FC2ブログ

それでも、生きてゆく  #3

そ、そんなデリケートな部分の話までしちゃうんですね(O_O)!!
でも、実際にそんなもんなのかも。
お母さんだから、って・・・・・
わかるような気もします。私も娘がいる母なので。
ですが、
15年たっても、そこにこだわっているというところが、
リアルなのか、
やりすぎなのか。

当時7歳の娘が、殺される直前に何かされたのか、
そうでなかったのか。
検死を行った際の調書を手に入れることができて、
洋貴の母・響子の15年分の胸のつかえがとれて、
ホッとしました。

それに、あらためて、自分を責め続けている洋貴が取り乱して、
母に謝るシーン。
感情が前面に押し出されていく様子は見ていて苦しくなりましたが、
15年分の2人の間によどんでいたわだかまりがとけていき、
ほんの少し、前に進めたのだと感じました。
このシーンで泣いちゃいました(/_;)

これで、お母さんの嫌がらせは終わるのでしょうね。

そして三崎文哉のいる果樹園に、
彼の本当の名前を知る謎の女が、新たに新人としてやってきた。


暗めでどんよりしちゃうけど、
演技派の俳優さん達の熱演と
美しい風景、心地よいメロディーに惹きつけられて
見ていますけれど、
ストーリーも
どこへ着地するのか見届けたいですね。


ポチッとよろしくです♪

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ゴリラ仲間

調書をとおしての洋貴と母のやりとりは。。おいらもぐっときました
わからないことから不安をかきたてていた要素がひとう消えたのはよかった。。。
でも、それによってさらに知りたくなる思いから知らないほうがよかったことが次から次へと。。。っていうところでハラハラしています。。。

果樹園の新人さんなにものでしょうか。。。事件に関係あり、しかも嫌な方向へもっていく人っぽくて怖いぃぃぃ><

たけちゃん

あの新人怖いよねー(ーー;)
何を目的に近づいてきたんだろ……
ゆっくりとしたテンポのドラマだと思っていたのに、
意外にもハラハラさせますよね(^_^;)

いや~大竹しのぶは上手いな~って
また関心しちゃいました。

きぼう丸さん

ホントにそう思いますよ(^_^)
大竹しのぶって、デビュー間もない若い頃から
どんな役であっても、渾身の演技を見せてくれますよね。
素晴らしい女優さんです☆

トラックバック

それでも、生きてゆく 第3話「お母さんだから…」

 第3話「お母さんだから…」 JUGEMテーマ:エンターテイメント

それでも、生きてゆく #03

『お母さんだから…』

それでも、生きてゆく 第3話 お母さんだから…

『お母さんだから…』 内容 祭の場にやって来た洋貴(瑛太)と双葉(満島ひかり) そこで母・響子(大竹しのぶ)と弟・耕平(田中圭)の嫁・由佳(村川絵梨)と 出会ってしまう。 洋貴は、母の動揺を恐れ、双葉のことは告げなかった。 「あの人僕のこと許していない」 と...

それでも、生きてゆく 第3話 お母さんだから…

『お母さんだから…』 内容 祭の場にやって来た洋貴(瑛太)と双葉(満島ひかり) そこで母・響子(大竹しのぶ)と弟・耕平(田中圭)の嫁・由佳(村川絵梨)と 出会ってしまう。 洋貴は、母の動揺を恐...

「それでも、生きてゆく」第三話 大竹しのぶさんの真骨頂

深い悲しみと恐怖、ねじれた心を絞り出すような、大竹しのぶさんの演技が圧巻です。 ドラマ自体はどうにも辛すぎるので、大竹さん、瑛太さん、満島ひかりさんの演技を味わおうと。 しかしやはり、そこは...

それでも、生きてゆく 第3話:お母さんだから…

不気味…{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~ あの新しく農場にやってきた女って何者? 文哉の名前を知ってるって事は、文哉が過去に仕出かした事も知ってるんですよね。 しかも、「あたしは貴方の事を知ってるのよ」という事実を遠回しに伝えるのが 不気味だわー。?...

それでも、生きてゆく 第3話~質素な装いの”満島ひかり”が眩しい

それでも、生きてゆく 第3話 「久々に面白い”月9”」「新垣結衣ちゃん、めちゃ可愛い」などという声が上がってる『全開ガール』の面白さがいまひとつ分からないのですが、今回の『それでも、生きてゆく』を見ていたら、満島ひかりが素敵で、「新垣結衣ちゃん、めちゃ...

ドラマ「それでも、生きてゆく」第3話感想...

母親との遭遇------------。偶然の再会に驚きを隠せない洋貴。その場はなんとか誤魔化したけど、なんだかぎこちない空気が流れる。それでもドロだらけな双葉にストールをかけてやる響子...

ドラマ「それでも、生きてゆく」 第3話 感想「お母さんだから…」

母親との遭遇------------。 偶然の再会に驚きを隠せない洋貴。 その場はなんとか誤魔化したけど、なんだかぎこちない空気が流れる。 それでもドロだらけな双葉にストールをかけてやる響子。 そんなことしないでいい。 そういいたそうな洋貴だけど・・・母は何も...

それでも、生きてゆく【第3回】フジ木10

お母さんだから…  「あのね、お母さん、ゴリラの血液型って、み~~~~~んなB型なんだよ。カンガルーの袋の中は、赤ちゃんのうんちの臭いで、すごい臭いんだって。亜季、カンガルーのおうちの子供じゃなくてよかったよ。あとね、シンデレラの本名はエラなの。あとね?...

「それでも、生きてゆく」第3話感想

 深見洋貴(瑛太)は遠山双葉(満島ひかり)といる所を母、野本響子(大竹しのぶ)と出くわす。

それでも、生きていく~彼らが過去から解放される日は来るのか?

 「どうして短いスカートを履かせちゃったんだろう」  第3話での響子(大竹しのぶ)のせりふ。  響子は15年間、ずっとこの言葉を問い続けて自分を責めてきたんですね。  言葉を換えれば、過去に縛られてきた。  そして、この作品の登場人物たちは皆、過去に縛られ...

それでも、生きてゆく 第3話

「お母さんだから…」 祭りの夜、深見洋貴(瑛太)と遠山(三崎)双葉(満島ひかり)は、野本(深見)響子(大竹しのぶ)、日垣由佳(村川絵梨)と出くわしてしまう。ずぶぬれの双葉を心配して響子は自分のカーディガンを貸す。洋貴は双葉に響子を母だと紹介。しかし、響…

【それでも、生きてゆく】第3話

「どうして短いスカート買ってくれないの?」って亜季に聞かれるたんびに いつも私ね、「膝小僧さん守るためよ」って。 転んでも擦りむかないでしょって。 だから、亜季の膝、いっつも奇麗だったの。 こ...