FC2ブログ

映画『舟を編む』観てきたよ〜(*´∀`*)

T0014948p.jpg


昨年度の本屋大賞を受賞した三浦しをんさんの同名作品が原作。

辞書編纂っていう、ちょっと考えてみても時間のかかる地味〜な仕事に
スポットを当てた悪い人の出てこないお仕事&人間模様の内容。
その地味な作業に向いてると思われる馬締(まじめ)くんを松田龍平さんが、
ほんわかした恋の相手役の香具矢(かぐや)さんを宮崎あおいさんが、
辞書編纂に携わるメンバーに、小林薫さん、加藤剛さん、オダギリジョーさん、伊佐山ひろ子さん、
などなど個性的なキャスティング。


辞書作りって15年とか20年とかかかるらしいですよΣ(゚Д゚;)ー
言葉ひとつひとつ、見出し語と用例、語釈、などに分けて
限りなく果てしない作業をひたすら続けるんですよね〜〜
辞書はわりと好きで、電子辞書も使うけど、紙の辞書も使ってるので、
意味を調べてて、その説明に使われてる言葉をさらに調べると堂々巡りに
なっちゃうっていうところとか、
そうなんだよね〜〜と、ちょっと笑っちゃう。
何年もかけて、出来上がったときには、また使い方も変化してきてる言葉もあったり、
大変な仕事だなぁと。

仕上げに近いところまできて、ミスがあるかもしれないからと、
スタッフ全て編集部に泊まり込みで作業をしてるところが、
一番仕事の盛り上がりのところだったかな。
チェック終了の時の仕事の充実感というか達成感は、
観客もみな一緒にその熱い感動を共有してたんじゃないかと思いましたよ。

俳優さんたちは、
松田龍平さんがすっごく良かったです。
真面目で不器用な彼が恋に落ちたところは笑えましたし、
ほのぼのと温かい気持ちになりました。
私がとっても嬉しかったのは、
下宿の大家さん役の渡辺美佐子さん。
久しぶりに映画で見られて、素敵な温かい役柄もピッタリでした。

それにしても、恋をして結婚する相手っていう役に
宮崎あおいさん以外の女優さんはいないんですかね?
素敵な奥さんとして定番になってしまってるような気がしますが(;゚∀゚)


ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogramによるブログ分析
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

TBありがとうございます。

FC2は使い慣れていないので、他ブログでTBせてくださいませ。

よろしくお願いします☆

yutake☆イヴさん

こちらこそありがとうございます。
了解しましたよ〜

TBさらに送り直しました。
よろしくお願いします(*´∀`*)

No title

これね・・・友だちが試写会に当たって
誘ってくれたんだけど・・・行かれなかった。残念・・・。
最近女優さんも同じ人をごり押し感で使っていますが、
いますよね絶対、配役ピッタリって人!
「あまちゃん」の主役なんてピッタリ!

No title

分かります分かります。
宮崎あおいちゃんがダメなわけではないんだけど、ちょっと色々出過ぎじゃないかなぁと(;´∀`)

松田龍平さんの演技、TVでチラッと見ましたけど何かちょっと見ただけでもすごく良い感じだった☆彡

きぼう丸さん

実は、「あまちゃん」見てなかったのですが、
今週チラッと見ておもしろそうだったので、今から見ようかなと。
能年玲奈ちゃんって可愛いよね〜(*´∀`*)
確かにピッタリかも♪

舟を編むはとにかく松田龍平くんが最高に良いです!!
顔面ドアップの時に、父上の故・松田優作様に似ているなって。
彼、映画向きのいい役者さんになりましたね〜

もうそろそろごり押しは勘弁してほしいんだよね(;゚∀゚)

あけぼうさん

そうなの。宮﨑あおいちゃんに対してダメとか思うわけじゃないんだけど、
似たような役ばっかりで出過ぎなんじゃないかなぁと。

そして、最近宮崎あおいちゃんと顔がそっくりな二階堂ふみちゃんの
個性的な役柄と演技にめっちゃ惹かれるので、
なおさら女優の個性と役って大事だなぁと思うのです。

トラックバック

舟を編む

舟を編む@東商ホール

『舟を編む』 2013年3月19日 よみうりホール

『舟を編む』 を試写会で鑑賞しました。 本日のよみうりホールは満席で期待の高さが伺える客入りではあったが... 【ストーリー】  玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場

「舟を編む」みた。

原作は未読。本屋大賞を受賞された時分は書店に山積みされていたし、ずっと気にはなっていた小説ではあるが、今まで手に取らなかったのはどうにも「”舟”を”編む”」というタイト...

舟を編む

大渡海めっちゃ欲しい。  

舟を編む〜言葉の光と影

「右」の意味と言葉の観覧車的性質 公式サイト。三浦しをん原作、石井裕也監督、松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林薫、加藤剛、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰 ...

『舟を編む』(2013)

2012年の本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの『舟を編む』の映画化作品。特に大きな事件が起きるわけでもない淡々とした展開で、映像化には不向きじゃないかなと思っていたのだけれど

映画『舟を編む』★ “大渡海〜キラキラ光る海は言葉が輝くような

      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160627/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     映画レビューです(ネタバレ表示) htt...

舟を編む ★★★★

2012年本屋大賞で大賞を獲得し、2012年文芸・小説部門で最も販売された三浦しをんの『舟を編む』(光文社・刊)。 言葉の海を渡る舟ともいうべき存在の辞書を編集する人々の、言葉と

舟を編む

2013年4月14日(日) 15:40~ TOHOシネマズ川崎2 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 感じ悪い若造を演じさせると日本で屈指の男、シャイではあるが頑固な好漢を

舟を編む

なるほど、こうきますか。 馬締が、松田龍平と聞いた時は「どうかな〜」と思いましたが、中々どうして。結構いい仕上がりになっていますね。さすがです。 凛とした美しさを持つ女

『舟を編む』

「久しぶりだから、 喋りやすい映画からにしちゃうかな」 ----えっ、そうニャの? これって、タイトルからして分かりにくいけど…。 「そう言われてみると 確かにそうだね。 これは、

映画 舟を編む

・映画「舟を編む」(2013年4月13日より公開 松田龍平 宮崎あおい オダギリジョー出演)  出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を描き、2012年本屋大

映画レビュー「舟を編む」

映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラック [CD]◆プチレビュー◆辞書作りに携わる人々の静かな情熱を描く「舟を編む」。抑制したタッチが好感度大。 【70点】 玄武書房に勤務 ...

大渡海~『舟を編む』

 大手出版社・玄武書房では、新しい辞書 『大渡海』 の編纂作業が本格的 に始まろうとしていた。営業部から辞書編集部へ転属となった馬締光也(松田 龍平)は、「辞書とは、言

劇場鑑賞「舟を編む」

言葉は、生きている… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304160001/ 映画 舟を編む オリジナル・サウンドトラックサントラ 渡邊崇 リトル・モア 2013-04-...

映画 舟を編む

JUGEMテーマ:映画館で観た映画    冒頭は凄く地味なストーリー。   西岡正志と三好麗美のことがなければ   平凡すぎて飽きてしまうくらい地味

舟を編む

言葉の定義を調べる仕事をしていながら人に自分の気持ちを伝えられない青年が、愛する人を見つけて家庭を築き編集部の責任者として仕事を成し遂げる。まさに男して生まれたら、こう...

『舟を編む』

集めた言葉が編むのは辞書を作る人たちの熱い心。 2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん先生の小説を石井裕也監督が映画化したこの作品は、辞書に対する見方が変わるだけでなく、会話 ...

映画『舟を編む』

 今日も新宿ピカデリー。『舟を編む』を観てきました。原作は未読ですが、文庫になったら読むつもりです。  これまで読んだ三浦しをんさんの小説の中では(それほど読んではいな

舟を編む ★★★☆☆

言葉は思考であるという考え方に基づく記号論があるように、言葉の世界は果てしなく広く深い。 言うならば、ことばは人間の活動全てであると言っても過言ではない。 また、言葉

「舟を編む」 大海を渡る拠り所

言葉は海。 それは海の如く広く大きい。 ずっとそこにじっとあるように見えるけれど

映画「舟を編む」

映画「舟を編む」を鑑賞しました。

『舟を編む』

□作品オフィシャルサイト 「舟を編む」 □監督 石井裕也□脚本 渡辺謙作□原作 三浦しをん□キャスト 松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョー、小林 薫、加藤 剛、      ...

舟を編む

さて、お久しぶりの映画感想ですね こちら三浦しをんさんの小説原作の映画化ですね ほぼあらすじも知らずに見た映画です 個人的には私は前情報を入れすぎると余計な先入観が入るの...

舟を編む

辞書作りって大変なんだな。

映画「舟を編む」感想

映画「舟を編む」観に行ってきました。2012年本屋大賞に輝いた三浦しをん原作の同名小説を、松田龍平・宮崎あおい主演で実写化した作品。物語の始まりは1995年。出版社の玄...

舟を編む

 『舟を編む』を渋谷のシネパレスで見ました。 (1)昨年の本屋大賞を受賞した際に原作本〔三浦しをん著『舟を編む』(光文社)〕を読んだことから、本作にも興味が湧いて映画館に出

舟を編む

用例採集。袖カバー。言葉の海を渡る舟。

「舟を編む」言葉を意味を集め続けた先にみた言葉1つ1つの意味の大切さと難しさ

「舟を編む」は三浦しをん原作の「舟を編む」を映画化した作品で辞書編集者になったまじめな男が15年という歳月を掛けて辞書を出版するまでの過程を描いた作品である。辞書と言 ...

『舟を編む』

辞書作りに没頭する 編集者の言葉や仕事に 対する情熱や思いを描く。 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (劇場鑑賞) 原作:三浦しをん 2012年本屋大賞受賞作品

映画「舟を編む」仕事に何を求めるのか

映画「舟を編む」★★★★ 松田龍平、宮崎あおい オダギリジョー、黒木華 出演 石井裕也監督、 134分、2013年4月13日より全国公開 2012,中国,角川映画 (原題/原作:舟を編む/三浦しおん)

舟を編む

★★★★☆ 製作:2013年日本 上映時間:133分 監督:石井裕也  原作は本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説。一冊の辞書を作るには、気の遠くなるほどの年月を要すると聞いたことがあ...

辞書を作ろう!

20日のことですが、映画「舟を編む」を鑑賞しました。 玄武書房に勤務する馬締は職場の営業部では変人扱いされていた 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属され、新

[映画『舟を編む』を観た(寸評)]

☆いい映画でした。  イメージ的に、「本」を物語のメインに据えているので、それぞれのヒロイン(宮崎あおい/榮倉奈々)の可愛さが同タイプであることもあり、「図書館戦争」と同...

「舟を編む」 2013年 監督・石井裕也

 辞書の世界がこんなにロマンチックとは知らなかったよ。 コレは、広くて深い言葉の海に乗出すことになり、ひとつひとつの言葉に出会いながら舟をこぎ続け、 その旅の楽しさに目 ...

『舟を編む』 なぜ1995年なのか?

 『舟を編む』は、辞書の編纂という地味で気の長そうな仕事が、想像を遥かに上回るほど地味で気が長いことを描き、そこから絶妙な笑いを生み出すコメディだ。  本作は1995年を舞台にしているけれど、描かれる内容は極めて今日的だ。東日本大震災後の私たちにとって、切実な問題でもある。  それどころか、時代設定が1995年であるところがミソなのだ。  20年にも及ぶ辞書作りは、いつの時代を舞台にし...

舟を編む

舟を編む ユナイテッド・シネマ浦和 4/13公開 玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、 言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。 新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・ 西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。 仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大...

舟を編む

松田龍平は一見パッとしない役柄のほうが似合う。 辞書を作る。それは、何万語とある言葉の海の中を泳いで渡るごときのようなもの。現代に於いてそれがこんな途方もない年月と労力が費やされているものだとは夢にも思わなかった。先達たちが作ってきた辞書を改良編集して作っているものと思っていた。はっきりいって、辞書を観る目が変わったように思う。 何気なく普段遣っている言葉、その意味をいざ説明してみろとい...

舟を編む

原作は2012年、本屋大賞で第1位を獲得した三浦しをんの同名小説「王様のブランチ」で、ずっと、ブックランキングで、1位、ならびに上位をキープしてたので、映像化したら、どんな風になるのかな?と思っていたら、映画の世界でも受賞!密かに、すごく嬉しかったのでした。期待通り、すごく面白かったです。キャスティングもハマってたし、丁寧さと風情があって、贅沢な時間でした。それに、中型国語辞典『大渡海』作り...