FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第38回「平家にあらずんば人にあらず」

この後世に伝わるおごる平家をあらわす有名な台詞、
平家にあらずんば人にあらず

どんな風な場面で、どんな風に言うのかなぁって興味津々だったんだよね~
思ってたよりも、
寂しげに言うんだなぁ、時忠。
もっといばりくさって冷たく言うのかと思ってた。
そして、兎丸が相手だったのかい。


さてさて、今回のお話は
清盛の娘・徳子を後白河院の息子・高倉帝に入内させる作戦
がメインなんですねぇ。

義理の妹・滋子にも味方になってもらうように根回し。
すると、滋子からはゴッシーがなぞかけのような遊びに凝ってるって情報Get。

大きな物を食べたとホラを吹けと。
そうすると、誰がどんなものを言っても、ゴッシーが勝つのだと。

ゴッシーの必ず勝つという答えは教えてくれないんだよね、滋子ちゃん。

まずは直接、お土産献上。
羊?
で、例のホラを吹く話は次回に宿題にした。

福原へ招いて、
自分の野望を語り、この野望こそが大きな物だと言って食べたと。
すると、ゴッシーは、ならばそれを食ったお前を食う、と。
なるほど。
清盛は、
なれば、どうぞ召し上がりくださいませ、されど、腹を割って出てきましょう、と。

またしても清盛、うまくいきましたか。
徳子の入内、決まったね。



だんだんと、清盛、妖怪の仲間入りっぽい感じに・・・(^_^;)
いいね~、ヒールっぽい。

時忠のやり過ぎな禿たちも、不気味さを増してるし。


義経と弁慶の出会いは来週ですね。
またまたSPEC使って派手に立ち回るんでしょうかo(^-^)oワクワク


ではでは。

人気ブログをblogramで分析
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

静かに静かに黒くなってきましたねw清盛。
黒さ爆発のシーンが待っているでしょうか。
歳晩年あたりw楽しみでえす。

玉坂めぐるさん

いつの間にか、静かに黒くなってきましたね~
前半、いい人の雰囲気だったのが物足りなかったから、
黒くなるのはウェルカムです(≧∇≦)
これからさらに黒くなるのも楽しみです!

あの〜

まさに野望をむきだしにしてきた
清盛ですが、これまでを見てきたせいか
まったく悪者に見えません。
時子が倒れて駆けつけたり
嫁思いのところもありますし。
あ〜深田恭子が壇ノ浦に沈むとことか
あんまり見たくないですわ〜

まだ見てないんですわーe-330
そうなのね、そうくるのね~~~~って思いながら
読ませてもらいました(´∀`)

ミヨっちゃん

んっと、見た目は悪者っぽくないのに、
手段を選ばないようになってきてるんだよね。
時子を大事にしてるのは好感もてますよね(^.^)

あけぼうさん

清盛VS後白河のほどよい緊張感が面白いんですよ。
後白河は相変わらず清盛との対決を楽しんでるんだよね。
ほどよく楽しんでるうちはいいのにね

黒くなってきたね〜清盛!
でもこの清盛は嫌いじゃないけどね!
休日に横須賀とか静岡に行ってきました。
このあたりじゃ平家は悪で源が善でしたよ。

きぼう丸さん

私も黒清盛好きですね(人´∀`)♡ラぶv
いい人ぶってるより、初めからこの雰囲気あっても良かったのに。

鎌倉に近いところは当然源氏派ですよね~(*^^*)
今、鎌倉時代を背景にした小説読書中。
歴史が得意じゃないために、調べながら読むから時間かかってます(^^;;

トラックバック

「平清盛」 第38回、平家にあらずんば人にあらず

大河ドラマ「平清盛」。第38回、平家にあらずんば人にあらず。 大輪田泊の構想ができ、清盛は次なる一手に。 京では時忠の放った禿(かむろ)が暗躍する。

【平清盛】第38回

1171年、清盛(松山ケンイチ)は宋から得た羊を後白河法皇(松田翔太)に送る。 一方、時忠(森田剛)は京の町に「かむろ」を放ち平家をあしざまに言う者を取り締まっていた。 そん

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男38あなたさまの腹の中から出てまいりましょう!清盛は徳子を高倉天皇の后として権力をさらに強大にした

大河ドラマ「平清盛」第38話は平家から天皇を誕生させようと清盛は高倉天皇に娘の徳子を入内させようと目論む。その頃都では時忠が「禿」という集団を作って平家を批判する者た ...

平清盛 第38回「平家にあらずんば人にあらず」

タイトルは平氏の代名詞とも思われがちな「平家にあらずんば人にあらず」。物語の中でこれを言いだし始めたのが、時忠であるとしています。今回のメインキャラとなった時忠は、完全...

平清盛 第38回

「禿:かむろ(身寄りのない子らを集め密偵とした)」を町中に放ち、  平家に異を唱える者を容赦なく断罪していく時忠(森田剛)  やっぱとんでもない男だわ~。 「平家にあら

大河ドラマ「平清盛」第38話

第三十八回「平家にあらずんば人にあらず」   

「平清盛」第38話。

「平清盛」第38話の感想です。みなさーん!今日はあの有名なセリフが出てきますよー!!

大河ドラマ「平清盛」第38回

徳子、入内… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209300003/ 平 清盛 三藤本 有紀 NHK出版 2012-07-26売り上げランキング : 60925Amazonで詳しく見る by G...

平清盛 第38回「平家にあらずんば人にあらず」★ブラック森田剛が平安のカツアゲ集団を‥

『平清盛』第38回「平家にあらずんば人にあらず」 平安の暗黒卿・時忠(森田剛)が率いる深紅の集団「禿(かむろ)」は、ダーク系アニメみたいな演出でインパクトがありますねぇ。...

平清盛 #38「平家にあらずんば人にあらず」

公式サイト自分の夢に没頭していく清盛。そのためには憎まれることも厭わず、娘、徳子も利用する。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com...

キツネとタヌキのばかし合い ~平清盛・平家にあらずんば人にあらず感想~

さかしきこと好みて、たびたび流されなんどしたりし者 これが愚管抄で言われた時忠の評だが、なるほど、かなり陰湿な策を練ることが多くなっていったようだ。 元盗賊の兎丸からも...

平清盛 第38回 平家にあらずんば人にあらず

『平家にあらずんば人にあらず』 内容 新しい港を作り日宋貿易に着手し、 そして朝廷に一門を送り、力で支配しはじめた清盛(松山ケンイチ) 一方、都において、時忠(森田剛)は“

平清盛 第38回 「平家にあらずんば人にあらず」

後白河法皇は、客人に大法螺を吹かせて遊ぶ。 「自分が考える一番大きなものを食べてみろ」 それが法皇の食べるものよりも大きければ相手が勝ち。 そうでなければ法皇の

『平清盛』 第38回「平家にあらずんば人にあらず」

JUGEMテーマ:大河ドラマ 清盛は、自分の夢を実現するため、平家の流れをくむ天皇を誕生させる策を進めます。そのために、宋との交易で手に入れた羊や香を後白河法皇に贈り、関...

平清盛、平関白時忠!!

ドラマでは時忠が禿という集団をつくり、平家に異を唱える者達を抑圧 していましたね 時忠は関白でもないのに平関白と呼ばれていたとか? 関白をも凌ぐ力を時忠は持っていたのでし...