FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第26回「平治の乱」

うむむ・・・
清盛が熊野詣へ行った隙に兵を挙げるとは!!

やっぱ、信西は悪左府並みの賢さで、
ビシバシ役立たずを罷免してたから恨みをかっちゃいましたね。

義朝は武士の世にするためには坊主の政なんていらねーよ、と。
武力でもって武士の世にするんだと、息巻いておりますね。
しかし、女子供も容赦せんと、荒っぽい。
そしてお得意の火攻め。

しかし、義朝、組む相手が間違ってるよなぁ。
帝と上皇を幽閉してしまって、
好き放題しちゃう気持ちの悪い信頼たちお歯黒集団。
こんなん、政ちゃうやん。
清盛がいないのをいいことに、義朝に播磨守を任ずるとか言っちゃうし(^_^;)
成親はやっぱ、この集団になじめてないじゃない。
そう、こっちじゃないよね。

幽閉された後白河院の面白がってるような様子は、なかなかいいキャラを
やりきってますね。

逃げて、穴の中に隠れる信西。
師光に自分がどうなっても見届けよと。

友を見捨てないぞと熊野から引き返す清盛。
信西が源氏や朝廷の公卿たちから恨まれてることも知らず
驚いていたところは、まだまだ若い時のままな印象。。。


しかし、間に合わず、
京に入った清盛が目にしたのは信西の首だった!!!
すべておしまいだ~と、源氏を討つことを決意する清盛。

次週、平氏と源氏のガチンコ対決!!!


えっと、どうでもいい感想。
頼盛役の西島隆弘くん、髭が似合わないなぁ(^_^;)

今回はスピーディな展開の中にも、清盛と信西が出会った頃のエピソードが
盛り込まれてたり、
信西を助けてくれと、奥方が時子の元へ訪ねてくる場面も、
留守を預かる平氏の面々が棟梁のいない状態で会議するところも
丁寧に状況説明されてる感じがありました。
大きな事件の最中、それぞれの立場から、それぞれの思惑が
一方的でなくバランス良く映し出されてたように思いました。

信西の最後のシーンも圧巻でした。
師光役の加藤虎ノ介さんの演技が素晴らしいと思いました!!

ドキドキしますね~、来週も楽しみです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あの〜

信西、無念…(T_T)
新しき国まで、もう一歩だったのに…。
それにしても、義朝ってやっぱり
バカですよね。政治的センスがゼロ。
最終的に家来に討たれるんですよね。
しかも風呂はいってる時にw
頼朝はそんなバカ親父を反面教師に
あの政治的手腕を身につけたのかもしれません。
しかし今回の大河をみるにつれ、
完全に平家ファンになってしまいました。
頼朝を助命しなければよかったのに…。
和久井映見のアホ!w

ミヨッちゃん

> しかし今回の大河をみるにつれ、
> 完全に平家ファンになってしまいました。

ドラマって影響力強いですよね~~
私も平安時代そのものにまったく興味が無かったし、
源平合戦の流れもよく知らない状態でしたし、
こんなに歴史が面白く感じるとは。

流刑とかになっても、
復活する人たちって結構いらっしゃいますよね。
流された地でも意外に住みやすかったりして(^_^)

うんうん、今回も楽しかった~。
信西は期待通りの最期でしたね。
穴の中で子猫みたいな顔して…にこにこと
なんとも哀れでした。

加藤虎ノ介いいねえ。
私は朝ドラの「ちりとてちん」以来のお目見えでしたが
独特な凄味のある役者さん、面白いです。

あと、お歯黒三人組は
ユニットで売るつもりじゃないかというくらい
いい感じのバランスですね。
ツカジと「逆噴射家族」のバカ息子とエステー化学の殿様ですよね。
出てくるだけで嬉しくなっちゃう。


玉坂めぐるさん

そうですね、信西の最期は
清盛の幻覚まで見ちゃって哀れでしたね。
このドラマ、史実に基づいて、
きっちりと死に様を演出していて凄いと思います。

加藤虎ノ介さんて、実は知らなかったんですよ。
舞台の方だったんですね。
台詞が少ないのに、表情だけの表現力が素敵でしたね。

お歯黒三人組はユニットいいかもです。
気持ち悪いですけど(^_^;)

わかっているけど・・・信西に会えなくなるのね〜。
加藤雅也が義朝を演じた時はカッコいいイメージだったけど
今回はそうではなくてそれもいいかとw

きぼう丸さん

一人一人のキャラがとっても丁寧に個性的に描かれているので、
退場となってしまうと、いちいち淋しく感じますよね~

加藤雅也さんは『義経』で義朝役されてたんですね(*^^*)
やっぱ、義朝役はイケメンじゃないといけないのですかね(^∇^)

そう!そうなんだよ義朝は組む相手を間違ってるよ(TдT)
先のビジョンが無さすぎだよ。力はあるのにもったいない・・・。
そして、ミヨッさんと全く同じだよ、和久井映見のアホ!
あの義母は賢妻ではあるが、賢母ではないなぁ。

あけぼうさん

義朝は信頼が無能だってことがわからないくらいに、
空気読めてなかったか、
切羽詰まってたのか…残念だなぁ。

池禅尼はただお人好しだったんですかね?
頼朝を生かしておく理由がわからないよね。
お告げでも聞いてたりして。

トラックバック

平清盛 第26話 感想「平治の乱」

平清盛ですが、清盛(松山ケンイチ)が熊野詣に行っている間に大変なことが起こってしまいます。源義朝(玉木宏)が信西(阿部サダヲ)の首を狙って謀反を起こしますが、重盛は別に...

平清盛 第26回 平治の乱

『平治の乱』 内容 信西(阿部サダヲ)に不満を抱く藤原信頼(塚地武雅)と義朝(玉木宏)は結託。 信頼らが、後白河上皇(松田翔太)二条帝(冨浦智嗣)を内裏に幽閉後、 義朝の軍

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男26俺は平清盛なり!義朝の焦りに嘆き己は誰だと教えてくれた信西の死に清盛は義朝との対決を決心した

大河ドラマ「平清盛」第26話は義朝が信西の強引な政治で冷遇された事で藤原信頼らと結託し後白河上皇並びに二条天皇を幽閉し謀反を起こした。信西はこの謀反を察知して逃げるが ...

大河ドラマ「平清盛」第26話

第二十六回「平治の乱」   

信西の最期 ~平清盛・平治の乱感想~

平治元年、ついに平治の乱勃発。 信西は敵を作りすぎたか。 朝廷の反信西勢力と、信西から冷遇されていた義朝が結びついて起こったクーデター。 清盛が朝廷を後にした後に起こった...

平清盛 第26回 「平治の乱」

まだ信西死んでないのに回想入れない方がいいのでは… 先週も回想回だったから、今日は時系列のみで勢いで押した方がいいのでは… …なんて思いましたが、残酷な結末の前フリと

平清盛 #26「平治の乱」

公式サイト義朝サイドに源頼政が参加しました。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/26-b1a5.htmlこの記事のトラックバックURLhttp://...

『平清盛』 第26回「平治の乱」

JUGEMテーマ:大河ドラマ平治元年12月、ついに 争乱が勃発しました。後白河上皇は、信西におくられた「長恨歌」絵巻をみていて、ちょうど安禄山の反乱のところ。そこへやって...

平清盛 ♯26

最近劇中で毎回テーマ曲が流れますね。私これ最初聞いたときは盛り上がりがないなぁー

【平清盛】第26回

義朝(玉木宏)は信頼(塚地武雅)と手を組み、ついに決起した。後白河上皇(松田翔太)と 二条天皇(冨浦智嗣)を幽閉した義朝は、逃げた信西(阿部サダヲ)を追撃しながら、熊野

平清盛 第26話 「平治の乱」

熊野詣に出立した清盛の不在を狙って 遂に信西へ牙をむく義朝---- 義朝に信西殿を殺させてはならぬ--!! カレのせいで重い十字架を背負いながら、清盛を走らせた思いとは 「国を

「平清盛」第26話。

低視聴率で話題の「平清盛」第26話を見ました。いろいろ言われてるけど、ケンイチさん主演のドラマが視聴率獲れないのはいつものことだから、もう気にしないことにしたの…

大河ドラマ「平清盛」 第26話 あらすじ...

平氏か、源氏か-----------!?ついに全面対決となった清盛と義朝の戦い。信西もまた今までの独裁のツケを払う時が来てしまったよう。熊野詣でに出た清盛の不在を狙っての襲撃。義朝は...

大河ドラマ「平清盛」第26回

源氏と平氏の、対決へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201207010002/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げラ...

平清盛 第26回「平治の乱」〜信西の首と平安ヤンキー「我が名は鎌倉悪源太」

『平清盛』第26回「平治の乱」 「平治の乱」「信西自刀」、それなりに盛り上がるはずなのに、どうしてこうもメリハリの無い展開になるのかなぁ?? 平清盛(松山ケンイチ)vs 源

平清盛 第26回「平治の乱」

今週も大河ドラマ『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・

平清盛 26話 感想 平治の乱 阿部サダヲ

「平清盛」第26話「平治の乱」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 冒頭のあらすじ、わかりやすいですね~。 義朝がとうとう立ち上がったけど、非情なものよ~。 為義が切

平清盛、戦を待っていた義朝!!

鬼のいぬ間に一方的に始まった平治の乱、最大の武士集団・平家が いないのですから義朝が勝つのは当たり前 ドラマでは重盛も清盛に同行していた様に描かれていましたが、実際 は六...

『平清盛』 第26話「平治の乱」

今回は平治の乱の前半部分だが、私が日本史に疎いせいかその背景がわかりにくかったが、それはさておき、今回の主題は信西の最期。 1信西と清盛の友情……「おれは誰なんだ?」「

平清盛【第26回】NHK大河ドラマ

平治の乱  「おそれながら、信西入道を救い出したところで、平氏にとって益があるとも思えませぬ。あの賢きお方は、平氏と源氏を使える限りに使い、うまく手綱を操ってあの地位ま

平清盛 26話 感想 平治の乱 阿部サダヲ

「平清盛」第26話「平治の乱」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 冒頭のあらすじ、わかりやすいですね~。 義朝がとうとう立ち上がったけど、非情なものよ~。 為義が切