FC2ブログ

NHK土曜ドラマ『とんび』前編

吸収力抜群のタオルハンカチがびしょびしょになってしまいました(・_・、)
男親と息子の話に泣かされてばっかりだ。

高度成長期の広島で運送会社で働くヤスに赤ん坊が生まれた。
妻・美佐子と共に幸せな生活を送っていたが、
ある日、美佐子は息子・アキラをかばって事故死してしまう。
実父に捨てられ、父親を知らずに育ったヤスは、
不器用ながらも周りの友人や幼なじみや職場の仲間たちに助けられ、
アキラを愛情いっぱいに育てる。


雰囲気は3丁目的な感じで懐かしい。
といっても、オート三輪なんて知らないんですけどね(^_^;)

重松清さんの原作を書店でなんども買おうとしたんだけど、
これはTVドラマを楽しんでからにしようかな~と思ってたんですよね。
正解だったかも♪
俳優さんたちの熱演もあって、すっごい入り込めました。

セリフになっていない登場人物の感情表現がそれぞれ素晴らしくて、
となりに家族がいなければこらえきれず嗚咽をもらしていました。

父親として息子にどうしてやればよいのか悩みながら成長するヤス。
それを見守る和尚や幼なじみのたえ子、などなど周りの温かい人たち。
父や周りの温かい人たちに囲まれ真っ直ぐに育つアキラ。

ところどころでいっぱい泣いちゃった私ですが、
やっぱ今回一番の泣きポイントは
たえ子の店・夕なぎに生き別れになった娘が結婚の報告に来たところ。
お互いに名乗らなかったけど、常連客もたえ子も娘だと気づき、
ぎこちない空気ではあったけれど、帰る間際、
お祝いの言葉で送り出すたえ子にぐぐっと胸が熱くなりました(ノ。<。))))...

みなさん熱演です。
前・後編なので来週完結ですけど、
NHK土曜ドラマはわりと再放送されること多いですから、
見逃しちゃった方はぜひ、再放送をご覧あれ~~!

主演のヤス・堤真一さん
たえ子・小泉今日子さん
美佐子・西田尚美さん
なまぐさ坊主・古田新太さん
和尚・神山繁さん
萩本課長・徳井優さん
葛原・塚地武雅さん
たえ子の娘・岡本あずさ

たえ子の娘って最近見たことあるぞって思ったら、ヨシヒコの妹ですね~~(^^)

来週はもっとアキラが勉強頑張って成長した姿が見られそうですね。

応援ポチよろしくお願いしま~す(^^)

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

マジっすか。これ録画してるんですよ。
わー・・・心して見ないと絶対号泣だわ・・・
misachiさんの説明読んだだけでかなりきてますもん・・・
やばいやばい・・・

あけぼうさん

マジですよん(*^◯^*)めちゃめちゃいいです!

ハンカチ準備しておいて下さいね。

良かったですよねー

けいたも見ましたよ~
ウチのママが堤真一さんのファンなので
うるうる・・・でした
お先に原作は昨年末に読みました
原作もすごーく感動しました!
ということで年始に『ビタミンF』 これから『流星ワゴン』と1月は重松清重点月間です!

keitaさん

ほんっと期待を裏切らない丁寧な作り方で
ぐいぐい引きこまれました(*^_^*)

原作も読まなくっちゃね~o(^-^)o ワクワク

重松作品は私も好きですよ♪
作品の数が多くて、なかなか読み切れませんけど(^_^;)

これって時代がもろ被っている!
ヤスが歌っていた曲、一緒に歌いながら見ていましたよw

ヨシヒコ? ああっ! 勇者ねw

きぼう丸さん

ヤスはオート三輪の運転中に歌うのがくせなんだよねw
あの歌、時の流れがわかりやすいよね。
私も、懐かしいって思っちゃった(^∇^)

トラックバック

とんび TOP

『とんび』は、重松清による日本の小説、及びそれを原作とした2012年放送予定のテレビドラマ。2003年10月から2004年7月にかけて『中日新聞』と『東京新聞』『北陸中日新聞』(いずれも中日新聞社発行)及び『北海道新聞』『西日本新聞』『神戸新聞』などにて連載されていた…