FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第44回「そこからの眺め」

重盛が不憫じゃ・・・(/_;)

重盛の命がけの懇願で、ゴッシー幽閉計画をやめた清盛でしたが、
その重盛の病状は悪化。心労がたたっちゃったんだね(/_;)

その隙に、亡くなった盛子の所領を藤原家のモノにしちゃったゴッシー(^_^;)
いいのか?
家電俳優も気持ち悪さ増してますなぁ。

死にかけてる重盛のそばにゴッシーがやってきて、
忠義に感謝するとか言っておきながら、
双六に付き合わせるなんて、もうめちゃくちゃやん!!
清盛も怒りをあらわにして追い払っちゃうけど、
40年前の賭けを思い出したと言って・・・

重盛の亡くなった後も、ゴッシーが好き勝手し始め、
清盛は兵を率いて上洛する。
高倉帝に、反平家分子をことごとく解官(字合ってる?)するよう訴え、
反勢力一掃した。
そして後白河院を鳥羽離宮に幽閉。
治天の君を退け、この世の頂にたったのでした~~~。
治承三年の政変ですね。


うかれてる清盛の前に祇園女御があらわれるんですが、
あれってなんですの?妖精?
意味深なことをおっしゃるんですけど、
彼女の存在は別にいなくてもいいのではないかと・・・
ストーリーを示唆するような位置にいらっしゃるけど、
ファンタジーですよね??(^_^;)


ポチッとよろしう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogramで人気ブログを分析


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

重盛が不憫じゃ・・・その通りじゃ

清盛はいい感じに老けてんだけどさ
ちょい皺は少ないけど・・・。
ゴッシーはなんなのよ! つるんとしてるw

祇園女御はいらないな・・・もう!

きぼう丸さん

そうなんだよね〜
清盛は老けメイクも、それに見合った年齢を感じさせる演技も
いい感じだと思ってるんだけど、
ゴッシーはお肌つるつるで、不気味な笑い声も歳とってないんですよね(^^;;

祇園女御はもう、アスタリフトの回し者ですよね。
アンチエイジング通り越しとるけども。

No title

え、あれは家電俳優だったんだ~。
気持ちよさそうにやってたね
もう失墜しちゃったけど(^^)

しかし重盛が死んじゃって、
あ~これからはもう大変だね。
さあ狂え狂え!

フケメイク関連は、我が家でもずっと話題になってるよ(^^)
ドラマそのものにハマりつつ、どうしてもそこらへんが気になる。
マツケンとカミカワタカヤのバランスも変だなとか。
いろいろそれぞれに凝ってて大変だけど「メイクバランス統括」みたいな立場の専門部署があってもいいかなとか・・・ぁ~もううるさい、自分が! だまれよ! ドラマが聞こえないよ、自分!

玉坂めぐるさん

ね、気になるでしょ?
松ケンの役作りは老けメイクだけじゃなく、
声の出し方、姿勢なんかも変化させてるようですけど、
ゴッシーはまだツヤツヤな30代に見えちゃいます(^^;;
盛国もたしかに老けてないし、年齢不詳ですよね。

ドラマに集中してるつもりなんですが、ちょっと違うところも、
どうしても気になっちゃう~

あの〜

僕が気になるのは
ゴッシーの
とってつけたような高笑い。
いっつも去り際に
あの高笑いで
フェードアウトしていくのん、
なんか飽きてきましたw

No title

そうそう、全体的にちぐはぐな歳のとりかたなんだよなー。
それにしても重盛哀れだった・・・。
今まではゴッシーはゴッシーで別に嫌いじゃなかったけど、今回の事で嫌いになったわーwこれって、まんまと、って感じなのかなあ?(;´∀`)

家電俳優は、お歯黒が妙に似合ってるw 
今回の大河って、かつてないほどお歯黒を着こなす(?)俳優が多いドラマかもしんないw

ミヨっちゃん

うん、たしかに私も飽きてきてる。
ちょっとイカれた人って演出も、いい加減やりすぎですよね。
双六も登場しすぎですしね。

あけぼうさん

たしかに、はじめの頃はお歯黒って違和感あったのに、
朝廷パートが濃いから見慣れちゃって、
似合う人が多いような気がします(≧∇≦)

ゴッシーは死にかけてる重盛に残酷なことしたから、
私も嫌いになっちゃったよ~



トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第44話 

第四十四回「そこからの眺め」   

平清盛 第44回 そこからの眺め

『そこからの眺め』 内容 ついに清盛(松山ケンイチ)の娘・徳子(二階堂ふみ)と 高倉帝(千葉雄大)の間に皇子が誕生した。 それを機に、後白河法皇(松田翔太)の力を封じ込めよ

【平清盛】第44回 「そこからの眺め」感想

平清盛(松山ケンイチ)の後白河法皇(松田翔太)幽閉計画を阻止した重盛(窪田正孝)は、 心労がたたり病に伏す。 反撃を試みる後白河法皇は基房(細川茂樹)と手を組み、清盛を

大河ドラマ「平清盛」 第44話 あらすじ...

清盛、ついに頂に立つ----------------!!ついにここまで上り詰めた清盛。だが、その代償はあまりにも大きく・・・。一方、伊豆では頼朝と政子の間に女の子が生まれたよう。苦難の道を...

『平清盛』 第44話「そこからの眺め」

「いかがにござりますか?そこからの眺めは」 …………国の頂に立った清盛に対して祇園女御が問いかけた言葉 この問いは、清盛が病に倒れ死の淵にいる時、白河法皇が清盛に掛けた言

「平清盛」 第44回、そこからの眺め

大河ドラマ「平清盛」。第44回、そこからの眺め。 平家の棟梁・平重盛と摂関家に嫁ぎ夫の遺領を預かる盛子が死去。 時勢が大きく動く。 というのはいいとして、最後の演出にすべ...

平清盛 #44「そこからの眺め」

公式サイト重盛の病状が悪化しつつある時、基実に嫁いだ清盛の娘、盛子もまた病の床に。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/4...

平清盛 第44回 「そこからの眺め」

重盛が熱演!!! 相変わらず泣かせすぎではあると思いますが、窪田正孝さん、顔は幼いのに健闘しましたね~ 後白河法皇のターンになってまいりましたが、徳子と高倉帝が頑張って...

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男44重盛死去・・・後白河法皇の所領召し上げに清盛は激怒し実力行使で幽閉し武士として初めて頂きに立った

大河ドラマ「平清盛」第44話は重盛が病に伏して平家は動揺する。そんな中頼朝は政子との間に第1子となる女子を産んでこれからの平家との戦いに備えていた。そんな中摂関家に嫁い ...

『平清盛』 第44回「そこからの眺め」

JUGEMテーマ:大河ドラマ伊豆の頼朝は、もう政子とのあいだに大姫をもうけました。時政も、佐々木らの危惧する声を受け流し、「平家の世も長くないはず」と、預言者みたいに時代をみ

平清盛 第44回「そこからの眺め」

今回は、珍しく頼朝のハッピーシーンから始まります。娘を抱きかかえ政子と共にラブラブな毎日を過ごしています。こんな緩みきった表情の頼朝に対して北条時政は、「平家の世の中は...

「平清盛」第44話。

「平清盛」第44話を見ました。怖かったです。いろんな意味で…

大河ドラマ「平清盛」第44回

清盛、ついに頂へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211110005/ 平 清盛 四藤本 有紀 NHK出版 2012-10-26売り上げランキング : 6109Amazonで詳しく見る by G-Tools

平清盛 第44回「そこからの眺め」★後白河法皇(松田翔太)の双六ライアーゲーム

『平清盛』 第43回「忠と孝のはざまで」 源頼朝(岡田将生)と政子(杏)、もう子供できてる!! 八重姫(福田沙紀)との時も、すぐに千鶴丸が出来たし、頼朝ってああ見えて下半身...

清盛の揺らぎ ~平清盛・そこからの眺め~

平穏な暮らしの頼朝。 政子との間には娘・大姫も生まれる。 大姫も政略結婚の中で親に翻弄されたといいかもしれない。 木曽義仲の息子・義高のもとに嫁ぐが、義仲が殺害された後に...

平清盛 第44回「そこからの眺め」〜ついに武士がこの国の頂に立ったのじゃ!

「とく死なばや。早う死にとうござります」  完全な<絶望>ですね。  ひたすら平家一門の安寧を祈った重盛(窪田正孝)。  後白河法皇(松田翔太)を信じた重盛。  しかし、無

【平清盛】第44回感想と視聴率「そこからの...

「そこからの眺め」第44回の視聴率は、前回の10.2%より少し上がって、10.4%でした。祇園女御(乙前)、あれは幽霊だったのでしょうか?前回、病床に伏していましたが、今回、元気そ...

平清盛 第44回「そこからの眺め」

大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ(ロング・バージョン)