



中にも入ったのですが、ほとんど写真撮影NGでした(´・ω・`)ショボーン
ですが、御差床(うさすか)って多分いわゆる玉座だと思われるコレは撮影OKでした。



模型です。




城の外に出ます。


首里城の横にある龍潭で、
またまた、初めて見る鳥です。
バリケンっていう鳥で、カモの仲間のようです。



いやぁ、世界遺産の迫力とかありますね〜
でも、私の中では、やっぱり首里城も識名園も小説の世界にひたれる場所(*´艸`) ムフ♪


テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)テンペスト 第一巻 春雷 (角川文庫)
(2010/08/25)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)テンペスト 第二巻 夏雲 (角川文庫)
(2010/09/25)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫)テンペスト 第三巻 秋雨 (角川文庫)
(2010/10/23)
池上 永一

商品詳細を見る

テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)テンペスト 第四巻 冬虹 (角川文庫)
(2010/11/25)
池上 永一

商品詳細を見る

黙示録 (単行本)黙示録 (単行本)
(2013/09/25)
池上 永一

商品詳細を見る


よろしければポチッと(人∀・)タノム!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析

じつは、まだ続きますw





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

いいねえ、元気を出せば弾丸で沖縄もありだね。
12年前に「予定したのに直前の大きな事情でキャンセルしてお金だけ半分取られた沖縄旅行」という思い出があって、苦い思いのせいかあこがれも募るのに行けてない、です。
しかし知ってるよう、テンペストのあの屋根だ。
ぬふふふふふう  いいなあ。

No title

いやーん☆
テンペストの色んなこといろいろ思い出すね!
行く前にもう一度読んでから行くのもいいかもね~♪
それにしても屋根の上の龍は、シーサーに近い顔つきの龍もいるね・・・( ´艸`)

玉坂めぐるさん

あらら、キャンセル料が発生しちゃったのね、残念だね。
でも、きっとリベンジだよ!
弾丸はね、的を絞るってことが大事なんだろうね。
2泊で、しかも低価格のビジネスホテルで、って決めれば
意外にお安いのでした、ふふふ。

あけぼうさん

テンペストももう一回読みたくなりましたよ(*´∀`*)
ってか、行く前に読み直しておけば良かったと思ったよ、うん。

屋根の上の龍って、シーサーと同じような意味合いがあるんでしょうかね。
守り神とか厄よけとか・・・
けっこう派手な顔立ちですよね。