FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第20回「前夜の決断」

やっと清盛がかっこよく見えてきました~~~!!

保元の乱の直前、
崇徳上皇と後白河帝の間には戦をせずにはいられないような
2つに陣営が次々と分かれて、殺伐とした空気が流れてきました。

崇徳上皇と後白河帝は兄弟での争い。
政から追いやられた悪左府頼長が、崇徳上皇につきます。

源氏は為義と義朝がついに親子で両陣営に分かれてしまいます。
家臣もつらいところ。

清盛ははじっくりと両陣営をじらしながら、
どちらにつくかは戦の後の恩賞をつり上げてからだと、
一門に言い渡します。
武士の世をつくるためのチャンスだと。

が、そんな清盛に頼盛は不安を隠せない。


清盛は後白河帝から呼び出され、2人で話をするが、
「恩賞をつり上げる」作戦はバレバレ。
そして、戦の後も
勝ったところで武士の待遇など変わらないのだと
こんな切迫した中でも武士をこけにする強気な後白河帝(^_^;)
その挑発に乗っかってしまう清盛。
今回の戦も勝ち、後白河帝にも勝ってみせると。


そして一門に発表したら、
頼盛はこっそり上皇方に行く準備を始め、
池禅尼に止められるが家盛みたいになりたくないって突っ走る。
そこへ忠正叔父さん、
頼盛の代わりに自分が上皇方へ行くことで
平氏が潰れることは無いと言い含め、
上皇方に向かう。

一門の絆を大切にしてきた清盛は忠正の行動に驚き、
一緒じゃないとだめだって連れ戻しに行こうとするが、
頼盛から驚きの伝言を聞き悔しくて苦悶の表情を見せる。
お前とわしとの間に絆などはなっからないわ!

まあ~このセリフ、伝言であっても小気味よく言い放つ頼盛の
憎たらしい顔!!!
頼盛が目立つシーンでありましたね。

だけど、そう伝えた忠正は
ホントは忠盛の考えもきっと清盛と同じであったろうと感じていたし、
棟梁としての清盛を認めていたのでしょうね。
でも、頼盛を清盛側に残しておきたい、とか
平氏が全滅してしまうことを恐れての決断だったのでありましょうね。

だけど、家族みんな仲良しで一致団結が大事だと思う清盛は
悔しくて悔しくてってことなんでしょうか。


さていよいよ来週は保元の乱!!
どこまで迫力ある戦いを見られるのか楽しみです!!

ポチッとよろしくです~


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログをblogramで分析
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

忠正かっこよかったですねぇ。
そして清盛も大人になって駆け引きを覚えたって言うか
突っ走るだけじゃなくなりましたね。
やっぱり棟梁ともなると風格が備わって来るんだなぁ。
今回平氏も。源氏もつらい別れがあってジーンとしまし
ツイッターではついついふざけてしまうんですけど、
BSで一足先に見るときは結構真剣に見ちゃってます。

みのむしさん

忠正は良かったですよね(#^.^#)
平氏を支えてきたからこその決断だったのですよね。
清盛も今までのホームドラマは何だったのかというくらいの
ピシッとした棟梁らしい姿に、ホッとしました。
いよいよ、戦いのシーンですよね。
私もBSと地上波と2回見ちゃおうかな♪

あの~

かなり演出はいってますけど
忠正はかっこよかったです。
乱で敗れた後に清盛に処刑されたと
いわれてますけど、
ドラマではどのように描かれるんでしょうね。
同じく義朝も父・為義を処刑したそうですが、
清盛も義朝も、身内(ましてや義朝は父親)を
処刑しなければならないなんて、気の毒です。
そんな悲惨な展開に向かう中でも
深田恭子は相変わらずのんきに
避難先へ源氏物語を持ち込んだりして
やっぱり、ひとりだけコミカルですねw
このさい、ドロンジョ姿になってもらっても
おもしろいかもしれませんw

なんだかな~と思いつつ毎週観ていますw
でも観ていて良かったかも!
確かに今週は見応えあり!
来週が楽しみですね♪

ミヨッちゃん

ホントに忠正はカッコ良かった(#^.^#)
今までの清盛への冷たい言葉の数々もすべて平氏のためで、
嫌な役どころでしたけど、すべては今回のシーンのためだったと思えます。
時子は相変わらずの天然でしたけど、
戦の前の子供たちへの言葉はなかなか良かったですね(^-^)

きぼう丸さん

私も毎回、楽しいのにイライラしてたんですが、
ようやく主役が主役らしくなってきたことと、
ホームドラマ部分が少なくなってきたので、
俄然面白くなってきたと思いました\(//∇//)\

ちゃんと戦を描こうとしていることも、
戦の中に人間ドラマをキッチリ絡めていることも
すごく。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!! って思いますよ~

諦めずに見続けて良かった~!!

いやもう、今回はミサさんが喜んでいるであろうと!
ラストではそう思いながら見てましたよあけぼうはw
やっと清盛がシュッとした顔になってきた~☆☆
忠正の伝言を聞いたあとの表情の変化も良かったし。

関係ないけど、頼盛もさることながら、鬼若(゚Д゚)ウゼェェェ(笑)

あけぼうさん

さすがあけぼうさん!わかってらっしゃる(^∇^)
今までの清盛とはまるで違うという違和感はあるかもしれないけど、
はじめからこの位の裏を読むような、一筋縄ではいかない清盛でいてほしかったんだ~

待ってました。待ってて良かった!
こんな面白くなるなんて!
忠正の判断も良かったね。

そしてチョロチョロ動く鬼若ウザいwwちょっと笑える。
塚地も笑えるけどw

そうか、そうなのか・・・
みのがしたみのがした。
再放送再放送!

おもしろうないのうwww
まさかの塚地w
今後このドラマではずっと「おもしろうない」キャラでいくのかなw

玉坂めぐるさん

え、見逃しちゃいましたか。
絶対、見るべきな神回でしたよ~!!再放送ではぜひぜひ楽しみにご覧あれ!
私の感想記事は、かなりいい場面をはしょってますので、
実際にはもっと感動シーン多いですよ。

Re: タイトルなし

うんうん、一体どんな人物だったのか知らなかった歴史オンチの私ですが、
信頼って、今後はかなりの重要人物ですよね~!!Wikipediaで調べてみた。

まさかの塚地ですけど、おもしろうないのう、だけでいけそうな気もした(⌒-⌒; )

トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第20回

戦の準備は、整った… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205200003/ 平 清盛 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)NHK出版 NHK出版 2012-05-29売り上げラン...

平清盛 第20話 感想「前夜の決断」

平清盛ですが、保元の乱の前夜ということで日本は真っ二つに分かれて、親兄弟も関係なく争います。血で血を洗う凄まじい惨状となっていきますが、清盛(松山ケンイチ)も能天気さが消えてしまい計算高くなられます。時忠(森田剛)大喜びです。 主流派から追われた悪左府...

平清盛 #20「前夜の決断」

公式サイト上皇に近づき、治天の君の座を奪うことを説く権力の座を追われた悪左府、頼長。<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yomu-kiku.cocolog-nifty.com/blog/2012/0...

平清盛 第20回「前夜の決断」~松田翔太 vs 松山ケンイチ‥大河らしく

『平清盛』第20回「前夜の決断」 前回、HPの人物相関図の更新が滞っていることも、『平清盛』がダメ大河であることを示す一つの事象である旨を書きました。 いつまでたっても無頼の清盛(松山ケンイチ)の写真のままでしたし、新登場の人物が加筆されませんし、ひど...

大河ドラマ「平清盛」第20話

第二十回「前夜の決断」 視聴率11.8%  

平清盛 第20回 前夜の決断

『前夜の決断』 内容 保元元年、鳥羽法皇の死により、 後白河帝(松田翔太)と崇徳上皇(井浦新)の対立は深まっていく。 信西(阿部サダヲ)に退けられた悪左府・頼長(山本耕史)は、崇徳上皇に接近。 その行動を口実に信西は、崇徳上皇と頼長に謀反の疑いありと断じる...

『平清盛』 第20回「前夜の決断」

JUGEMテーマ:大河ドラマ鳥羽院の亡き後、都の情勢はいちだんと険悪に。ついに考えを決めた清盛は、平氏一門の結束を強化しますが・・・・・・。ところで、西行が偶然この場にあらわれ、もと北面の武士として仕えた方に歌を詠みました。崇徳上皇に頼長が急速接近。手をた?...

【平清盛】第20回

ついに物語は前半最大の山場・保元の乱へ!崇徳上皇(井浦新)と頼長(山本耕史)は共闘し、 後白河帝(松田翔太)と信西(阿部サダヲ)方との決戦は避けられないものになっていた。 清盛(松山ケンイチ)...

平家、割れる ~平清盛・前夜の決断感想~

鳥羽院の死後、崇徳上皇と後白河天皇の権力争いはひどくなる。 かねてから周りの反感を買い、失脚していた頼長は崇徳上皇に近付き、 かたや信西は、後白河天皇の乳父として、政敵排除の総仕上げにかかってい...

大河ドラマ「平清盛」 第20話 あらすじ...

鳥羽院崩御---------!!ようやく歴史が大きく動き出した形になって、面白くなってきたねぇ。やっぱ主役が主役じゃないと、話が盛り上がらないわけで。ここ数回は持ち直してると思うの...

『平清盛』 第20話「前夜の決断」

 今回が一番面白かった。実は、ある事情で、『平清盛』の記事はやめようと思っていたのですが、それを踏み止まらせるくらいの出来でした。  清盛(松山ケンイチ)、忠正(豊原功補)、池禅尼(和久井映見)、頼盛(西島隆弘)、後白河天皇(松田翔太)、信西(阿部サダ...

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男20源氏平氏共々分裂し清盛は忠正に絆などはなからない!と告げられ絆の難しさを突きつけられた

大河ドラマ「平清盛」第20話は鳥羽法皇の崩御で後白河天皇と崇徳上皇の2つの派閥に分裂し、それぞれどちらにつくのか迫られていた。源氏は父為義は崇徳側に、義朝は天皇側に付き ...

平清盛 第20回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/藤木直人/松田翔太/山本耕史/森田剛/西島隆弘/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第19回 「前夜の決断」 11.8% 1156年(...

平清盛 20話 感想 西島隆弘

「平清盛」第20話「前夜の決断」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ お、久々に西行が登場~。 う~む、戦かあ。--; 雨に打たれて身も心もボロボロの崇徳上皇と頼長。 相対する後白河天皇と信西。 清盛はどちらにもつかないと宣言。 戦の後のことを考え...

【平清盛】第20回感想と視聴率急落「前夜の...

「前夜の決断」第20回の視聴率は、前回の14.7%より急落してしまって、11.8%でした。最低視聴率の11.3%に次ぐ低い視聴率です。視聴率、最近、持ち直しかけていたのに、残念...

平清盛【第20回】NHK大河ドラマ

前夜の決断  「清盛…、お前とわしの間に…、絆など…、はなっからないわ…」by平忠正(豊原功補)。 叔父上…、叔父上ぇぇ…、叔父上ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!! 泣いた…、泣いた泣いた泣いちゃった…。号泣しちゃったわよ~~~~~っ!!!よもや「?...

平清盛 第20回 「前夜の決断」

いよいよ保元の乱へ…! でもその前に、それぞれの家族達の亀裂。 身内どうしで争うことになる運命の皮肉であった…!! うん。 清盛の黒い角張った鎧がかっこよかったなー 身内に愛されてなくて打ち...

平清盛、信西VS頼長!!

後白河VS崇徳、いよいよ保元の乱が始まりそうです 後白河ではなく崇徳上皇の息子・重仁親王を即位させていれば 保元の乱は起きなかったかも知れません。 重仁親王は美福門院得子の養子となっており養母にあたる美福 門院得子も我が子同然に可愛がっていたと言われてい...