FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第36回「巨人の影」

1日遅れの感想となってしまいました・・・


嘉応の強訴という事件のようです。

あらすじはコチラ

なんというか、ゴッシーは政治家としてはダメダメですね。
出家して頭を丸めるんだけれど、妖怪っぽい凄さはなく、
わがままで好き勝手したいだけっていう弱弱な感じ。

延暦寺との関係を強めた清盛に対し、
後白河院は力が偏るのを牽制する意味もあってか、
出家する時は、今までの例でいけば延暦寺なのに園城寺の僧を選ぶ。

明雲の妖怪っぽい雰囲気が存在感ありますね~

延暦寺の嫌がらせに対して、
後白河は成親を流罪にしたかと思うと、
その裁断をとりやめて時忠を出雲へ流罪だと言ってみたり、
清盛が福原から現れると、
成親から役職を解き、時忠を召喚っていう決着のつけ方・・・(¨;)

成親が重盛のことを小者
バカにするかのように言うシーンがありましたが、
それは後白河に対して言いたいよね。
延暦寺と清盛を煙たいと思いつつも、
振り回され、暴走し、右往左往するという余裕の無さ。
成親の極端な表の顔と裏の顔にも嫌な気分になりましたが、
後白河の器の小ささにもうんざりですね。

清盛なくては世の中がうまく回らないっていうほどの
大きな存在になってしまって、
平家の弱点とも言えるってことなんですね。
仲良しの同族企業は柱が抜けると急にダメになっちゃうっていう、
現在にも通じるわかりやすさ(^_^;)
危険だわ~~

来週も事件のようですな。

ポチッとよろしう頼みます

ブログランキングならblogram
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

わー見られなかったんだお…
うかつな自分が嫌だ・・・

わーポチ猫、可愛すぎだなあ・・・☆


あの〜

三週間の遅れを
ようやく取り戻しました。
後白河は今後も源平を秤にかけて
振り回すわけですが、
そういう役柄で考えると
松田翔太はやっぱり若すぎでしょうかw
「義経」の時はたしか平幹二朗だったと思いますが
あのときのほうが、ズルさとヘタレ感が満載で
後白河の憎たらしさが際立ってましたね。
それにしても清盛、国づくりはいいけど、
もっと人材も育てるべきでしたね。
まぁ、名選手は名監督になれないと
いうことかもしれませんが。
使える人材、盛国だけやんw
いっそ盛国が次の棟梁になったら
よかったのにと思いました。

あの頃のお坊さまたちは元気すぎるよねw
あまりにも父が偉大すぎて子どもたちが
ダメになるパターンなのかな?

玉坂めぐるさん

玉さん、再放送がありますから!
初めの頃、もどかしいくらいに頼りなかった清盛が
誰よりも強い政治家になってカッコいいです。

ミヨッちゃん

そっか~、松田翔太も若すぎるか。
坊主になって、ドラゴンボールのキャラみたいに
見えてしまうのですが、イロモノとしては、
まだまだ深みが足りんってことですね(⌒-⌒; )

清盛の人材育成はたしかにヌルい感じですね。
盛国は良すぎですけど。

まだ見てないんだよねぇ~~~~。
そうか、ゴッシーそんなんだったかー。
確かにそうなんだよねー。
じわじわと・・・平家のもろさが・・・。
息子たちは本当にお坊ちゃまだもんなー。
権力をうまくバトンタッチって、不変のテーマだねぇ。
ウチの家には全く関係ないけどw

きぼう丸さん

そうか、父がすご過ぎなのは
子供の成長を妨げるってことですね。

そういえば、信長も秀吉も家康も、
子どもがさらにすごくなるってことはなかったな。
残念なり~

あけぼうさん

やっぱり、のぼりつめた人は
子どもは同じようにはいかないんですね。

もちろんウチも全然関係ないのですが。

清盛がかっこよすぎです

後白河が出家して法皇になった時には少し期待したんですが。。。うーんなんか残念ですね。。(・ε・)ムー

重盛がもう少し周りをみれるようになったらなと思うのですが。。
結局、清盛に頼っちゃうとこが。。。うーん。。。頭領ってたいへんだ><

たけちゃん

うんうん、清盛のカッコ良すぎが目立つのは、
ライバル後白河のイマイチ感と
重盛の頼りなさすぎ感が相乗効果となってるのも
あるよね~

ホントにカッコいいわ~(人´∀`)♡ラぶv

トラックバック

『平清盛』 第36話「巨人の影」

前半部分は面白かった それぞれの思惑  清盛……福原の港の整備を進めるが、重盛の清い心を思い案じる  後白河院……清盛の真意に気づき、対抗するため出家し法皇となる  重盛…

『平清盛』 第36話「巨人の影」 その2

昨日、記事をアップしたが、何かモヤモヤしたものが残る。大人物ぶりを強く際立たせる脚本・演出について言及したが、それだけではスッキリしない。それは… ?事の起こりの尾張の事...

平清盛 第36回 巨人の影

『巨人の影』 内容 福原に移り住んだ清盛(松山ケンイチ)は、 延暦寺の明雲(腹筋善之介)を招き、千僧供養を執り行った。 そして嫡男・重盛(窪田正孝)に家督を譲ってしまうのだ

大河ドラマ「平清盛」第36話 

第三十六回「巨人の影」   

大河ドラマ「平清盛」第36回

比叡山まで登山をしに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201209160003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラ...

「平清盛」第36話。

今週は出かけてたので更新が遅くなりました。「平清盛」第36話の感想です。

平清盛 第36回「巨人の影」〜平家の力なくして事をうまく収めることができないことを思い知らせるのじゃ

 棟梁として修行中の重盛(窪田正孝)。 「あやつは心が清い。だが清いだけでは務まらぬのが武門の棟梁じゃ」  今回は、そんな心が清い重盛に<政治の何たるか>を清盛(松山ケン

平清盛 #36「巨人の影」

公式サイト簡単に感想を書きます。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/36-3be5.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://app.cocolog-nifty....

【平清盛】第36回

福原に居をうつした清盛(松山ケンイチ)は、京を嫡男の重盛(窪田正孝)に任せる。 後白河上皇(松田翔太)は出家し、法皇となる。 しかし、院の近臣・成親(吉沢悠)を巡って起

平清盛 第36回「巨人の影」★カリスマが無い重盛(窪田正孝)が巨人の影で‥。

『平清盛』第36回「巨人の影」 巨人はまた阪神に勝っちゃいました・・・「巨人の影」とは関係ない。 −◆− 遮那王(神木隆之介)は、母・常盤(武井咲)の言いつけを守り、熱心

『平清盛』 第36回「巨人の影」

JUGEMテーマ:大河ドラマ 清盛は福原に移り住むため、嫡男の重盛に平家の家督をゆずり、京の政治を任せます。このころ、後白河上皇も出家し、名高い法皇の姿になりました。1169

平清盛、仏と仏の争い!!

後白河上皇も出家し法王となりましたね それを仕切ったのは比叡山と対立する円城寺。 清盛への対抗意識の表れでしょうか 比叡山と結んだ清盛と円城寺と結んだ後白河、出家した者同...

平清盛 第36回 「巨人の影」

お、なんだろ。 今日はなかなかおもしろかったよ。 いつもフラフラと歌ってばかりいる後白河法皇が、ようやく周囲から見放されはじめてきたからかな? 成親が起こした揉め事で一

後白河法皇との対立 ~平清盛・巨人の影感想~

遮那王を演じるのは神木隆之介。 義経に次ぐ二度目の義経役か。 雰囲気はまさしく義経だけど、タッキーより子供っぽさを感じる。 清盛は出家して以降、重盛に位を譲って福原に居

平清盛 第36回「巨人の影」

またしても一日遅れですが、『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・

平清盛 36話 感想 巨人の影

「平清盛」第35話「巨人の影」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 冒頭の説明、実にわかりやすいなあ。 特に歴史に疎い私には、前回の話の復習になっています♪ さて、遮