FC2ブログ

映画『小さいおうち』観てきたよ〜



山田洋次監督最新作。
公式HPはコチラ。
あ、なんと、私、山田洋次監督作品を劇場で観るの初めてだ・・・・(;゚∀゚)
いつも地上波で放送されてから見てるな。

原作の記事はコチラ。

今回は妻夫木聡くんは大伯母のタキさん(倍賞千恵子)の自叙伝の中へ導く役割で、
ダメブキじゃなかったよ〜(..◜ᴗ◝..)

しかし、昨夜のTVでやってた『東京家族』と同じ顔ぶれが次々と出てきて、
ストーリーと役柄がちと頭の中で混乱しかける・・・


もうね、とにかく松たか子さんが美しいのでした。
この役にピッタリなんですよ。
そして、おうちの中の凝っていること!
原作を読んでいる時に、もちろんノスタルジックなイメージで家の中を想像してたんですけども、
そっか、こんなに小さいか・・・と驚くほどのコンパクトな設計。
もっと洋風かなって勝手に想像してたけど、
それも時代背景に見合った和洋折衷で、なるほど!!と唸ってしまった。

原作の良さも、まったく損なうこと無くイメージ通りの物語で
どっぷりはまり込んで、
ラストにはせつなくて泣いてしまいました。
思った通りには生きられない時代の悲しさ。
タキの当時の奥様への憧れと、
その後何十年も抱え込んでしまった後悔の念。

『永遠の0』で、あの時代の物語に関心を持たれた方はぜひ、
セットでご覧になったらいかがかなと思いますよ〜(*´∀`*)

時子が読んでいた本が『風と共に去りぬ』だったのが印象的。
時子はスカーレット・オハラにインスパイアされてたな〜きっと!


そうそう、流れてる曲がノスタルジックな感じでワルツなんだけど、
それが倍賞千恵子さんの声と一緒になると『ハウルの動く城』が脳裏にちらつきました。
後で調べたら、この作品も『ハウル』も音楽は久石譲さんだったのね〜


ポチッと応援してくださいまし(人∀・)タノム!
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

原作本面白かったから、観たいとは思ってます。
そうかあ、やっぱお家が主役のひとつだもんね。おうちのしつらえは、たのしみかも。玄関入って、すぐ脇に洋間の応接室、のイメージ(^^)

玉坂めぐるさん

おはようございます(*´∀`*)
もちろん、主役は奥様とタキちゃんなんだけどもねw
お家にちょっとワクワクしてたんだよね〜〜
思っていたより小さいけれども、(*´∀`*)ステキ♪

原作の良さがそのまんまだったよ〜おすすめです

No title

奥様=松たか子さん、
タキちゃん=黒木華さんなのが
とにかく良いなぁと思って、これはすごく気になってます。
雰囲気がホントにいいし、もちろん建物も気になるし。

あけぼうさん

そうなの。
これはキャスティングも成功してるし、
雰囲気がとってもいいんです。
おばあちゃんになったタキさんがもうせつないんですよ。
素敵な作品です。
おすすめです(゚∇^d) グッ!!

トラックバック

小さいおうち

大伯母・布宮タキ(倍賞千恵子)が亡くなり、晩年つづっていた自叙伝を託された大学生の健史(妻夫木聡)は、若かりしタキの秘密を知ることになる。 昭和初期。 山形から東京に出てきたタキ(黒木華)は、赤い三角屋根のモダンな屋敷を構える平井家の女中として働くことになった。 玩具会社の重役である主人の雅樹(片岡孝太郎)と妻の時子(松たか子)は、一人息子と穏やかに暮らしていた。 心温...

小さいおうち

この世は小さいおうちの集合体なんだな。  

小さいおうち〜長く生き過ぎた変われない私

公式サイト。中島京子原作、山田洋次監督。松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき ...

【小さいおうち】小百合のおうち

小さいおうち    監督: 山田洋次    出演: 松たか子、倍賞千恵子、吉岡秀隆、黒木華、妻夫木聡、片岡孝太郎、橋爪功、吉行和子、室井滋、木村文乃、夏川結衣、中嶋朋子、松金よね子、笹野高史、ラサール石井、林家正蔵、螢雪次朗、市川福太郎、秋山聡、あき竹城、…

『小さいおうち』

小さいおうち。それはタキちゃんが守りたかった大切な時間。 第143回直木賞を受賞した中島京子先生の原作を山田洋次監督が映画化したこの作品は、「さすが名匠!」と言わんばかり ...

「小さいおうち」

私にはとても染みる作品でした。染みるのは、「心に」だったり「記憶に」だったり「視覚に」だったりするのだけれど。生まれた時からサラリーマン家庭しか知らない私ですが、幼い時高度成長期の頃は、お正月になると父の会社関係の方々が沢山お年始に見えて、あのお正月なのに息を潜めて二階に居なければならない感じ、一日終わって夜も更けた中、煙草臭い家中の空気を入れ替えたりした記憶がお酒と煙草の匂いと共に思い出さ...

小さいおうち

製作年度 2013年 上映時間 136分 原作 中島京子 『小さいおうち』(文藝春秋刊) 脚本 山田洋次/平松恵美子 監督 山田洋次 音楽 久石譲 出演 松たか子/黒木華/片岡孝太郎/吉岡秀隆/妻夫木聡/倍賞千恵子/橋爪功/吉行和子 健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞千恵...

小さいおうち

大学生の健史は、大伯母のタキが大学ノートに綴る自叙伝を読むのを楽しみにしていた。 …60年前の昭和11年(1936年)、田舎娘のタキは、東京郊外の平井家の女中になる。 モダンな赤い三角屋根の小さな家では、玩具会社役員の雅樹と妻・時子、幼い息子・恭一が暮していた。 平井家をしばしば訪れる雅樹の部下・板倉と時子が心を通わせていくのを、タキはハラハラしながら見守っていた…。 女中だけが知っていた、...

小さいおうち

中島京子の直木賞受賞作の 小説を映画化。 監督は山田洋次。 小さなおうちの主婦、 時子には松たか子。 小さなおうちの女中で、 昭和のタキには黒木華。 後の平成のタキには倍賞智恵子、 家の主人、雅樹に片岡孝太郎、 雅樹の部下の板倉正治には吉岡秀隆、 タキの親...

小さいおうち ★★★★

第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある屋敷でお手伝いさんだった親類が残した大学ノートを手にした青年が、そこにつづられていた恋愛模様とその裏に秘められた意外な真実を知る姿をハートウオーミングかつノスタル...

『小さいおうち』

----『小さいおうち』−−。 “山田洋次監督が挑む、新しい世界”って、どういうこと?、 山田洋次監督の前作って『東京家族』。 その前も 『母べえ』だの『おとうと』だのって “家族”の話ばかりのような気がするけど…。 「う〜ん。 ぼくも観る前まではそう思っていたんだけ...

小さいおうち

小さいおうち公式HP 名匠・山田洋次の82作目となる監督作で、第143回直木賞を受賞した 中島京子の小説を映画化。昭和11年、田舎から出てきた純真な娘・布宮タキは、 東京郊外に建つモダンな赤い三角屋根の小さな家で女中として働き始める。 家の主人で玩具会社勤務の平...

「小さいおうち」

〜あの小さな家に閉じ込めた、私の秘密〜 2013年  日本映画     (2014.01.25公開)配給:松竹        上映時間:2時間16分監督:山田洋次原作:中島京子  『小さいおうち』(文藝春秋刊)脚本:山田洋次/平松恵美子音楽:久石譲出演:松たか...

小さいおうち

公式サイト  http://www.chiisai-ouchi.jp/ 予告編にはピンとくるものが無かったんだけど、山田洋次監督作品ならばハズレはないだろうと思い、鑑賞してきた。 原作の第143回直木賞を受賞した中島京子の小説は未読。 健史(妻夫木聡)の親類であった、タキ(倍賞...

小さいおうち

松たか子が面白そうだったので『小さいおうち』を観てきました。 ★★★★ 切な過ぎるわー。 こんなに切なくなる話は、主人公のお婆ちゃんと同じ年代の方はご覧になられない方が良いかも、むちゃくちゃ重い気持ちになりそうで。 うちの婆ちゃんが観に行くとかって言ってたの...

「小さいおうち」

山田洋次監督作品 私は・・・ 「たそがれ清兵衛」のエンディングのときのような静かな感動がありました 特に盛り上げる作りでもなく、なんつぅんでしょ、ごくごく淡々と・・・ なんですが泣けてくる。。 みたいな  平井家に女中として勤めたタキさんの 死ぬ...

『小さいおうち』('14初鑑賞11・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:05の回を鑑賞。

小さいおうち

 『小さいおうち』を、吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)山田洋次監督の新作ということで映画館に行ってきました(注1)。  本作は、中島京子氏が直木賞(2010年上期)を受賞した同名の小説(文春文庫)に基づくもの。  戦前の山の手(注2)の丘の上に建てられた...

静かに反戦を謳う~『小さいおうち』

 昭和初期、山形から東京へ女中奉公に出されたタキ(黒木華)は、赤い屋根瓦 がかわいい山の手の 「小さいおうち」 に雇われる。そこには、まだ若く美しい 時子奥様(松たか子)がいた。  山田洋次監督の映画を初めて観た。感動しました。  原作は、直木賞を受賞した中島京子の同名小説。読後数日間は、作品世界か ら現実へ戻るのが難しかったほど、ここ数年読んだ小説の中でもずば抜けて印...

山田洋次監督『小さいおうち』松たか子、黒木華、吉岡秀隆、倍賞千恵子、妻夫木聡、片岡孝太郎、他

2010年・第143回直木賞を受賞した中島京子の同名小説を山田洋次監督が映画化『小さいおうち』(脚本・山田洋次、平松恵美子)。音楽・久石譲物語・健史(妻夫木聡)の大伯母で、先日亡くなったばかりのタキ(

映画「小さいおうち」感想

大げさな出来事や奇抜な仕掛けで驚かす映画ではない。淡々と日常を描きながら、その輪郭は鋭い線で描かれている。そして何気ない積み重ねが、後に大きな出来事になっていく。このあたりの上手さは山田洋次監督らしい。 小道具も周辺の町や人の作り方も、隅々まで神経が行き届いている。 タキと健史、老婆と性急な大学生との対比が、まず上手い。実際にその時代を肌で感じて来た者のいう事を、若者は自...

『小さいおうち』 原作を離れて「失敗作」を撮る理由

 【ネタバレ注意】  山田洋次監督の『小さいおうち』を鑑賞して、こんなことがあるのかと驚いた。  本作は中島京子氏の小説に基づいて山田洋次監督と平松恵美子氏が脚本を書き、山田洋次監督みずからメガホンを取った作品だ。決して山田洋次監督のオリジナル企画ではない。  にもかかわらず、山田洋次監督と原作のシンクロぶりはどうだろう。私はこれが山田洋次監督のオリジナル作品と云われたら信じたに違...

「小さいおうち」 小さい罪

こちらの作品は観る予定ではなかったのですが、出演している黒木華さんがベルリン映画

「小さいおうち」おうちの秘密を知った先にみた暗黙の了解の守秘義務を守り通した女中の中の女中

「小さいおうち」は中島京子原作の作品を山田洋次監督で映画化した作品で、田舎から都会に出てきた女性が女中としてある小さなおうちに奉公し、そこで起きた出来事を亡くなる直前 ...

小さいおうち

★★★★ 製作:2013年 日本 上映時間:136分 監督:山田洋次  直木賞作家中島京子の小説を、山田洋次監督によって映画化された作品である。 まだ太平洋戦争前の昭和11年のお話である。当時ではモダンな創りの赤い三角屋根の小さな屋敷。そこに住むおもちゃ会

「小さいおうち」 2014年 監 山田洋次

 前情報を入れずに見てみました。おもしろかったわ〜見て良かった。 原作も買ってきちゃった〜\( ̄▽ ̄)/ これから読むぞ。 HPはこちら  健史(妻夫木聡)とその一家が亡 ...

小さいおうち

監督:山田洋次 出演:松たか子、黒木華、片岡孝太郎、吉岡秀隆、妻夫木聡、倍賞千恵子、橋爪功、吉行和子、室井滋、中嶋朋子、林家正蔵、ラサール石井、あき竹城 【解説】 第143回直木賞を受賞した中島京子の小説を、名匠・山田洋次が実写化したラブストーリー。とある...

小さいおうち

やはり、第64回ベルリン国際映画祭、最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した黒木華の、純朴な昭和顔が、とても雰囲気で、圧倒的存在感! 奥様を演じる、松たか子の華やかさともども、とてもハマってました。ただ、個人的に、板倉正治役は、吉岡秀隆も誠実に好演してましたが、もっと色気ある存在… たとえば、綾野剛や斎藤工あたりが演じたら、説得力になったのでは?と感じた私は、ミーハーすぎ? (^^;)舞台になった、...

映画 小さいおうち

JUGEMテーマ:邦画     昭和初期の不倫を扱ったちょっと暗い感じのする映画でした。   見ているだけでちょっと滅入ってしまうのが難点ですね。   暗い時代が舞台なので当たり前かもしれませんが   もう少し華やかな部分があっても良かったのではと...