FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第22回「勝利の代償」

戦の後の悲劇をきれい事じゃなく、こんなに悲惨に描くなんて。
ちゃんとしてるなぁと驚いちゃいました。

帝方が勝利を収め、敗者は散り散りに都から脱出しました。
上皇はついてきていた武士達に自分を置いて逃げるが良い、と。
出家したいと思っても、剃髪するためのものもなく、
生まれてこの方、自分の思うとおりになったことなどないと嘆く上皇。
あの哀れさにうるっときてしまいます。
やっぱこの人、怨霊も演じるのではという妙な期待。

頼長はカゴに乗って逃げまどう中、首に矢を射られて瀕死の状態で
父・忠実をたよってきたが、
忠実は会おうとせず、門は開かれなかった。
頼長は舌を噛みきって自害。
会うことを拒否した父は、頼長が大切にしていた白いオウムが、
まるで乗り移っていたかのように瀕死で飛んできて
「チチウエ、チチウエ、チチウエ」と言いながら息絶え、号泣!!
今回一番見応えあった親子かも(・_・、)
あんなに勢いのあった頼長がむごい死に方なのも凄かった。
そして、父の思いも伝わりました~~國村さんの演技に泣かされる(/_;)


そして、為義も忠正もそれぞれの家から捜索させていて
捕らえたと。

忠正は逃げようとするが、清盛は平氏一門のためにまた力をかしてほしいと
叔父上あっての平家だと、とどまるよう頼み込む。
そして、平家のためにしたことで謀反の意志はないのだと
信西に助けを求める。


なんかもう、だんだん信西の悪っぽさと、
後白河帝の不気味さが際立ってきましたねぇ。
あの方々はちょっと悪い役を存分に楽しんでらっしゃる(^_^;)

源氏の妻達もなかなか見ててご立派な雰囲気で
見せ場を作ってくれてますし、

清盛と義朝の戦の後の友情談義もそこそこで切り上げてくれてましたし、

清盛の表情の変化のつけ方も、前よりも大人な感じになってきたと思います。

今回もバランス良く、緩急つけられてて満足しました。

来週はちょっと残酷シーンですね。
こういうところ端折ったりしないところが、この作品のいいところかも!!


ポチッとよろしく~~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

歴史って残酷な方が多いものね。
観ましたよ・・・ダイジェストですけど・・・。
サッカー観てしまいまして。
後で観ます・・・。

あの~

悪左府、哀しい最期でした。
悪いやつでもあの最期を見ると
同情してしまいますね…。
忠実さんも気の毒でした。
オウムもつくりもんやと思いますけど
こときれる時の目が哀しかったです。
来週は清盛も義朝も気の毒な展開。
大河ドラマHPの人物相関図を見たら、
亡くなった人の画像が白くなっている…w

きぼう丸さん

そうそう、歴史って残酷ですよね。
でも、勝った方が歴史を作っていくので、
結果的に負けた方はその後どうだったかは
学校の授業ではやらないもんね(^_^;)

ミヨッちゃん

ほんとや~~
大河ドラマ公式HP見た見た~~
ついでに井浦新さんのインタビュー記事を
NHK高松放送局のサイトの分まで延々と読み続けちゃいました(^_-)
カッコイイ~井浦新さん!!

ホントに主役以外がめっちゃ個性的で魅力的だわ~~(^_^;)

悪左府・頼長の死は、あの激しい変化を作り上げた
山本耕史さんとメイクさんに拍手を送りたいです!

インタビューいいねー。あとで全部読もうw

國村さん、良かった。観ながらうるうるしましたよ。
ホント、あの父子関係が実は一番熱かったのかも。
平家も。源氏も。皇室も。
藤原摂関家だって無傷で権力の中枢にいるわけじゃないんだぞと。
権力闘争ってそういうもんですよね。

あけぼうさん

平氏も源氏も天皇家も
それぞれ、敗者をどんな扱いにすればいいのか、
難しかったでしょうね。
後々の家を考えると親子の情があっても、庇うことができないんですもんね。
権力闘争ってそんなもんなんだね。
藤原親子の見せ場はほんっと良かったですよね。

一週遅れで、今見ました。
絶対見るぞと決めていたので
ここのブログも我慢してました。

いやいや修羅だねえ。
重厚な演出、いいねえ。
頼長!よかった! オウムもよかった!(笑)
山本耕史、化け物だけどたおやかで綺麗だったよ。
役者たちの死にざま合戦も情念怨念合戦たのしみです。

マツケン、たぶんここからだな。
本気で狂って栄えて滅びていただこうぞ、おー!

玉坂めぐるさん

おお。私もちょっと遅れてコメント見ましたw
東京に行ってたもので。
また、それは記事にしますね~

昨夜の平清盛もまだ見てない(^^;;
さて、松ケンが、清盛らしく、松ケンらしく、主役らしくなっていくのを
見られるといいな~

トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第22回

チチウエ…チチウエ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201206030003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-30売り上げランキ...

次なる試練 ~平清盛・勝利の代償感想~

保元の乱の後、頼長は逃走中に矢にあたって致命傷を負う。 そして父の忠実に会おうとするが、保身を図った忠実は会おうとせず、失意のうちに亡くなる。 このドラマでは絶望した頼長が舌を噛み切ったというこ...

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男22清盛は忠正の刑の軽減を求めるも信西は崇徳上皇流罪!為義、忠正らに死罪を言い渡した

大河ドラマ「平清盛」第22話は保元の乱で崇徳上皇派は敗れてそれぞれ敗走するも、頼長は矢で負傷を負い、父忠実を頼るも面会を断られ絶望し自ら舌をかんで自害した。一方為義、 ...

大河ドラマ「平清盛」 第22話 あらすじ...

戦の後の・・・新しい世の始まり----------。大きな転機となった前回の「保元の乱」それでも視聴率が振るわなかったのは、バレーのオリンピックがかかっていたということでしかたなか...

平清盛 第22話 「勝利の代償」

保元の乱その後。本当の地獄はこれからだ…っ!

【平清盛】第22回

保元の乱がついに終結。負傷した頼長(山本耕史)、山に逃れた崇徳上皇(井浦新)に悲劇が…。 さらに敗走中に捕らえられた忠正(豊原功補)と為義(小日向文世)に、信西(阿部サダヲ) から下された信じ...

大河ドラマ「平清盛」第22話

第二十二回「勝利の代償」   

平清盛 第22話 感想「勝利の代償」

平清盛ですが、藤原頼長(山本耕史)と平忠正(豊原功補)の二大ネチラー最後の回かと思いきや、忠正はまだまだネチネチと粘ります。逃げ惑う頼長の周章狼狽は、古今和漢に比類なき才を誇り悪左府とまで呼ばれた男の見る影もありませんが、大急ぎで持ち出した万巻の書籍だ...

「平清盛」 第22回、勝利の代償

大河ドラマ「平清盛」。第22回、勝利の代償。 ふむ・・・戦い、その後ってとこ。 盛り上がりとかはなく、次回への合間の回かな。

『平清盛』 第22回「勝利の代償」

JUGEMテーマ:大河ドラマ保元の乱は、帝方の勝利でおわりました。しかし、これからの戦後処理こそ問題。清盛は叔父の忠正と、義朝は父の為義はじめ、兄弟たちとも戦ったわけです。その忠正は、伊藤忠清の配下に捕らえられました。いっぽう、源氏の館には、尾張で捕らえら?...

「平清盛」第22話。

「平清盛」第22話を見ました。「保元の乱」のその後の話です、が…頼長様ー!!

平清盛 第22話 「勝利の代償」

伯父忠正が敵方にくみしたのは一門の滅亡だけは避けようと やもおえぬ仕儀でございました。 何卒御考慮いただきたくお願い申しあげます-----!! 「・・世にとって最も良き断を下そうぞ----」 清盛の思...

平清盛 22話 感想 小日向文世

「平清盛」第22話「勝利の代償」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 保元の乱が終わった後、負けた崇徳上皇側は追われる側に。 うわ、頼長の首には矢が~~! 見ていて痛々しい~><; 崇徳上皇も家臣一人を残して見捨てられ、すっかり生きる気力を失って?...

平清盛 第22回「勝利の代償」~頼長(山本耕史)の「台記」と白いオウム「チチウエ」

『平清盛』第22回「勝利の代償」 宝刀を手にした義朝(玉木宏)は清盛(松山ケンイチ)を前にして「友を切るとはいかにも縁起が悪い」 清盛のことを友達って言ったわけじゃないよって照れちゃう義朝・・・。 清盛は義朝の不精ひげを見て、おふざけで「髭切」にする...

オマーン戦の代償

播磨(兵庫県)キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!いよいよ、井戸敏三兵庫県知事が待ち望んだ清盛が播磨守に任じられた第22回の平清盛勝利の代償しかし、視聴率は関東地区は11・0%で名...

オマーン戦の代償

播磨 (兵庫県) キタ━━(゜∀゜)━━ッ!!いよいよ、井戸敏三兵庫県知事が待ち

平清盛 第22回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也/國村隼 第22回 「勝利の代償」 % 保元...

『平清盛』 第22話「勝利の代償」

 戦の終末、そして、それぞれの思惑、悲しみ、絆、愛などが盛りだくさんだった。しかも、それらが単なる羅列ではなく深いものだったので、見ごたえがあった。 頼長の最期  今回一番印象に残った。  頼長(山本耕史)が矢で首を射られたシーンでギクッとさせられ、父・...

平清盛【第22回】NHK大河ドラマ

勝利の代償  「播磨守清盛。そなたの叔父 平忠正とその子、長盛、忠綱、雅綱、道雅の処分が決まった。死罪じゃ。今のべた罪人どもを、斬首せよ」by信西(阿部サダヲ)。 うわ~~~~、戦後処理引っ張るのか…。2週にわたらせるのか…。鬱展開引っ張らなくてもいいのに…...

平清盛、義朝は大出世したのです!!

?宇治か近江国に退いて東国からの援軍を待つ。 ?崇徳上皇を奉じて東国に下り東国武士を招集する。 ?先手を打って皇居に夜討ちをかける。 為義が献じた三つの策がことごとく拒否されます 京都育ちのお坊ちゃま・頼長には京都から離れて戦う気などなかったの でしょう...