FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第18回「誕生、後白河帝」

まだ若い天皇・近衛帝の病状が芳しくないということで、
にわかに皇位継承者問題が浮上。

平氏一門の中でも鳥羽院につくのか、
崇徳上皇につくのかと
声が上がる。

清盛は崇徳上皇に味方につくように言われたけど、
鳥羽院と仲良くないからって断っちゃう(^_^;)

一旦は断ったけれども、
それなら鳥羽院と崇徳上皇が仲直りできるように
間に入ってとりなそうと決める。

一方、雅仁親王は、継承問題も自分には関係ないのだと
青墓へとお出かけ~~

この青墓では芸能が盛んだっていうんで、
なんだかファンタジックな雰囲気。
雅仁イン・ワンダーランド~~
そこになぜか祇園女御が再登場。乙前って名乗ってらっしゃる

どうでもいいけど梁塵秘抄の歌があまりにもしつこくて
イラッとしてくるんですけど。
そんなに清盛と絡ませたい理由がイマイチわかんない。
舞子が歌ってた時から、そんなにあのメロディーが良いと思わなかったし。

だけど、今回は雅仁親王(松田翔太)が歌ったのを聞いたら、
あ、悪いけど、聖子ちゃんより聞きやすくて上手いんじゃない?とか
どうでもいい感想をぶつぶつ言ってしまったり。


近衛帝が崩御して、皇位継承者を決める会議に
なんと頼長は参加できなかったのね~
悪左府が参加してたら後白河帝は誕生しなかったんでしょうかね?

で、結局どうして後白河になったのかっていうのが
はっきりしなかったんだけど、
信西の策略だったんでしょうか。
だとしたら、うまいことしましたな。


ポチッと応援よろしく~~♪

人気ブログをblogramで分析
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ウチ、

BSのん、ろくがしてるけど
まだみてないねん。
また、みてから、くる(わら)

ティファニーちゃん

うん、待ってるよ~(^^)V

あの~

梁塵秘抄にイラッとするのん
なんかわかりますw
あれは主題歌だけでいいですね。
後白河の経緯は僕もよく分かりませんでしたが、
信西がニヤリとしてたので、
たぶんそういうことなんでしょうね。
頼長はぼちぼち失脚の予感w
あと、前から気になってたんですが、
近衛帝の后の呈子の役は、
なんであんなにブサイクな役者を
使ってるんでしょうか。
ものすごく意図的な感じがするんですけど
なんか意味あるんでしょうかねぇ。

ミヨッちゃん

> あと、前から気になってたんですが、
> 近衛帝の后の呈子の役は、
> なんであんなにブサイクな役者を
> 使ってるんでしょうか。
> ものすごく意図的な感じがするんですけど
> なんか意味あるんでしょうかねぇ。


わはは!実は私も気になってた~!
なんか理由があるんでしょうかね。
ほとんどセリフもない役ですし、まだ売れる前の
可愛いだけの若い女優さんでいいんじゃないかと思うんですが。

低視聴率ゆえか新しい視聴者への配慮で
人物名のテロップが出るようになっているんですね。
私も何回か抜けたので、便利。

相変わらず役者たちは楽しそうに演じている感じはしますね。
でも肝心の主役のマツケンは、楽しそうかどうかよくわかんないww
でもうなじが綺麗。
男役者のうなじが気になるドラマです。

カツラ、NHK大河はだいぶ前から生え際うなじ、
本人の毛を使ってる感じがします。
なにか画期的なことが起きた気がするよ。
時代劇カツラの世界に。

あと・・今回は岐阜県青墓に行ってみたくなりました。


玉坂めぐるさん

私、この大河ドラマは全体には面白いって思ってるんだけど、
だからこそ、主役の松ケンがイマイチ彼の魅力を出してないことに
すっごくいらだってるんですよ。

なんでなのかな~って、いつも見ながら考えてたんだけど、
脚本家の先生は、松ケンの魅力をわかってないんじゃないかなって。
どんな役でもこなして、魅力的に演じられる松ケンだけど、
脚本にある人物像は、松ケンを好きではない人が書いているような気がしてならない。
中途半端。
ガサツで面白う生きるってばっかり言わしても、
平清盛って人物にちっとも大物らしいリアリティがないんだよね。

コメ返信のつもりが長くなっちゃった(^^;;

玉坂めぐるさん 続き

んっと、つまり、脚本家さんに、もっと
平清盛と松ケンに愛情そそいで欲しいと思ってるのでありました(#^.^#)

wwwうんうん。共感共感。
正直いうとマツケンが、つらそうだと玉坂も思いますww

あれはやはり信西がシレッと差し込んできたってかんじですね。
でもちょっと唐突な感じはしましたね。説明不足というか・・・。
あけぼう的には、結果を知った崇徳上皇の華麗なずっこけが見られただけで、もう大満足、いまだに思い返してはニヤニヤしています。こ・・・これはトキメキ?恋なの!?って勘違いするくらいw あ~ええわぁ~。

あけぼうさん

うん、やっぱり実はずっと雅仁親王を帝にするべく
タイミングをうかがっていたんだなって思いますよね。
したたかですよね~

崇徳上皇役の井浦新さん、めっちゃキャラ作り込んでて
素晴らしい演技ですよね(#^.^#)
惹かれるのわかりますわ~💘

あたしもイラッとしていましたよw

「タイムスクープハンター」の方が面白いな・・・
なんて最近思っておるしだいです。

きぼう丸さん

ですよね~
期待していた主人公そっちのけで
脇の面々が面白すぎるんですもんね。

トラックバック

大河ドラマ「平清盛」第18回

新帝、誕生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201205060003/ NHK大河ドラマ《平清盛》サウンドトラック 吉松隆 V.A. NHK交響楽団 舘野泉 日本コロムビア 2012-02-01 売り上げランキング : 2003 ...

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第18回「誕生、後白河帝」感想 松田聖子が五条乙前として復活、今様を

『今様』とは現代で言うとJ-POP いやラップというべきか? 今様を唄いながら踊る 「白拍子」らしきもののやってましたな。 現代でも見られる「白い直垂・水干に立烏帽子、白鞘巻の刀」 スタイルじゃないので、違うのかも知れないけど、 なんかロボットダンスみたい?...

〔NHK大河ドラマ〕平清盛 第18回「誕生、後白河帝」感想 松田聖子が五条乙前として復活、今様を唄う!

『今様』とは現代で言うとJ-POP いやラップというべきか? 今様を唄いながら踊る 「白拍子」らしきもののやってましたな。 現代でも見られる「白い直垂・水干に立烏帽子、白鞘巻の刀」 スタイルじゃないので、違うのかも知れないけど、 なんかロボットダンスみたいのもし...

平清盛 第18回 「誕生、後白河帝」

もうあのままファミリードラマになるのかと思ってましたが、今週はあっさりといつもの清盛に元に戻った気がします(´▽`) 源八郎為朝というチートキャラは何なんですか? かっこ良すぎますね。 矢がズバ...

大河ドラマ「平清盛」第18話

第十八回「誕生、後白河帝」   

平清盛 第18回 誕生、後白河帝

『誕生、後白河帝』 内容 久寿元年、病に倒れた近衛帝(北村匠海) 父である鳥羽法皇(三上博史)母・美福門院得子(松雪泰子)は、苦悩していた。 特に鳥羽法皇は、崇徳(井浦新)を強引に退位させたことの報いではと考える。 そんな折、法皇の信頼厚く相談相手であっ...

【平清盛】第18回

1154年、近衛天皇(北村匠海)の容態が悪化。朝廷は大きく揺れる。 近衛天皇が崩御すると、再び鳥羽院(三上博史)と崇徳院(井浦新)の権力争いが 激化するとされていた。 清盛(松山ケンイチ)は、何と...

平清盛 第18話 感想「誕生、後白河帝」

平清盛ですが、近衛帝の容体は芳しからず、崇徳上皇(井浦新)は清盛(松山ケンイチ)に味方になってくれと頼みます。清盛は鳥羽法皇(三上博史)と敵対している崇徳院には加勢できないとはっきり旗幟鮮明します。 雅仁親王(松田翔太)は武家の台頭に面白くないですが、...

平清盛 第18回「誕生、後白河帝」

前回の自信のない清盛の棟梁っぷりが嘘のように、今回はものすごく成長してみんなを引っ張りまくる姿に変貌を遂げていました。きっとこれまでの間に彼を成長させる何かがあったのでしょう。残念ながらそのあたりの描写を本編から見ることはできなかったので、心残りではあ...

『平清盛』 第18回「誕生、後白河帝」

JUGEMテーマ:大河ドラマ平氏一門のため親身になってくれた藤原家成は、病でなくなりました。このころ朝廷でも、まだ若い近衛帝が床に臥せっていました。もし帝が崩御となれば、おそらく崇徳上皇の皇子が帝位につくはず。この予想にどう対処するかで、平氏は一門会議を開?...

「平清盛」 第18回、誕生、後白河帝

大河ドラマ「平清盛」。第18回、誕生、後白河帝。 近衛天皇が崩御して、後白河天皇が誕生する。

異色の天皇 ~平清盛・誕生、後白河帝感想~

近衛天皇は元々体が弱く、15で眼病を出して、17歳で亡くなる。 平清盛がこの時、どう動いていたのかは不明だが、 義母・池禅尼が崇徳上皇の子・重仁親王の乳母だったため、このドラマのように鳥羽法皇と崇...

平清盛 第18回「誕生、後白河帝」・・・

ついに出てきました源氏最強の弓取り、橋本さとし@源為朝です。琉球王朝の祖先、弓を引けば鎧武者を貫く強弓、天下無双の暴れん坊。往々にして平家物語は史記をモチーフにすることが多いから、日本版の呂布なんでしょうなぁ。第2部の最初のオイシイところです。 って…

大河ドラマ「平清盛」 Vol.18誕生、後白河帝

【送料無料】平 清盛 前編 (NHK大河...価格:1,100円(税込、送料別) 【送料無料】2012年NHK大河ドラマ「平...価格:980円(税込、送料別) 【送料無料】 西行と清盛価格:1,575円(税込、送料別) 平 清盛 公式HP 平清盛 公式HP(広島放送...

「平清盛」第18話。

GWも終わってしまいました…このブルーな気分を吹き飛ばしておくれよ!悪左府様!!

平清盛 #18「誕生、後白河帝」

公式サイト病に倒れた近衛帝。万が一のことがあれば誰を帝にすえるか、錯綜する人々の思惑を描いていました。・・・<続きは本家記事でご覧ください。>※本家の記事のURLhttp://miru-yom...

信西の言動に刮目せよ/平清盛 第18回「誕生、後白河天皇」

平清盛 第18回「誕生、後白河天皇」レビュー ◎『平清盛』登場人物/キャスト 「いずれ天下大乱となるは必定にござりましょう!」 (信西) 【あらすじ】 ※編集中です。しばらくお待ち下さい。 【レビュー】 今回の記事も、実にレビュー...

平清盛 第18回「誕生、後白河帝」

法皇様と上皇様の溝を埋めぬ限り世はただせん! 平氏は2人の溝を埋めるべく働く---!!   清盛の思いは実は鳥羽院の思いでもあったようですね・・・ 「朕は上皇に心から詫び、ともに政ごとを行ってまい...

平清盛 18話 感想 松田聖子

「平清盛」第18話「誕生、後白河帝」を観た感想いきまっす! ネタバレ注意です☆ 近衛帝の病状が思わしくなく、崇徳上皇をないがしろにしたことを後悔する鳥羽法皇。 いつも思うけど、三上さんの額の血管、すごいなあ。^^; 血管が切れそうで、はらはらする~。(お...

平清盛 第18回「誕生、後白河帝」~松田翔太が松田聖子の膝枕のファンタジー!

『平清盛』平清盛 第18回「誕生、後白河帝」 清盛 (松山ケンイチ)の顔つきが変わりましたね。 すこし穏やかになって良い顔しています。 『野良犬』から『平氏の棟梁』に立場が変わって、佇まいも変化したってことかな・・・。 低視聴率大河の変化は清盛の顔つきく...

平清盛 第18回「誕生、後白河帝」

GW最後の日で『平清盛』のお時間です。 あらすじ・・・・・

生まれてこなければ、勝つも負けるも無い

「感無量にござりまする」病人の家成力あり過ぎ棟梁の清盛グラグラし過ぎお歯黒が、あっさりと死んでしまった平清盛第18回誕生、後白河帝元モー娘。の高橋愛「家政婦のミタ」の中...

生まれてこなければ、勝つも負けるも無い

「感無量に ござりまする」病人の家成 力あり過ぎ棟梁の清盛 グラグラし過ぎお歯黒

大河ドラマ「平清盛」時代を変えた男18近衛天皇が崩御し清盛は一貫して和解を模索するも鳥羽院は権力争いを避けるために雅仁親王が後白河天皇として即位した

大河ドラマ「平清盛」第18話は近衛天皇の容体が悪化し後継者争いが水面下で進んでいた。そんな中清盛は冷静に対処しあくまで鳥羽院に付くとキッパリ答える。そんな中藤原家成が ...

平清盛 第18回

脚本 藤本有紀 演出 柴田岳志 制作統括 磯智明 音楽 吉松隆 語り 岡田将生 出演 松山ケンイチ/深田恭子/玉木宏/豊原功補/三上博史/山本耕史/森田剛/小日向文世/和久井映見/阿部サダヲ/國村隼/中村梅雀/井浦新/上川隆也 第18回 「誕生、後白河帝」 13.5% 1154年、近衛天...

『平清盛』 第18話「誕生、後白河帝」

やはり……落胆の脚本……… ★なかなか良いことを言い、立派なことをしようとする清盛だが ?藤原家成(佐藤二朗)の養子の師光(加藤虎ノ介)の皮肉を軽く受け流す ?崇徳院(井浦新)に組みすることはできないと断る ?雅仁親王(松田翔太)ぼ「一介の武士に頼る崇徳院を...

平清盛、天皇の名前の由来!!

いよいよ保元の乱へのカウントダウンが始まりました 近衛帝が亡くなり次期天皇選びも混沌としてきましたね 近衛帝が亡くなったのは崇徳帝を苛め抜いた事への呪いだと 自暴自棄に陥っている鳥羽上皇。 と言う事は崇徳帝は生霊と言う事なのでしょうか?? 自らへの災...

平清盛【第18回】NHK大河ドラマ

誕生、後白河帝  「身に余るお言葉ながら、その儀ばかりは、お受けいたしかねまする。我ら平氏は、鳥羽の法皇様に忠義を尽くす身。その法皇様と御仲悪しきお方に軽々しく力をお貸しするなど、とてもかなわぬこと。御用がそれだけでござりますならば、これにて、ご無礼を...

平清盛【第18回】NHK大河ドラマ

誕生、後白河帝  「身に余るお言葉ながら、その儀ばかりは、お受けいたしかねまする。我ら平氏は、鳥羽の法皇様に忠義を尽くす身。その法皇様と御仲悪しきお方に軽々しく力をお貸しするなど、とてもかなわぬこと。御用がそれだけでござりますならば、これにて、ご無礼を...