FC2ブログ

映画『ヒミズ』 観てきた~~

himiz1_1.jpg

昨日、映画の日でしたから、待ってたこの映画を観てきました。
『愛のむきだし』で園子温監督作品も予習しておきましたから。
ですが、原作のコミックは未読。


泥だらけ・・・

暴力がいっぱい


なんだろ。
もともと得意分野じゃない映画ですけど、
この画面いっぱいの負のパワーに、圧倒されました。

主役の2人の演技力には参りましたよ。
おかげでまったく眠くならないし、
スクリーンから目が離せなかったです。

普通でいられたらと願う中学3年の住田くん。
彼に恋してるちょっとイタい同級生の茶沢さん。

2人に共通してるのは、
両親がクズで、愛されてないこと。

『愛のむきだし』も愛が足りない若者たちでしたけど、
あの作品はヘビーな内容を笑いも含めてポップに見せるところも
あったりして、暗さを感じなかったのでした。

でもこの作品での親からの暴力はんぱない。
理由もなくあれだけ痛めつけることがどうしてできるのか。
そして死ねばいいと思ってるとか平気で言う。
死んでくれたら保険金が入るから。
って、絶対あんな親は保険料なんか払えなくて保険かけてないと思うけど(^_^;)
中学生の子どもの金を狙う親。
現実にもそんなクズな親はいるんだろうけれども、
もうそんな親がいるってだけで、
もう普通の日常を過ごすことが難しいよね、たしかに。
彼らの家族(家族とは呼べないような)には怒りしかわいてこない(`へ´)フンッ。

そして、ある日、まったくそんなささやかなすら、
諦めてどん底に落ちてしまう事件が。
夢も希望も失って、
どんどん壊れていってしまう住田くんを
なんとか励ましたい茶沢さん。けなげ。
住田くんの貸しボート屋の周りに住んでる東日本大震災の被災して
難民となってる人たちも
住田くんが自殺してしまわないように心配して
集まってくるのだ。

うっとうしいくらいの茶沢さんの愛情が伝わりかけた時、
壊れかけた住田くんにもやっと理性が戻ってくる。

ラストシーンで一生懸命走って応援する茶沢さんと住田くんの姿に
かけらのような希望が見えてウルッとしました。

ストーリーそのものよりも、
その空気感とか
染谷将太さんと二階堂ふみさんの熱演で
どどーんと胸に響きました。


ポチッとよろしく~
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン





映画『ヒミズ』 - シネマトゥデイ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

にゃるほど…
misachiさんの記事がすごく分かりやすくて
イメージがよく伝わりました。

ギリギリな状況がメインの映画ってたくさんありますし
それが「芸術」だと思ってるような中身のないものも多いですが
真摯な姿勢の役者さんが、見る側を引っ張ってくれる映画っていいなぁと思いました(^^

のりさん

わかりやすいって言ってもらえるなんて嬉しいです\(^O^)/

私、長く書くの苦手なので端折りすぎだな~って思ってるんで(^_^;)

ヴェネチア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞したのも
納得できるパワフルな演技でしたよ、2人とも(*^_^*)

内容はどっちかというと好きじゃないのに、
役者の演技に圧倒されてしまって、結果的に良かったと思えちゃう(^◇^;)

TB ありがとうございます。

たしかに パワーや力を感じる作品でしたね
私的にはどうも共感ができずらかったですが・・・

リバーさん

こちらこそいつもありがとうございます(*^^*)

私も圧倒されはしましたが、
共感はできなかったですね。
わかる~って思うところがないんですよね(^_^;)

トラックバック

ヒミズ/染谷将太、二階堂ふみ

公開を目前に控えて園子温作品のTVスポットが深夜帯でもない時間にたくさん目にしましたけど、これまでのことを考えたら劇的な変化ですよね。公開規模もこれまでの園子温作品では ...

ヒミズ

公式サイト。古谷実原作、園子温監督。染谷将太、二階堂ふみ、吹越満、でんでん、渡辺哲、 諏訪太朗、川屋せっちん、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、モト冬樹、堀部圭亮、黒沢あす ...

ヒミズ

「生きろ」と、君が言った。 製作年度 2011年 上映時間 129分 映倫 PG12 原作 古谷実 脚本/監督 園子温 音楽 原田智英 出演 染谷将太/二階堂ふみ/渡辺哲/光石研/吹越満/渡辺真起子/神楽坂恵/でんでん/村上淳/窪塚洋介 15歳の孤独な少年、住田祐一の夢は、誰にも迷惑...

俺にはわかる~『ヒミズ』

 15歳、中学三年生の住田(染谷将太)は、震災で家を失った大人たちが集う、 湖の畔の貸しボート屋で暮らしていた。住田のクラスメイト・茶沢(二階堂ふみ) は、「普通最高!」と叫ぶ住田を神格化し、憧...

ヒミズ・・・・・評価額1750円

これが、ポスト3.11のリアル。 「ヒミズ」は、昨年「冷たい熱帯魚」「恋の罪」という、人間のダークサイドを描いたパワフルな2作品で気を吐いた、園子温監督による最新作。 原作は古谷実の同名漫画で、今...

「ヒミズ」絶望の中でそれぞれ望んだ希望と未来を見つけた2人の支柱

「ヒミズ」は古谷実原作の「ヒミズ」を映画化し第68回ヴェネツィア国際映画祭にて出演した染谷将太さんと二階堂ふみさんが新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した ...

ヒミズ

『愛のむきだし』、『冷たい熱帯魚』、『恋の罪』と問題作を世に送り出している鬼才・園子温監督が古谷実原作の人気漫画を映画化。初の原作ものを送り出してきた。主演は『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の染谷将太と『指輪をはめたい』の二階堂ふみ。2人はベネチア...

ヒミズ

 『ヒミズ』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)本作は、昨年、『冷たい熱帯魚』と『恋の罪』で鮮烈な印象を残した園子温監督の作品ですから、やはり大いなる期待を持って映画館に出向きました。  園監督は、このところ随分と短いインターバルで衝撃作を次々に公開...

ヒミズ

ヒミズ12月26日@一ツ橋ホール いつもより男性の姿が多い。

身内の暴力と他人の優しさ。『ヒミズ』

第68回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で主演の染谷将太と二階堂ふみがマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)を受賞した作品。不幸な家庭環境に置かれた中学3年生の男子生徒と彼を取り巻く人たちの物語です。

『ヒミズ』

□作品オフィシャルサイト 「ヒミズ」□監督・脚本 園 子温 □原作 古谷 実□キャスト 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺 哲、吹越満、神楽坂恵、光石 研、       渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上 淳鑑賞日 1月14日(土 )■劇場 TOHOシネマズ川崎■c...

初の園子温作品!

20日のことですが、映画「ヒミズ」を鑑賞しました。 普通に生きることが夢の中学3年生の祐一 彼のことが好きな同じクラスの景子 この2人に起きる事件・・・ うーん 強烈! パンチの効いた作品といいますか ストーリー展開はどこにいくか わからなく 最後まで見れまし...

ヒミズ

住田がんばれ!!!  

『ヒミズ』

恐るべき園子温監督の世界で恐るべき輝きを放つ染谷将太と二階堂ふみ。 トコトン絶望的だと言われている古谷実先生の原作を東日本大震災と絡めることで、絶望・暴力・でんでん親 ...

ヒミズ2011/12/26試写会(2012-004)

12/26 ヒミズ試写 一ツ橋ホール 古谷実による漫画で商業誌連載第四弾目の作品である。 今までのギャグマンガ路線から一線を画した作品で、人間のより暗い部分を見せる作品に仕上がっている。 全4巻。 2...

ヒミズ

試写会で見ました。【予告orパンフの印象】暗い感じ。中学生の思春期で思うようにな

映画「ヒミズ」

映画「ヒミズ」を鑑賞しました。

ヒミズ

普通。日常。軽口のバラード。

『ヒミズ』

----この映画、観る前からかなり期待していた映画だよね。 「うん。でも最初は違ったんだ。 このニュースに触れたのは まだ、園子音監督の前作『恋の罪』が 東電OL殺人事件をモチーフにしたと話題になっていた頃。 いまじゃや、“東電”のトの字も出ないけどね。 ところが...

ヒミズ

2012年2月6日(月) 21:05~ ヒューマントラストシネマ有楽町2 料金:1000円(Club-C会員料金) パンフレット:未確認 『ヒミズ』公式サイト 園子温の新作は、稲中の漫画家の作品が原作。稲中もこれも読んだことはないが、稲中がギャグ漫画であるが、これはシリア?...

ヒミズ ひみつやないよ、ヒミズだよ。もぐらのことなんだって。

【=4 -0-】 特に注目していなかったけど友人からのお奨めだったし、主人公の2人がヴェネチア国際映画祭では最優秀新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞のW受賞したというのも話題だったので、観ようかなと思いだした。 今日、東京に中途半端な時間に到着して...

ヒミズ

「冷たい熱帯魚」の園子温監督が漫画家・古谷実(『行け!稲中卓球部』)の問題作を映画化。家庭環境に恵まれない少年と愛に飢えた少女、2人の中学生の青春を切れ味鋭い独自のタッ ...

ヒミズ 【映画】

染谷将太くん 彼の演技がみたくて観に行った作品 原作と大きく変わっている点は2点 ・ラスト ・311の震災を絡めている その他にも主人公の親が残した借金を肩代わりする人間が 同級生男子から被災者...

ヒミズ(映画)

★★★★“絶望に追い込まれながらも生きようとするパワーそして映画のパワーにやられました”映画は、震災で被災しがれきだらけとなった街で住田が洗濯機の中から見つけたピストルを使って自殺する夢の場面から始まります。ゴミ処理場なのかなと思ったら実際に被災した場...

【ヒミズ】「病気」を自覚する園子温監督作品

ヒミズ 監督: 園子温    出演: 染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満、神楽坂恵、光石研、渡辺真起子、黒沢あすか、でんでん、村上淳、窪塚洋介、吉高由里子、西島隆弘、鈴木杏 公開: 2012年...

映画:ヒミズ

 かなり暗いとは知ってはいたが…。と言うわけで、ヒミズを見てきました。

ヒミズ

古谷実さんの同名コミックを実写映画化。原作は未読ですがかなり暗い内容らしい。当然かなり暗い映画だとは知っていましたが、評判良さそうなので借りてみました、園子温監督ですし...

「ヒミズ」 現代社会の闇(#`Д´)

ついに来ましたこの映画[E:sign03] 舞台背景を東日本大震災後に設定して映

ヒミズ (2011)

知りませんでした。原作は、コミック。ギャグ漫画の傑作。「行け!稲中卓球部」で人気を博した古谷実が、ギャグを封印して若者の心の暗部を浮き彫りに。チャレンジ作品、だったのですね。でも、天才は、何を描いても凄いだなぁ…。ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を...