FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第21回「保元の乱」

始まったよ~~~戦だよ~!!

いよいよ保元の乱


上皇方と天皇方に分かれ、
それぞれ、戦の前のミーティング。
上皇方では為朝が、
天皇方では義朝が、夜討ちを提案しますが、
どちらも孫子の兵法を引用しながらも、
頼長は、夜討ちなど卑怯者のすることと言って却下。
だが、信西は、ならば即刻行けと命じるのでした。

清盛は忠正との一騎打ち。
あまりにも長く弓の次は刀で応戦していたために
やってらんね~って兎丸はいったん引き上げました。

源氏も為義と義朝の戦い。
そして鎌田通清と正清親子もまた対立していますが、
あの、でかくてウザい為朝(ガンダムみたいなの)と対峙した正清が
矢を射られそうになったところを通清が自分の身をもってかばいました(/_;)

頼長は右往左往して、おろおろしっぱなしで、
為義に近くにおって守ってくれって泣きつき、
奥の方に静かにひっこんでろってなことを言われちゃう始末(^_^;)

一方、帝と信西に源氏は火攻めを許して欲しいと戦略を提案。
もちろんO.K.
隣の大事な建物なんて勝てばまた作ればいいんだし。

清盛と忠正の戦いにやきもきしてた兎丸は
でっかい丸太を引っ張ってきて門をぶちこわす!

そして、ついに源氏は火を放ちました。

そうそう、忠正に上皇方に行くのを止められた頼盛は
清盛に戦いに参加させないって言われて、
母上の池禅尼にお兄ちゃんが憎い!!って
ブチブチ文句をたれてふてくされてました(^_^;)





いやいやいや、なかなか迫力ある戦いシーンが盛りだくさんで
面白かった~~~


ところどころ、戦のシーンの合間に
義朝の嫁たちや、
清盛の嫁&子どもが出てましたけれども、
長くなかったので、
男達の、絆との狭間で揺れながらも
それぞれの武士の世にするための好機だという信念にしたがって
戦い抜く姿が猛々しく描かれていて良かった。

さて、その後、そう簡単には武士の世にはならなかったらしいことが
次回描かれるようですね。


応援ポチよろしくですぅ~

人気ブログをblogramで分析
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

早ーい!もう記事がアップされててビックリしました☆
いやー、頼長と信西・源氏と平氏とか、いろんなものが対比された形式で進んでいってて、面白かった~。
嫁たちのシーンは適度だったと思います。
あれくらいは今までの大河ドラマでもやってたと思うし。
次回はちょっと悲しい話になりそうですね・・・(´;ω;`)

あけぼうさん

BSで見てるので早かったんですよ、今回は。

源氏のみどころもたっぷりでしたし、朝廷も、
もう時代の変わり目なんだなと感じる有様でしたね。
信西VS頼長は面白かったね~

来週は後始末編ですよね(:_;)
さらに、いい場面が見れそうですよね~

うんうん、あのガンダムみたいなのウザイwww

きぼう丸さん

だよねww
なんで目の下黒いんでしょう??
大きくていかついってことを強調してるし、
強いんでしょうけど、かなりウザ(゚ε゜;)

結局先週分の再放送は見られず・・
でも、今週は見られてよかった。
いいんだいいんだミササンのレビューと妄想で補完します。

源平の戦は、やっぱ名乗あいですね。
うさぎ丸のじれる感じは、テレビの前の我々の感受性をも代弁するのか?
私は、別にかまわんのだけど(^^)。

いまさらですが上皇のARATAは、名前変えたんですね。
知らんかった~。

あの~

そうですか、やっぱり
おもしろかったですか。
今夜はできるだけはやく
帰って録画分を見るようにします!

玉坂めぐるさん

今週はご覧になったのですね(^-^)

なかなかの戦いシーン&因縁の対決シーンで
良かったですよね~

ARATAから井浦新に変えたのも大河ドラマからですよね、きっと。

通清と正清親子の話には先週の感想記事に触れてなかったのですが、
泣ける物語があったんですよ。
で、今週のあのかばって矢を受けるシーンへとつながってて、
ズッキュンときちゃうのですよ。
玉さんがご近所さんなら、録画見にきてって言えるんだけどな~w

ミヨッちゃん

面白いですよ~
もう、まぎれもなく大河らしい大河ドラマをちゃんとやってるなって
思いますよ。

もう、頼りない清盛を見せないでよって念じつつ、
今後も楽しみに見続けます!

為朝は、いくらなんでも野生にかえりすぎwww

あ、でも「もののけ姫」はずっと後の室町時代あたりの設定だったはずだし、ああいうのが居てもいいような気もしてきた(;´∀`)

あけぼうさん

そうね、野性的~(⌒-⌒; )ホントなら当時17歳だったらしいよ!(◎_◎;)
今はあんな17歳いないけど、
そういえば昔読んだ『愛と誠』とか、めっちゃいかついヤ◯ザみたいな高校生とか
出てきてたから、そんなのイメージすればいいんかも。
『もののけ姫』のイメージも野性的だもんね、わかる。

あの~

ようやく見ましたw
おもしろかったんですが
わりとあっさり終わりましたね。
もうちょいひっぱってもらいたかったです。
とくにガンダム為朝とかおもしろいので
もっと見たかったです。
為義にも最後の花道みたいなんを
用意してほしかったですw
でも保元の乱よりも、今後の
平治の乱のほうが重要というか、
ぶ厚く描かれるんでしょうね。

ミヨッちゃん

そうですね、やっぱ平治の乱の方が実際に時間もかかってるし、
さらにドラマチックな戦らしい激しさがあるように思いますよ。
博物館で見た絵巻物も大変なことだったんだとわかる絵でしたし。

なので、今回はこの位あっさりでいいかもね。
でも、まだ清盛が主役じゃない気がする(^_^;)

トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第21回

戦の、始まり… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205270003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-29売り上げランキング ...

『平清盛』 第21話「保元の乱」

 肩透し、拍子抜け………  開戦直前のそれぞれの想い、軍議における信西(阿部サダヲ)と頼長(山本耕史)、清盛(松山ケンイチ)と義朝(玉木宏)、武士と貴族の対比が上手く描けていた。(本来なら、もっと詳細に書こうと思っていましたが、途中から急速に書く棋力?...

平清盛 第21話 「保元の乱」

ほのぼのご近所ドラマ平清盛。天下分け目の乱も、参加者もごっつー近所で身内ばっか。規模として小学校の体育会レベルです。

平清盛 第21回 「保元の乱」

うん。なかなかカッコ良かったと思います。 でもなー せっかく怪物が矢を引いて、二人貫通して「うぉっ」ってなるのに、バトルの最中に、長々とした解説や、家で待つ女性陣にカメラに移動して、ちょっと気...

【平清盛】第21回

ついに保元の乱開戦!後白河帝(松田翔太)対崇徳上皇(井浦新)に分かれた朝廷内争いは、 平氏・源氏の武士集団を巻き込んで京の都を二分する争いに! 清盛(松山ケンイチ)は叔父・忠正(豊原功補)と...

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男21武士の世を作る為に身内同士の争いを乗り越えて清盛と義朝は戦に勝利した

大河ドラマ「平清盛」第21話は後白河天皇側と崇徳上皇側に分れて始まった保元の乱が幕を開けた。軍議で義朝、為朝の両軍はそれぞれ夜討ちを進言するが、崇徳上皇側の頼長は採用 ...

大河ドラマ「平清盛」 第21話 あらすじ...

保元の乱-----------!!ついにこの戦いがやってきました。清盛が棟梁になってから、加速的に面白くなってきたので、ここで派手な戦を見せてくれたのは大きいなぁ。親子対決。一族の存...

大河ドラマ「平清盛」 第21話 あらすじ感想「保元の乱」

保元の乱-----------!! ついにこの戦いがやってきました。 清盛が棟梁になってから、加速的に面白くなってきたので、ここで派手な戦を見せてくれたのは大きいなぁ。 親子対決。 一族の存続をかけた信念をかけた戦い。 それぞれの想いをのせて、ついに保元の...

大河ドラマ「平清盛」第21話

第二十一回「保元の乱」   

平清盛 第21回 保元の乱

『保元の乱』 内容 鳥羽法皇の死により始まった、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)による権力争い。 帝の擁立を画策した信西(阿部サダヲ)を筆頭に、 忠通(堀部圭亮)義朝(玉木宏)は後白河帝へつき。 一方で、頼長(山本耕史)為義(小日向文世)為朝(橋...

平清盛 第21話 感想「保元の乱」

平清盛ですが、崇徳上皇(井浦新)と後白河天皇(松田翔太)の日本を二分する戦いが始まります。清盛(松山ケンイチ)や源義朝(玉木宏)は後白河側、為義(小日向文世)と忠正(豊原功補)は新院側と、まさしく親子、叔父甥など関係なく争います。 藤原頼長(山本耕史)...

平清盛 第21回「保元の乱」

間違いなく前半の最大のイベントである保元の乱が始まりました。今まで歴史の勉強をしていた学生の頃まで保元の乱について、あまり詳しく知らないまま来てしまったことが残念でもあり、逆に様々なことが新しい発見となることが嬉しいことから、どんな感じだったのだろうと...

「平清盛」 第21回、保元の乱

大河ドラマ「平清盛」。第21回、保元の乱。 公家の争いが、ついに武力衝突へ。 武士が表舞台へと出てきた「保元の乱」です。

『平清盛』 第21回「保元の乱」

JUGEMテーマ:大河ドラマ保元元年7月11日、いよいよ双方は戦に突入。両陣営の判断が明暗をわけます。上皇方では、鎮西八郎為朝が献策した夜襲案を、頼長はあっさり却下。その理由が、そんな姑息な戦法は愚策という、いかにも彼らしいものです。ところが帝方の義朝が同?...

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第21回「保元の乱」 勝因は白河北殿の隣を燃やしたから?!

そうか~ 「もののふ(武士)」vs「もののけ(物の怪」 ってかけてたんやな~ 今頃気づいたわ。 視聴率は悪いけど、 きっどさん的にはこのところの「平清盛」大満足、 そしていよいよ前半戦のクライマックス 「保元の乱」 これまた結構リアルな平安合戦面白かった。 ホ...

平清盛 第21回 「保元の乱」

そなたたち武者どもの力をもって白河の北殿を落とす(それこそが) 新しき世の始まりだ----!!  その一言は武士たちの士気を上げたようですね~~!! うつけなんて言われてるけどなかなかどうして凄腕じ...

どちらに転んでも ~平清盛・保元の乱感想~

叔父の忠正が崇徳方につく形で、始まった保元の乱。 一方で源氏は、義朝以外みな崇徳方に。 その中には豪勇無双の武人・源為朝もいたわけで・・・。 ただ、数としては後白河方のほうが多かった。 先は読...

平清盛 21話 感想 豊原功補

「平清盛」第21話「保元の乱」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 保元の乱が始まる。 昇殿を望む義朝、野心を隠さずに必死にアピールしますね~。 対する清盛は、神妙な表情。 どちらの陣営も、夜討ちを提案してきたのは戦に長けた者で、清盛の出る幕はなさ...

「平清盛」第21話。

今週の日曜日は日帰りで大阪に行ってたので、高速バスの中からワンセグで見ました。いや、一応録画もしてあるんだけど、家に着くまで待ちきれなくて…。

平清盛 第21回「保元の乱」~鎮西八郎為朝ワイルドだろぅ

『平清盛』第21回「保元の乱」 前回はマシだと思ったけど、視聴率は11.8%に下落し、さらに今回は10.2%・・。 『女子バレーロンドン五輪最終予選:日本×セルビア』の影響を受けたとはいえ、大一番の『保元の乱』でこの有様ではねぇ・・・。 視聴者が求め...

17歳を夜這い

負けたけど女子バレーロンドン五輪決定!23.3%の日本人が興奮した陰で平清盛第21回保元の乱10.2%一桁目前打ち切りピンチ!?因みにイッテQ15.7%、ビフォーアフタ...

17歳を夜這い

負けたけど 女子バレー ロンドン 五輪決定!23.3%の日本人が興奮した陰で平清

平清盛 第21回「保元の乱」

はい今週も『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・・

平清盛【第21回】NHK大河ドラマ

保元の乱  「皆の者、敵は白河の北殿にある。かつて我が曾祖父、白河院のおわした御所じゃ。白河院は、我が父 鳥羽院の后、すなわち、我が母 待賢門院と通じておられた。上皇は、白河院の子であると専らの噂。鳥羽院の側女の、美福門院は、上皇を追いやり、ご自分の皇子...

平清盛 第21回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/松田翔太/山本耕史/西島隆弘/田中麗奈/武井咲/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第21回 「保元の乱」 % ついに保元の乱...

平清盛、ほうげんの乱らしいです??

今の今まで保元の乱を「ほげんのらん」と思っていた僕 正しくは「ほうげんのらん」らしいのです 40年以上も「ほげんのらん」とばかり思っていたなんて何 とも… 叔父と甥、父と子、兄と弟、実際戦うのは天皇や上皇では なく勿論摂関家でもありません。 ...