FC2ブログ

映画『ウォルト・ディズニーの約束』観たよ〜

T0013121p.jpg

公式HPはコチラ


1961年に製作されたディズニー映画の『メリー・ポピンズ』の
原作者と制作側の葛藤を描く。

P.L.トラヴァースが『メリー・ポピンズ』の作品にこめた思いと
子どものための楽しい仕掛けがたっぷりの映画を作りたいという意図が
うまく噛み合ず、映画が実現するのにとても長い年月を費やしたのですね。

彼女の皮肉屋で気難しい人柄をエマ・トンプソンが演じる。
その気難しさったら笑えます。
そこまでか!っていう。
ディズニーとトラヴァースの交渉と並行して、
彼女の少女の頃の悲しい記憶も語られます。
とっても大好きな父親はトラヴァースに夢の世界に導く一方、
アルコール依存で血を吐くほどの重症になるのだ。
そこへ現れたおばさんがもしかすると作品のモデル?
しかし現実は魔法使いではなかったんだ。

実際にディズニーランドに招待されたり、
宿泊するホテルの部屋にはキャラクターのぬいぐるみがいっぱいで、
ファンなら人生最高の興奮状態になるほどの贅沢だけれど、
それも拒否したいトラヴァースに、
観てる私らは「何でよ?」と言いたくなる(; ^ω^)
いやそういうことじゃないんだけれども。
羨ましいわぁ。

トム・ハンクスがディズニーの熱意を上手く演じてました。
優しくて賢くて熱い方だったんだね〜

じんわりといい映画でした(๑′ᴗ‵๑)

ポチッとよろしくお願いします(人∀・)タノム!
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村 
blogramで人気ブログを分析
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

たのしそうな映画だよね。結末はわかってる波乱万丈、苦労譚、知られざるエピソード。安心して楽しめそうです。 で、本物のディズニーオジサン。幼稚園児の頃、毎週日曜日のテレビに出てきました。よく覚えてないけど番組のオープニングで一言なんか言うだけだけど、はあ、この人が・・・と尊敬してました(^^)

玉坂めぐるさん

ディズニーおじさんを知らなかったんだよね〜。
TVに出てたこと。
トム・ハンクスは喋り方は似てたらしいですよ。
役作りしてたらそうなったとか。

私はメリーポピンズの映画は見たんだけど、原作読んでなくって、
映画見てたら、そのまんまの受け取り方しかできてなかったんです。
でも、原作は映画のメリーポピンズとは違って明るくて楽しい雰囲気じゃないんだそうで。
思い入れの強い作品だからこそ、
映画化したくなかったんだろうなぁ。

原作のメリーポピンズも読んでおこうかと思った次第。

トラックバック

劇場鑑賞「ウォルト・ディズニーの約束」

父娘の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201403220000/ [CD] (オリジナル・サウンドトラック) ウォルト・ディズニーの約束 オリジナル・サウンドトラ...価格:3,675円(税5%込、送料別) 【送料無料】メリー・ポピンズ 50周年記念版 MovieNEX...

ウォルト・ディズニーの約束

2ペンス。a pot of tea。東の風。

映画:ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks 自分のルーツへの心の旅。あの名作がまた観たくなる

ディズニー映画「メリー・ポピンズ」(1964)を初めて観た時のことを良く覚えている。 受験が無事に終了、放心状態に陥っていた私に、母が名作だし行ってきたらと水を向けたのだ。 その時の感想は… ガキ向け映画だと舐めていたら、いい意味で違和感があったのだ! 例...

ウォルト・ディズニーの約束

1961年、パメラ・L・トラヴァース(エマ・トンプソン)は、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)が長年熱望する「メリー・ポピンズ」の映画化について話し合うため、ロサンゼルスに向かう。 気難しい性格のトラヴァースは、アニメやミュージカルに難癖をつけ、スタッフの脚本や構想にも頑なで、一向に了解を取り付けられない。 手を焼くウォルトは、映画化の契約書に署名してもらおうとトラヴァースの心を...

ウォルト・ディズニーの約束 / Saving Mr. Banks

ディズニー映画『メリー・ポピンズ』制作の裏側を描いた作品。 いやぁ、このP・L・トラバース。自分の近くにいたら、嫌になりますね(苦笑)。でもそれは、自分の作品を愛しているからこそ。自分の作品を愛すると言えば、ウォルト・ディズニーも負けないはずですが、そのウ...

ウォルト・ディズニーの約束

評価:★★★★【4点】(AF) 昔の英国淑女ってみんなあんな感じなんでしょうか^^;

『ウォルト・ディズニーの約束』

(原題:Saving Mr. Banks) ----今日の映画、『ウォルト・ディズニーの約束』って、 だれと約束した映画ニャの? 「これはね。 後にミュージカルとなった『メリー・ポピンズ』の原作者 P・L・トラヴァースとディズニーが交わした約束のことなんだ。 でも、どんな約束...

エマ・トンプソン、トム・ハンクス主演、ジョン・リー・ハンコック監督『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』

注・内容に触れています。1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の誕生秘話を描いた『ウォルト・ディズニーの約束(Saving Mr. Banks)』監督はジョン・リー・ハンコック。出演はエマ・

ウォルト・ディズニーの約束

“ミッキーマウス”の生みの親で、記録的なアカデミー賞受賞歴を誇る映画人ウォルト・ディズニー(1901〜1966)。 彼はイギリス在住の女流作家P(パメラ).L.トラヴァース(1899〜1996)の小説「メリー・ポピンズ(メアリー・ポピンズ)」の映画化を決意する。 しかしパメラは、脚本も音楽も気に入らないと言い、映画化を拒み続けるのだった…。 名作映画『メリーポピンズ』(1964年製作)誕生秘話。

映画「ウォルト・ディズニーの約束」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『ウォルト・ディズニーの約束』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1961年、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)は魔法を使う主人公“ナニー”が活躍する児童小説『メリー・ポピンズ』の映画化を20年間熱望しているが、なぜか原作者のパメラ・...

ウォルト・ディズニーの約束 ★★★★

エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル映画『メリー・ポピンズ』誕生秘話に迫る感動のヒューマンドラマ。ウォルト・ディズニーの映画製作の舞台裏を初めて描き、原作者と映画製作者の激しい攻防を情感豊かに映し出す...

ウォルト・ディズニーの約束

原作者のトラヴァースは父との思い出が詰まった作品を他人の手に委ねたくない。自分が愛していた父は作家になるような想像力を育ててくれたけど、酒飲みで早死して家族に苦労を掛けた存在でもある。その父を愛するがゆえに執筆した原作の秘密をディズニーが理解して、芸術作

ウォルト・ディズニーの約束

ィズニー映画「メリー・ポピンズ」の製作過程を描きながら、原作者P.L.トラヴァースの父への想いや ウォルト・ディズニーとの交流を描いた心温まるドラマです。 エマ・トンプソンとトム・ハンクスの二人がどんな演技を見せてくれるのか楽しみにしていました。 強烈なキャラクターを難なく演じる二人の存在感と、父親に対して複雑な想いを抱く主人公たちの姿に 観ている方もその感情に引き込まれてしまうような物語が...

ウォルト・ディズニーの約束

【SAVING MR. BANKS】 2014/03/21公開 アメリカ 126分監督:ジョン・リー・ハンコック出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード、ルース・ウィルソン、B・J・ノヴァク、メラニー・パ...

『ウォルト・ディズニーの約束』

□作品オフィシャルサイト 「ウォルト・ディズニーの約束」□監督 ジョン・リー・ハンコック□脚本 ケリー・マーセル、スー・スミス□キャスト トム・ハンクス、エマ・トンプソン、ポール・ジアマッティ、      ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィ...

メリー・ポピンズが見たくなる(^-^)〜「ウォルト・ディズニーの約束」〜

メリー・ポピンズ誕生秘話なんですけども、 タイトルからいうたら これがウォルト・ディズニーと娘の過去なのかと思いましたわな。 ちゃうのよね、パメラ・トラヴァースの回想。 娘と約束しちゃったから父としてそれは絶対守らなあかんねんって メリー・ポピンズを映画...

ウォルト・ディズニーの約束

監督:ジョン・リー・ハンコック 出演:エマ・トンプソン、トム・ハンクス、ポール・ジアマッティ、ジェイソン・シュワルツマン、ブラッドリー・ウィットフォード 【解説】 エマ・トンプソンとトム・ハンクスという英米のオスカー俳優が共演を果たし、傑作ミュージカル...

ウォルト・ディズニーの約束

 『ウォルト・ディズニーの約束』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)タイトルからはパスしようと思っていたものの、評判が良さそうなので映画館に行ってみました。  本作は、映画『メリー・ポピンズ』(1964年)の原作者であるパメラ・トラヴァース(エマ・トンプソン)...

DVD:「メリー・ポピンズ」 そう「ウォルト・ディズニーの約束」鑑賞の影響。すると驚く事に…

先週末に鑑賞した「ウォルト・ディズニーの約束」Saving Mr. Banks は、「メリー・ポピンズ」(1964)製作過程を描く映画。 直後にアップした記事から以下。 <20年断り続けてきた「メリー・ポピンズ」原作者の"P・L"・トラバース (エマ・トンプソン) ...

「ウォルト・ディズニーの約束」 バンクス氏を救え!

「アナと雪の女王」が世界中で大ヒット、ディズニーの黄金期がまた訪れたとも言える現

映画『ウォルト・ディズニーの約束』を観て

14-33.ウォルト・ディズニーの約束■原題:Saving Mr.Banks■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・オーストラリア■上映時間:126分■料金:0円(ポイント使用)■観賞日:4月16日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督:ジョン・リー・ハンコック◆トム・ハンクス◆...

ウォルト・ディズニーの約束

なるほど原題が「Saving Mr. Banks」(バンクス氏の救済)だったんですね。バンクス氏というのは、「メリー・ポピンズ」に出てくる乳母として働く屋敷の主人の名前です。子供たちの父親。トラヴァース夫人は、かのキャラクターをとても大切に思ってらしたんですね。 1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話です。とにかく役者が巧い。最初は、偏屈で映画化に難癖ばかりつける鼻...

ウォルト・ディズニーの約束

「メリー・ポピンズ」の映画誕生にまつわる秘話。最初は、原作者パメラ・トラバースが、なぜ、そこまで頑固で偏屈。ことごとく反発する?と謎だったのですが、彼女の子供時代が描かれるにつれ(また、子役ちゃんが可愛いっ!)それが彼女自身と、愛してやまない、子煩悩だけど、繊細すぎてアルコールに溺れ、短命だったお父様との思い出にまつわる物語と分かるにつれ、しんみり。でも、どんな困難にもめげず、「メリー・ポピ...