FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第48回「幻の都」

錆び付いた宋剣でもう自身が武士では無いことを諭された清盛は
どんどん老いぼれて、平家の栄華も落日といった様子。
勢い込んで福原に遷都したものの、
武士ばかりか寺社にも反感を買い、
朝廷からも京に戻った方が良いと忠告を受ける清盛の息子たち。
高倉上皇の病状が芳しくないことも、徳子は遷都のせいなら、
京へ戻りたいという。
清盛は今まで自分の夢に関わった人々のこともあって、
福原じゃないとだめだと、もう駄々っ子のようなわがまま頑固じじいでしたが、
いつになく一歩も引かず宗盛が還都を願い出る。
重盛と違って、だめ男の自分が棟梁として今できることは
こうやって父上をお諌めすることだと、涙ながらに訴える。
今回は宗盛がんばった!

自分のしてきた武士の世を作ることとはなんだったのかを振り返る清盛。

頼朝は東国武士をまとめるのに一生懸命の日々だったけど、
そこへ義経と弁慶と語る場面。
清盛がしてきた武士の世をつくるということはなんだったのかをここでも。

弁慶が若き日の清盛と義朝を語って聞かせる。

奈良の東大寺に間違って火がついちゃって焼けちゃった〜
けど、お手柄だったでしょう?と無邪気な重衡には
誰も彼もが呆れ果てましたね(^_^;A
ようやった、なんて清盛も今さら起きてしまったことにも、
育て方間違ったことにもどうしようもないあきらめしかなかったですね・・・


もう、回想シーンが多くて、終わりが近いことを感じずにはいられない、
寂しさばっかりが目立ってしまいました。
頼朝の中にも清盛が目指した武士の世を違う形で引き継ぐといった
大きな時代の変化であってもつながってることを意識した話でしたよね。


なんかもう〜〜さみしいわ〜ポチッとお願い〜〜〜
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

先週の回も土曜日に見なおせました。
今日もみごたえありました。
ぼんくら息子たち、でも苦悩があるよね、そうだよねーって。共感したよ。
マツケンの老い、凄味がますますありますね。
エンディングに向けて、先週も今週も、懐かしい回想シーンが楽しいんだけど、さびしい気持ちも迫る迫る・・・。
頼朝の夏。清盛の冬。
このあとどう描いて行くのでしょうか。
うーんわくわくするよ、でもさびしいよ。

玉坂めぐるさん

うん、もうほんとにさみしいです(´・_・`)
1年かけて見てると、イキイキと夢を語ってはじけていた若き日の清盛が
老いぼれわがままじじいにまで変化していくことにも
違和感なくついていけましたし、
平家が落ちぶれていくのもさみしくて。

また、頼朝の岡田くんがやけにいい男に成長してて、
差が激しいんですよね~
あと2回って、やだ~
もっと見ていたい気分になっちゃうわ~

No title

戻りが遅くって後半しか観てないよ〜。
でもいつもと違ってちきんと録画!
土曜日前に観られますぞw

あの〜

頼朝が、
義朝や清盛の描いた武士の世を
引き継いでいくというくだりは、
うまいこと終わりに
もっていってる感じですねw
でも確かに歴史って、変化しても
どっかで必ずつながっていて、
それが今の僕らにもつながってるわけで、
そう思うと…
僕らも清盛とつながってるんや!w

きぼう丸さん

今回は、お話が進んだのは後半の東大寺全焼の事件ですし、
あとは回想シーンばっかりです(^_^;)
でも、きっとこの回想シーンを繰り返し見ることで、
過去の栄光と落日を照らし合わせて寂しさがつのるってことかな〜と
思ってますので、ぜひ録画をご覧くだされ。

ミヨっちゃん

うん、うまいこと繋げたな~って思いましたよね(^_^;)
歴史ってちゃんと、なるべくしてこうなって現在があるって思うので、
ちゃんと我々にも繫がってるよね~~

いやー、切なかったわあ~( ;´Д`)
とにかく切ない。
救いは無いのか…。
泣いても笑ってもあと2回、どんな風にラストを迎えるのか、見守るしかないねッ!

あけぼうさん

せつないですよね~。・°°・(>_<)・°°・。
どんどん落ちていってますが、
最期は自分の人生が面白かったと言って欲しい!
面白う生きたいと言ってたんですから。

平家の行く末を憂いて最期を迎えるのは辛いなと。

No title

再びお邪魔いたします。

「弁慶は見た!」シリーズ(←と勝手に命名)がウケました。
そういえば、弁慶ってばコヒパパ(為義さん)がご存命の頃から源氏を知ってるんでしたね。
要所要所にストーカー並みに登場していましたっけ。その割に、ちっとも老けていませんが。

秀衡さまのツタンカーメンぶりにも非常に満足です。
柘植さん、今回の批判にめげずに是非、また大河のキャラクターデザインを担当していただきたいです。

はじめから、こうなる運命の主人公だと分かっていましたけど、ほんと、低視聴率にめげず1年観続けて良かったです。

まこと、この世は諸行無常。

ろし子さん

弁慶は全然老けませんね~
一体登場してから何年経ってるんだか。
祇園女御と同じ位あやしい存在ですよね(^_^;)

まったく柘植さんの人物デザインにはあっぱれです!
ツタンカーメンは京本さんの提案もあってあのメイクみたいですけど。

私も低視聴率にまどわされずに見続けて本当に良かった。
こんな面白い大河にはそうそう、出会えないかも。


トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第48話

第四十八回「幻の都」   

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第48回「幻の都」 平清盛はなぜ幕府を開かなかったのか?

我々幼少の砌には 「いいくに作ろう鎌倉幕府」 なんて語呂で 「1192年に源頼朝が鎌倉幕府を開いた」 なんて教えられたけど、今の教科書では違うらしい。 1192年とは頼朝が征

【平清盛】第48回 「幻の都」感想

富士川の戦いで大敗した清盛(松山ケンイチ)。 平家はすでに武士ではないという忠清(藤本隆宏)の言葉が、清盛の心に強く刻まれる。 頼朝(岡田将生)は東国を平定、鎌倉で新た

『平清盛』 第48回「幻の都」

JUGEMテーマ:大河ドラマ 命がけの諫言をした忠清は、盛国に介錯をたのみます。しかし、盛国は忠清を叱り飛ばし、生きて平家の武勇の軸となれ、と命じました。鎌倉に本拠をすえた頼

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男48清盛一門の強い意向で都を再び京に戻し頼朝は弁慶から清盛の過去を聞き武士の世を悟った

大河ドラマ「平清盛」第48話は富士川の戦いで敗れた清盛は忠清のもう武士ではないという言葉に動揺していた。そんな中高倉上皇が危篤となり棟梁の宗盛は公家から不満を抑えるた ...

平清盛 第48回 「幻の都」

清盛が周囲から孤立して、みんなから否定され始めてからずいぶん経ちます。 今日も、追い詰められてました。 これは、スタッフとキャストの心境なんでしょうか^^; 爽快感がない。...

「平清盛」 第48回、幻の都

大河ドラマ「平清盛」。第48回、幻の都。 反平家の流れは止まらず。 清盛は還都を決める。

平清盛 第48回 幻の都

『幻の都』 内容 富士川で源氏を迎え撃った平家軍は大敗した。 「平家はもはや、武門ではございません。殿御自身も、武士ではございません」 伊藤忠清(藤本隆宏)の言葉が、清盛(

「平清盛」第48話。

「平清盛」第48話を見ました。今年もあと残りわずか、今年の大河もまた同じ…寂しいのぅ

大河ドラマ「平清盛」 第48話 あらすじ...

平家の大敗---------------!!ついに落日を迎えつつある清盛と平家。最早その手に刀を持つことも出来ず、心の軸すら失くしてしまった清盛。今日も所用で視聴が遅くなったので、あらすじ...

大河ドラマ「平清盛」 第48話 あらすじ感想「幻の都」

平家の大敗---------------!! ついに落日を迎えつつある清盛と平家。 最早その手に刀を持つことも出来ず、心の軸すら失くしてしまった清盛。 今日も所用で視聴が遅くなったので、

大河ドラマ「平清盛」第48回

還都… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212090004/ NHK大河ドラマ 平清盛 完全版 Blu-ray-BOX 第弐集ジェネオン・ユニバーサル 2013-03-06売り上げランキング : ...

『平清盛』 第48話「幻の都」 【訂正補足】あり

宗盛の視た清盛  −清盛の偉大さを感じ過ぎてしまった−  「出来の悪い男(おのこ)、拙い棟梁だ」と吐露し、  それでも自分は棟梁で、清盛の息子なのだ。  父を諌めるのが自分

『平清盛』第48回「幻の都」★大仏を燃やして空気は読まず〜重衡(辻本祐樹)

『平清盛』 第47回「宿命の敗北」 前回はダイナミズムが感じられたけど、今回はまた内面追求型のジットリしたストーリーでしたかねぇ。 −◆− 富士川の戦いの恥ずかしい負けっぷ

平清盛 - NHK大河ドラマ 松山ケンイチ

平清盛 日曜 20:00 NHK総合 日曜 18:00 NHK BS-プレミアム (再)土曜 13:05 NHK総合 2012年1月8日~ [キャスト] 松山ケンイチ 中井貴一 中村敦夫 豊原功補 大東俊介 中村梅雀 上川隆也 藤本隆宏 佐...

平清盛 #47「幻の都」

簡単に感想のみ書きます。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/47-46e9.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://app.cocolog-nifty.com/t/trackb...