FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第42回「鹿ヶ谷の陰謀」

鹿ヶ谷事件、面白かった~~
意味のあるバイオレンスシーンは迫力に満ちて、
ざわざわとさせてくれますなぁ。

ゴッシーと西光、成親の平氏を討つっていう計画に、
摂津源氏の多田行綱は巻き込まれちゃいましたね。
はじめから困惑気味だったので、あやしいなとは思ってましたよ。

俊寛は初めて登場し、残念ながら彼も巻き込まれて流罪になって、
もうきっと出番はないんですよね。
いろんな作家が書いている有名人なのに。
っていうか、菊池寛の『俊寛』読んで、イメージしてた人物像と
かけはなれて腹黒そうな坊さんだったので、ちょっと残念。

しかし、明雲をいきなり、言いがかりで捕縛して拷問、さらに斬首なんて
ゴッシーの作戦もかなり無理があるんじゃない?

西光のキレまくりの図もかなりすごい。
瓶子をたたきつぶすのもいきすぎて、狂気の人ですね。


まぁ、結果は清盛の方が密告者のおかげで一足先に、
西光と成親を捕らえることができたのですが、
西光とのやりとりが派手でした。
信西の目指した国作りなど、無頼の高平太にはできない、とか
王家の犬と呼ばれた時の復讐をやってるだけだとか、
ここまでへらずぐちをたたき続けるのもすごいけれど、
がまんの限界がきたか、キレまくりの清盛が西光をボッコボコに蹴り続ける顔も
殺気立っていて血管キレそうで怖かった~~




一方、源氏の御曹司のラブストーリーも今回は良かったですね。
頼朝が気になる政子だったけれど、父の反対によって、
仕方なく平家筋に嫁ぐことにしたのに。
嫁入りのため出発したはずなのに、思い立って
頼朝の元へ行き、
清盛から髭切りを渡された意味を解き明かす。
昨日が今日でも明日が昨日でも同じように過ごすはずだった、
頼朝が、私を明日へ連れて行けという
女々しいプロポーズ(^_^;)
共に参ろうぞ、まだ見ぬ明日へという雄々しい政子。
明るいカップル誕生~~
ま、鎌倉時代もかなり血なまぐさくてこの2人の作った時代は好きじゃないけどね。


ほんとに、なんで人気無いのかわからないよ、こんな面白いのに。

ポチッとよろしくでっす~~(*^_^*)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
blogramのブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

バイオレンスだったね〜!
でもさ人間って1番怖いと思うし、
自分を殺そうとしていた相手だとわかって
捉えたらボコボにしちゃうってわかるような・・・。

あの〜

今回の脚本はすごく
おもしろかったんですけど、
なんかみんな
破滅へ向かってるようで
少し哀しかったです。
頼朝はこれからなのですが、
それも破滅のはじまりに
すぎないわけで…。
この先、どんどん
つらくなりそうです(T_T)

きぼう丸さん

怖かったですよね~(^^;;
ボッコボコに蹴るって、武器を持って戦うシーンよりも
狂気とか怒りとか本性剥き出しにする感じなので、
怖さ倍増ですよね( ;´Д`)

ミヨっちゃん

哀しいですね…>_<…
歴史上どうしても哀しい事実がそこにありますからね。
時代が変わる時には、新しいイキイキとした躍動感と共に、
古い時代は生き延びたくてもがいて破滅へと向かうんでしょうね。

でも、そこがドラマチックで、これからのクライマックスに向けて
目が離せない激しい展開ばっかりですよね~o(^_^)o

No title

頼朝がやっと、シャンとしましたね~。やれやれだよw
これからどんなふうに源氏が立ち上がるのかも楽しみなような、怖いような。
清盛の怒りはわかるよーな、わからないよーな(;´∀`)
いや、わかるよ?
でも、西光が言ってたことなんて、前から似たようなこと言ったりして分かってたことだし、彼は息子の事で恨み持ってるのもあるからねぇ。
むしろ今回の事件ではどちらかというと、成親のほうがムカつくんだけどw

あけぼうさん

うん、成親はねー最初っからムカついてたんですよ。
どっちにもいい顔しておきながら、保身のことしか頭にないし、
信頼とか義理とか関係の無いヤツですよね。

頼朝の明日がどんな風になるのか楽しみ。ちょっと怖いけど。

No title

うわうわうわって、言いながらお酒を飲みのみ見てました。
いやいや見ごたえあったよね。
重い重い。やっぱ人の生き死にだもん。
大河ドラマは重さが大事だ。最近軽いのちょくちょくあったから・・・もう・・・(^^)ありがたい。

平家と源氏の場面を交互に見せていく展開もこのドラマお得意の手法だけどよかったな。
諸行無常の響きがあった~♪
どんな音かしらんけど~♪

玉坂めぐるさん

そうそう、重いって大切ですよね〜!
だって大河ドラマなんですもん!


諸行無常の響きあったよね~~(≧∇≦)
私もどんな音か知らんけど。

No title

初めまして。おじゃまいたします。
首都圏西部に住む、アラフォー主婦です。

「平清盛」、面白いと思って観ていたのですが、周囲に大きな声では言えずに悶々としていました(笑)

今週は、冒頭の「後」「後白」「後白河」からやられました。

視聴率が下がった(どうせ誰も観ていない)のを良いことに、バイオレンス色が濃くなったのかとか、これはR12指定なのか?とか、家族間でも話題沸騰の「鹿ヶ谷」でございました。

ろし子さん

はじめまして、いらっしゃいませ~(^ー^)ノ
コメントありがとうございます!

この大河、面白いと思ってますよ~!!
演出も映像の美しさも、絶妙なキャスティングも!
当初から、ファンの間ではなんで視聴率低いんだろうって言われてましたよ。
「王家」って言い方の問題とか、どこかのおエライさんの発言とか、
そんなのドラマの面白さとは全然関係ないのにね〜。

今までの流れを見ていても、計算され、練られた脚本だと思ってるので、
今回のバイオレンスも計算の上なんでしょう、きっと。

どんどんブラックな清盛になっていますけど、
今後とも楽しく視聴しましょうね〜(*^^*)

また、いらしてね~


トラックバック

【平清盛】第42回 「鹿ヶ谷の陰謀」感想

鹿ヶ谷の陰謀・後編!後白河院(松田翔太)が着々と進める企てに、清盛(松山ケンイチ)は 陥れられそうになるが、間一髪のところで多田行綱(野仲イサオ)から密告を受ける。 成

大河ドラマ「平清盛」第42話

第四十二回「鹿ヶ谷の陰謀」   

『平清盛』 第42話「鹿ヶ谷の陰謀」

復讐……だったのかぁ?  (いや、違う!)わしは武士じゃ 武士の世を創るのじゃ! 西光に自分の志を否定され、激昂する清盛  平治の乱の時、義朝・頼朝親子に、「武士の世を創

平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」

今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ(ロングバージョン)

平清盛 10.28

レビューを書かなくなって久しいのですが観ることは観ていましたよ。ただなんか書くほ

平清盛 第42回 鹿ヶ谷の陰謀

『鹿ヶ谷の陰謀』 内容 清盛(松山ケンイチ)は、後白河法皇(松田翔太)の力を削ぐため、 比叡山・明雲(腹筋善之介)と手を組み、西光(加藤虎ノ介)の息子を流罪に。 そんななか...

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」  武士の暴力性を描いた、西光を蹴り倒すシーン

清盛が西光をひたすら蹴り倒すシーン。 勿論、フィクションだろうけど激烈でしたな。 大昔の花登筺原作ドラマ 「ぼてじゃこ物語」のシーンを思い出したね。 普段は紳士面してても

大河ドラマ「平清盛」 第42話 あらすじ...

打倒平家---------------!!ついに動き出した後白河法皇。いやぁ、今日は時間の関係で早清盛だったわけなんですが、別の意味神回でございましたわ(^^)もうこうなると視聴率なんて関...

『平清盛』 第42回「鹿ケ谷の陰謀」

JUGEMテーマ:大河ドラマ&amp;nbsp;ついに、この時がきました。京の夜、鹿ヶ谷の山荘では、後白河法皇が成親や西光らとともに平家打倒の計画を討議します。平家と清盛に対し、恨みつらみ...

平清盛 #42「鹿ヶ谷の陰謀」

公式サイト俊寛の別邸で平家打倒の陰謀を練る、法皇、西光、成親たち。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/42-21d4.htmlこの記事...

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男42後白河法皇打倒清盛を宣言するもまだ平家の力は強大で直前の裏切りで失敗に終わった

大河ドラマ「平清盛」第42話は鹿ヶ谷の山荘で後白河法皇は成親・西光と共に平家打倒に動き出す。後白河法皇はまず比叡山を標的と比叡山の明雲を捕獲するが、流罪にされる直前に ...

七五三 at 鶴岡八幡宮

上の子供もとうとう5歳を迎え、七五三の祝いを迎えることができました。どうせならという事で、鎌倉にある鶴岡八幡宮で七五三のお参りをしようということで、ちょうど晴れた土曜日

「平清盛」 第42回、鹿ヶ谷の陰謀

大河ドラマ「平清盛」。第42回、鹿ヶ谷の陰謀。 後白河法皇は、清盛と平家の排除を画策する。 それに対して清盛は・・・・・・

平清盛 42回 「鹿ヶ谷の陰謀」

信西殿の 志を継ぐなどと・・・片腹痛い! そなたの国づくりは復讐・・・ 王家への恨みつらみに突き動かされているだけじゃ---! そんな西光に怒り爆発の清盛-- 何度も 何度も ...

「平清盛」第42話。

日本シリーズ第2戦が気になるなか、「平清盛」第42話を見ました。今週も視聴率悪いだろうな…

平清盛 第42回 「鹿ヶ谷の陰謀」

清盛ピンチ!!…でしたが、多田行綱からの密告で、事前に察知。 先手を打つのでした。 悪い奴ですなぁ~~ おまけに暴力… これ、もう少し清盛の内面がどうなってるのか

大河ドラマ「平清盛」第42回

明日が見える者と、見えない者… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210280003/ 平 清盛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-10-30売り上げ...

平清盛 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」★真ヒロイン・政子(杏)「共に参ろうぞ、まだ見ぬ明日へ」

『平清盛』 第42回「鹿ヶ谷の陰謀」 後白河法皇(松田翔太)藤原成親(吉沢悠)西光(加藤虎ノ介)などによる《鹿ヶ谷の陰謀》がスタート。 比叡山の明雲(腹筋善之介)に言いがか...