FC2ブログ

映画『ももへの手紙』観てきたよ~~

momo1_1.jpg

予告編を見て、あの妖怪たちがなんとも愛嬌があって面白そうだと思って
みたくなっちゃったのでした。ジブリっぽい気がしたんだもんね。

劇場にひとりぼっちかと思ったら、男性2人組が入ってきたので
とりあえずホッとしたよ~
公開早々、観客がいないってのは寂しいもんね。

まず、美しい絵の描き込みがほんっとに丁寧で、
瀬戸内海の景色は実写のようでした。
島の古い街並みや建物のディテールも写真をきれいに写し取った絵のようで、
うっとりとしてしまいました。
後で、これは『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』、『AKIRA』の作画をされてた
スタッフ達によるものだとわかって納得!ジブリっぽいわけだ。


小学6年のももは、父を亡くして母親と共に東京を離れて
母の実家のある瀬戸内海の島に移り住みます。
父が亡くなる直前にケンカをしてしまったももは
父が遺した「ももへ」とだけ書かれた手紙をながめては
なんて書こうとしてたのかを気にかけ、
新しい生活になかなかなじめないでいた。
そこへ、妖怪“見守り組”のイワ、カワ、マメと出会います。


妖怪が出てくるってだけで、ちょっとテンションが上がっちゃうんですよ。
怖いのは嫌なんだけど、
これがまぁウザくて、お腹が空いてて、畑とか荒らしちゃって
ちょっと迷惑な感じなんですよね。
母親はすぐにでも働かなくちゃと元気なんだけど、
それも、ももにはなんとなく気に入らない。

中盤、ちょっと退屈な流れもあったんですが、

後半、お母さんをたすけるために台風の中に飛び込んでいくももを
サポートする郵便配達のおっちゃんと妖怪たち。
『となりのトトロ』のような展開ですね。
猫バスならぬ妖怪トンネルが・・・

ピンチを乗り越える場面はいいですね。
瀬戸内海ののどかな雰囲気と妖怪って似合ってるなぁと思いましたよ。

そしてラストの父からの手紙に自分でも予想外の涙がぽろっぽろっと
あふれ出しちゃいました(/_;)
ぐぐっとこみあげてきちゃうんですよね(・_・、)

もう手紙っていうアイテムそのものが、ドキッとさせる、胸に響くものだと
思ってるので、こういうのは
条件反射で涙が出ちゃうんじゃないかと。

肉親の死から立ち直る親子の物語。
ベタでよくある話の中に妖怪が登場するだけで
こんなにもふわっとファンタジックで
楽しい雰囲気になるんだなぁ。
よくできた作品だと思います。

面白かったですよ~(^_^)v


ポチッとよろしくですぅ
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
ブログランキングならblogram



映画『ももへの手紙』 - シネマトゥデイ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

これ、試写会のご招待いただいてたのにいけなかったんですよね。
そうか、やっぱ行きたかったなぁ。
機会があったらみようかと思います。

玉坂めぐるさん

えっ!?試写会当たってたのに残念でしたね~

派手じゃないかもしれないけど、
丁寧に作られてる良い作品だと思いますよ( ´ ▽ ` )ノ
じんわりきます。

この映画にのっかって、広島県観光パンフとか作ってましたよ~。
あと「もも旅」っていうアプリも作ってたような気がする。
落とそうかどうしようか悩んだんだよね(;´∀`)
良い作品みたいで、ちょっとホッとしました(笑)

あけぼうさん

ああ、わかるわ~観光用になるなる♪
だって、瀬戸内の景色の映像がめっちゃ美しいんですもん!
フェリーで島巡りなんぞしたくなったりして(#^.^#)
で、イメージが悪くなるような要素まったくないので、
自治体も協力したくなると思うわ~

トラックバック

ももへの手紙

公式サイト。沖浦啓之監督、(声)美山加恋、優香、西田敏行、山寺宏一。広島県三原市から愛媛県今治市の間にある瀬戸内海には無数の島々が大船団のようにひしめいている。ある島の ...

「ももへの手紙」感想

 「人狼 JIN-ROH」のProduction I.G製作、沖浦啓之監督、脚本、原案。  父の死をきっかけに、母親とともに瀬戸内海へと引っ越してきた少女・ももが、そこで出逢った妖怪達との交流を経て成長していく姿を描くハートフルファンタジーアニメ。  昨年、一昨...

『ももへの手紙』・・・父の想いと父への想い

興味はあったものの劇場鑑賞は躊躇していた本作を結局初日鑑賞。その感想を一言で表すならずばり、「観てよかった!」である。

試写会「ももへの手紙」

大切な想いを、伝えたい… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204120003/ 劇場アニメーション ももへの手紙 オリジナルサウンドトラック サントラ flying DOG 2012-04-25 売り上げランキング : 77332

『ももへの手紙』

こうなったらヤケクソでござる!の見守り組がいいんだなぁ~。 あの大傑作『人狼 JIN-ROU』以来となる沖浦啓之監督の最新作は、まさにProductionI.G.版『となりのトトロ』なんですけど、 ...

ももへの手紙

試写会で観ました。 【予告orチラシの印象】田舎になじめない子が夏休みに不思議体

ももへの手紙

父を亡くした母と娘が瀬戸内海の島へと移り住む。そこで少女は不思議な妖怪3人組と出逢うのだった…。『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督が7年の歳月をかけて完成させた長編アニメーション。作画監督に『千と千尋の神隠し』の安藤雅司、作画を『AKIRA』の井上俊之や『猫の?...

『ももへの手紙』 2012年4月5日 よみうりホール

『ももへの手紙』 を試写会で鑑賞しました。 いや~被った、、、何と? 『ステキな金縛り』と 西田敏行を幽霊で使うなよ 【ストーリー】  父親を亡くしたももは、11歳の夏に母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来る。彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれ?...

『ももへの手紙』| 派手さはないけれど、ていねいに作られた良品でした。

(ネタバレあります!) 観終わったとき、温かな感動がこみあげてきました。 瀬戸内海の小島に、母親(優香)と共に移り住んできた少女もも(美山加恋)と、 島の人たちとの交流 ...

ももへの手紙・・・・・評価額1650円

天から届いた、愛おしき想い。 「ももへの手紙」は、「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之監督が、長年の構想を実らせたノスタルジックな和風ファンタジー。 瀬戸内の美しい風景の中、父を亡くした少女が、一夏の不...

ももへの手紙

父を事故で亡くした小学6年のももは、母いく子と二人で東京から瀬戸内海・汐島へ引っ越してきた。 慣れない古い一軒家で留守番をしていると、冷蔵庫の中のプリンが食べられていたり、ももの名前をつぶやく声がしたりと不思議なことが起こり始める! その正体はイワ、カ?...

『ももへの手紙』 (2011) / 日本

監督: 沖浦啓之 出演(声): 美山加恋 、優香 、西田敏行 、山寺宏一 、チョー 試写会場: 角川映画試写室 公式サイトはこちら。 映画レビューサイト・cocoさんのご招待で行ってきました。 当日はピンクのものを身に着けると特典があるということでピンクの...

映画「ももへの手紙」感想

映画「ももへの手紙」観に行ってきました。沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させた、120分長編アニメーション作品。今作は本来、2012年4月21日に劇場公開される...

空へ~『ももへの手紙』

 父を亡くした小学6年生のもも(美山加恋)は、母(優香)と二人で瀬戸内の小島 「汐島」 へと越してきた。  「ももへ」 とだけ書かれた父からの手紙。仲違いしたまま亡くなった父を思うもも、 亡...

ももへの手紙

最初、興味がなかった作品ですが、 私が好きな押井守氏の作品が多い、 プロダクションI.Gの作品だということで興味を持ちました。 試写会で観ました。 父親を亡くした11歳の宮浦ももは、 母いく子と瀬戸内の汐島にやってきた。 ひどい言葉を吐いて、 それが父親?...

ももへの手紙/美山加恋、優香

『人狼 JIN-ROH』で世界の注目を集めたという沖浦啓之監督が7年の製作期間をかけて完成させたおよそ12年ぶりになる劇場用長編第2作です。父を亡くし母と二人で東京から瀬戸内の小さな ...

ももへの手紙

母と瀬戸内海の小島に引っ越してきた少女が島で出会った三人の妖怪たちと交流して、死に別れた父とのわだかまりを捨て去り母との信頼関係を再構築する物語だ。瀬戸内の自然を背景に不思議な妖怪との心温まる交流が繰り広げられるのだが、謎の部分が簡単に説明されて物語に緩

ももへの手紙       評価★★★65点

父から遺された一通の手紙を胸に、瀬戸内海の島へと移り住んだ少女の不思議な日々を描くアニメーション。監督は「人狼 JIN-ROH」の沖浦啓之。声の出演は「いま、会いにゆきます」の美山加恋、「女たちは二度遊ぶ」の優香、「はやぶさ HAYABUSA」の西田敏行、「マジック...

ももへの手紙

恥ずかしながら、初めて瀬戸内海の風景をリアルで見たのは社会人になってからです。ゆっくりと着陸しようとする飛行機の窓から見れば、午後の柔らかい日差しが島々を照らし、思わず...

ももへの手紙

「ももへ」とだけ書かれ遺された父からの手紙。その真意はついにわからずじまいだった小学6年生のももは、瀬戸内海の田舎へと越してくる。ももは田舎に来た事を不満に思っていて、...

ももへの手紙

ちょっと地味だけど、背景となった瀬戸内の風景が美しい、とても丁寧に描かれた佳作アニメーションでした。強いていえば、ちょっと「となりのトトロ」と「千と千尋の神隠し」を混ぜたようなオハナシだなぁ、と感じましたが、もののけ、というか妖怪達が、食いしん坊で、結構・悪さもする、お茶目なところが、面白かったです。でも、彼等との友情のおかげ。ヒロイン・もも(本当に小学校高学年らしい雰囲気が出た体型や仕草で...

ももへの手紙 TBS(3/22)

あらすじ心ない言葉をぶつけ、仲直りしないまま父を事故で亡くした小学6年生のもも。父が遺した手紙には“ももへ”とだけ書かれていた。「ほんとうはなんて書きたかったの?」ももはその想いを抱えたまま、母・いく子と瀬戸内の小さな島「汐島」に移り住む。 東京と違う生活に慣れず戸惑う中で、ももはある日不思議な妖怪に出会う。イワ、カワ、マメ…“見守り組”の彼らは、食いしん坊でわがまま、でも愛嬌たっぷり。そし...