FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第37回「殿下乗合事件」

今回の話、面白かったなぁ。

清盛は福原にて、後白河法皇も同席で
宋人を迎え、貿易で世の中を豊かにする目標に向かってまっしぐら。

重盛の嫡男が(つまりは清盛の孫)、摂政・藤原基房の輿と出会った時に、
輿から降りて挨拶しなかったということで、基房の従者達に襲われちゃったのだ。

平家一門は皆、平家が辱めを受けたと騒ぐが、重盛は輿を降りて礼を欠いたのは
こっちだからって、黙ってた。

一門はみな平家としてのプライドがあって、
どうも重盛の決断には納得いかない顔。

その様子を都から離れている清盛も黙ったまま、
時忠に「そなたは自分の仕事をせよ」とか言っちゃって、
うまく動かしちゃう。
基房の輿を覆面の郎党に襲わせたのだ。

平家一門は溜飲を下げるできごとだったようで、
みな、重盛のしたことだと思いこみ清々しい顔。




重盛の苦悩する表情がいい!!もどかしいよね。
清盛のようにはなれないとわかっていても、
自分が間違っていたと言われるのは悔しい。
我が子のことであっても冷静に判断して対処したのにぃ~
今回は序盤でだんだん棟梁らしくなってきたなぁと思っていたのに、
またしても苦しみ、辛いお話・・・
窪田正孝くんの苦悩する演技が胸を打ちました(:_;)

それに家電俳優で、ずっと面白系でいくのでかと思ってた細川茂樹さん、
あの憎たらしい基房をここまで怪演なさるとは!


赤い衣装をまとう禿(かむろ)たち、不気味ですなぁ。
平家の力が強大で恐怖を抱くようになっちゃうよね。
かっこいいけど、清盛がちょっとヒールっぽくなってきたか?




ぽちっとよろしくぅ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

重盛は平家のことを思ってしたことだけにね〜
そうそう窪田正孝くんの苦悩する演技に萌えましたw

きぼう丸さん

窪田正孝くん、若いのになかなかいい演技見せてくれてますよね~(#^.^#)
繊細で真面目なんだなぁ。
時忠とは正反対で(⌒-⌒; )
その時忠のあのセリフがきけるのがまた楽しみですねo(^▽^)o

あの〜

僕も思いました。
おごれる平家が
だんだん強調されてきましたね。
来週も「平家にあらずんば…」ですし。
そしていよいよ義経meets弁慶ですねw

ミヨッちゃん

うんうん、みんなおごってるねぇ(^_^;)
平家はえらいんだぞ~ってことですね。

義経(SPEC使って瞬間移動できそうな)は
弁慶とどんな感じで出会うのかワクワクしますねぇo(^-^)o

きっとみんな、清盛みたいな機転を利かせた反撃をきたいしてるんだろうけど、重盛はそんなキャラじゃないもんなぁ(;´∀`)
奥さんと二人で必死に平家を支えようと頑張ってる姿は、ほんとうにいじらしかったわぁ。
そんでもって、あの宋貿易の羽がカムロにまでつながるとは思わなかったわー。

あけぼうさん

清盛もはじめから策士だったわけじゃないんだけど、
つい同じようなことを棟梁に求めるようになってしまったんだよね。

妻と支え合いながらいられることが救いですよね。
この夫婦には泣かされたわ~

トラックバック

【平清盛】第37回

1170年、清盛(松山ケンイチ)は後白河法皇(松田翔太)を福原に呼び、宋人と会わせる。 治天の君が京を離れ、外国人と会うという前代未聞の行いに、貴族たちは驚がくする。 そんな

平清盛 第37回 殿下乗合事件

『殿下乗合事件』 内容 福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、宋との貿易を本格化させようと、 大輪田泊の整備を開始する。 やがて博多より周新(桜金造)を招き、宋との仲立ち

大河ドラマ「平清盛」第37話 

第三十七回「殿下乗合事件」   

『平清盛』 第37回「殿下乗合事件」

JUGEMテーマ:大河ドラマ清盛は、しだいに日宋貿易を本格化させます。このため、後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会してもらうことに。法皇が京を抜け出して外国人と直接会うなど

貴族のねたみ ~平清盛・殿下乗合事件感想~

日宋の貿易を本格的に行おうとする清盛。 それには金が必要と考え、金の多い奥州の藤原秀衝を鎮守府将軍に懐柔したりと、やることやってる。 続いて時忠に頼んで後白河法皇を懐柔

平清盛 第37回「殿下乗合事件」

今回のMVPはなんといっても摂政である基房でしょう。久しぶりに見た悪者役であり、演じている細川茂樹もものすごく悪い奴オーラを表情等から出しまくって好演しているといえます。あ...

大河ドラマ「平清盛」 第37話 あらすじ...

宋との貿易のため、福原で着々と地盤を作り上げる清盛。周新との再会。これからは博多ではなく、この福原で取引がしたいという清盛は、宋の者との繋ぎ役に彼を任命。最初は渋る周新...

大河ドラマ「平清盛」 第37話 あらすじ感想「殿下乗合事件」

宋との貿易のため、福原で着々と地盤を作り上げる清盛。 周新との再会。 これからは博多ではなく、この福原で取引がしたいという清盛は、宋の者との繋ぎ役に彼を任命。 最初は渋...

平清盛 第37回 「殿下乗合事件」

平家が力を増して面白くない基房。 女車に乗った重盛の子・資盛が基房から屈辱的な目にあう。 しかし重盛は武力でやり返そうとしない。 それを力でやり返してしまうのが清盛に

「平清盛」第37話。

「平清盛」37話を見ました。世代交代って難しいね〜の巻。

大河ドラマ「平清盛」第37回

父上には、なれない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209230004/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラン...

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男37清盛は後白河法皇に宋の使者と対面を実現させ基房の報復に対して報復返しで対抗し平家の力を示した

大河ドラマ「平清盛」第37話は清盛が宋との貿易を本格化させるために後白河法皇を福原に招き宋の使者と面会させる事にした。後白河法皇の説得には時忠があたり珍しい物好きの後 ...

【平清盛】第37回視聴率と感想「殿下乗合事...

【第36回の視聴率は、9/24(月)追加予定】「殿下乗合事件」奥州の藤原秀衡役の京本政樹さん、化粧、ちょっと濃すぎでは?(^^;)まるで宝塚みたいでした(^^;)平家の皆さん、...

平清盛 第37回「殿下乗合事件」★基房(細川茂樹)「お許しを〜〜」

『平清盛』第37回「殿下乗合事件」 重盛(窪田正孝)の嫡男・維盛 (これもり・大西勇哉)と次男・資盛(すけもり・大西健誠)が弓の稽古をしています。 二人とも力不足の”へなち

『平清盛』 第37話「殿下乗合事件」

 清盛の孫と摂政・藤原基房の御輿が睨みあい。  筋としては摂政を立てるべきで、清き心、正しき心の重盛は摂政の顔を立てようとする。  基房もその重盛の性格を考えた上で、御輿

平清盛 #37「殿下乗合事件」

公式サイト黒幕化していく清盛と、その巨大な力の前になすすべなのない重盛。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/37-25ef.htmlこ...

「平清盛」 第37話「殿下乗合事件」

福原で貿易を開始するために 宋の権力者を懐柔すべく画策する清盛-- まずは献上品作戦にて福原に呼び寄せることに成功。 珍しもの好きの法皇をも赤い鳥の羽で呼び寄せて--- 2人の

平清盛、主犯は重盛!!

殿下乗合事件(でんかのりあいじけん) 後の人がこう名付けたのでしょうが、何とも安直な呼び名です。 殿下とは摂政・藤原基房のことですね。 乗合とは一般的には不特定多数の人が同