FC2ブログ

映画『プリンセス トヨトミ』

プリトヨ2
↑この画像がね、原作の表紙とそっくりで、原作が好きなんだな~と、愛情感じます(^^)

ちなみに原作本はこちら↓そして記事も書いてます
プリンセス・トヨトミ (文春文庫)プリンセス・トヨトミ (文春文庫)
(2011/04/08)
万城目 学

商品詳細を見る



原作の内容をすべて映画にストレートに表現できるかっていうと難しいと思う。
だから、映画は映画で楽しもう!と思って観に行ったつもり。

なのに、やはり、原作で私が面白いと思っていた部分、
小さなエピソードがいくつも、
スルーされてたなぁ。
登場人物もだいぶ削られてたし。
などと気になるところ満載(^_^;)

まず、旭ゲーンズブールを男にしたんだから、
それなりに良い雰囲気持っててくれないと、
原作のインパクトのあるキャラに太刀打ちできんのですね。
強烈なクールビューティでいて、ラストにジャージの上下で大阪弁で
しゃべる姿を見せる旭は、やっぱり美女でキャスティングしてほしかったなぁ。
彼のバックグラウンドみたいなものもあまり語られなかったし、
ことを起こした理由もよくわからなかった。


ミラクル鳥居も綾瀬はるかは可愛いんですけど、
これもかなり強烈なブ男のはずなんですね。
で、役回りがよくない感じ(^_^;)
なんで茶子とホテルに隠れてるのか、曖昧。
綾瀬はるかさんは、ここのところどの役を見てもホタルに見えてしまう。
もっと、違うタイプの役で見たいかも。
その昔ドラマ『白夜行』で見た時は最近とは全然違うあやしい役だったなぁ

私が気に入っていた謎解きっぽく、建築様式や建築家(辰野金吾)について
調べていたところも、まったく出てこなかった。残念。
こまかい調査はミラクル鳥居が頑張ってたんですけどね。原作では。
それに国会議事堂を模した建築物もそれらしさがあまり伝わってこなかった。

中学生の友人関係なんかも出てこなくて、島くんも登場しない。


と、文句ばかり並べてみたけれど、もちろん良かったところもあります!

とにかく大阪国総理大臣の真田幸一(中井貴一)と鬼の松平(堤真一)の
対決するところは良かった。

真田の父から子へ伝える話はじーんとさせる大事なクライマックスです。
中井貴一さんの圧倒的な説得力というか、その漂わす父的な包容力は
素晴らしくて、うるうるしちゃいます。

ま、そこだけですかね。

エピソードよりも、大阪国の国民が集まるシーンとかひょうたんとか
赤々とした大阪城とか、
そんなありえない雰囲気を思い切り前面に出したかったんでしょうかね。
そこがエンターテイメントだといわんばかりに。
でも、それじゃもの足りない感じ。


実際に、5億もの補助金をどういう目的で使っているのかも解明されないまま
そんなん目をつぶっていいのかなぁ。
原作では細かいエピソードとともに、いざ印が出たときの伝達方法を
常に管理するための費用ってことになってるんですけどもね。
ひょうたんだけでしたね(^_^;)

茶子役の沢木ルカは目ヂカラのある女優さんですね。
今後が楽しみです。


総合すると私の評価は・・・いつも☆とかつけてないんで(^_^;)
  

  まあまあ

ばらけた感想ですみませんf(^ー^;
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン


映画『プリンセス トヨトミ』 - シネマトゥデイ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

マジでぇ~(;´Д`)
かなり楽しみにしてたんだけども、そんなかんじでしたかぁ。
せっかくの映画化、もうちょっとなんとかならんかったんか・・・。
キャストもそろってるし、大阪市もかなり協力したっぽいですし
かなり期待していたんですけど、期待が膨らみ過ぎてたのかな?
しかし、中井貴一さんのくだりが素晴らしかったというところが、
救いですかね~。原作もそこが一番のうるうるポイントですものね。
奇想天外な話だけに、見る人を納得させるだけの筋立てはきちんとしてほしかったな~。

あけぼうさん

そうねん。ラストなんて安っぽいドラマみたいなまとめ方しちゃって。

あ、でも見て損したとか、そんなひどい話じゃないよ。
原作を読んでない方は面白かったみたいですね。
今回は、観た後に読むのが良かったかな、って。

ですよね~

私も物足りなさを感じました。ってか、原作を知らないので、もしかしたら原作読めば好きになるのかな…。ただ観た感じでは(ふーん、そうか…。)って感想でした。

スーさん

ども(^^)いらっしゃいませ~

原作はもうちょっと、旭の行動についても、中学生の行動についても
詳しく書かれてたし、ストンっと落ち着くモノがあるんですけどね。

中井貴一さんと堤真一さんの演技力に頼ってたような気がします。

同意!

見どころは二人の対決、だけって感じでしたね。
小説と映画の視点が違ったからしかたないのかなぁ。
もっと笑えるかと思ったんですけど(^^ゞ
どうせなら、今の政治のあり方も突っ込んで欲しかったかも。

コメント、ありがとうございましたm(__)m

じゅずじさん

そうなんですよ!
もっと笑えるかと思ってました。
笑える雰囲気が足りなくって、残念な気持ちに
なってしまったんですね^^;

また、よろしくです(^O^)/

こんにちは。
拙ブログにTBありがとうございます。
ツッコミどころ多すぎでしかし、またそれで盛り上がりますね。
旭はよく分からなかったですね。
私は、途中から旭はもっと何かを起こすんじゃないかと期待しました…が、なんか拍子抜けしました。
旭の他に若い大阪の男達が出て来ないのは不自然で残念です(笑)

この映画を観て映画ロケ地で盛り上がり続ける関西圏に嫉妬!(>ω< )∩


ではでは
失礼致したします。

愛知女子さん

コメントありがとうございます(^^)
そうですね、旭の活躍は足りなかったですよね(⌒-⌒; )

綾瀬はるかの揺れてる胸に喜んでる男性が多いようですけど、
女子にはたいして楽しい場面ってこともないし(^^;;

愛知って、ロケで使われたりしてないんですか?

トラックバック

『プリンセス トヨトミ』 その仕事の費用対効果は?

 世の中には、その実態があまり知られていない職業、あるいは誤解されている職業が少なくない。会計検査院の仕事も、そんな一つかもしれない。  『プリンセス トヨトミ』のように会計検査院の調査官が主...

プリンセス トヨトミ

試写会で観ました。大阪城 西の丸庭園で初(映画上映)だそうです。私、屋外って初め

プリンセス トヨトミ

「鴨川ホルモー」で知られる人気作家・万城目学の同名小説を映画化。会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語だ。メインキャストの3人を堤真一、綾瀬はるか、岡田将生が務め...

プリンセス トヨトミ/堤真一、綾瀬はるか、岡田将生

人気作家・万城目学さんの同名小説を原作に『HERO』の鈴木雅之監督が映画化した歴史ミステリーです。伊坂幸太郎さんの小説と一緒で万城目学さんの作品もまだ一度も読んだことがない ...

プリンセス トヨトミ

大阪国八百長説 公式サイト。万城目学原作、鈴木雅之監督、堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一、笹野高史、江守徹、菊池桃子、平田満、玉 ...

プリンセス・トヨトミ

面白味が伝わらん・・・。

プリンセストヨトミ

2011/05/28公開 日本 119分監督:鈴木雅之出演:堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見、中井貴一 大阪全停止。その鍵を握るのは、トヨトミの末裔だった。 会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子、旭ゲーンズブールの3人が、府...

『プリンセス トヨトミ』

人情の街・大阪。歴史と着倒れの街・京都や海港と履き倒れの街・神戸とは違い、形がないものや残らないものを大切にする食い倒れの街・大阪。 そんな大阪に桂三度さんが大統領の ...

「プリンセストヨトミ」感想

 万城目学原作の長編小説を映画化。実地調査のために大阪を訪れた会計検査院の3人は、歴史の闇に隠された、重大な秘密を目の当たりにする。    アイディアは面白い。「なるほど」と唸る部分も多々ある。特に終盤の展開は、男として思わずグッと来たりもした。しか...

プリンセス トヨトミ

万城目学原作の長編小説の映画化。『その日大阪が全停止した。』がキャッチコピー。3.11以降の実際の日本で、いま大阪が全停止されると非常に困ってしまうわけですが、そういう意味でも興味を引かれてしまったのと、中井貴一が真田幸一を演じるに際して、大阪府知事の...

映画:「プリンセス・トヨトミ」♪。

平成23年6月1日(水)。 映画:「プリンセス・トヨトミ」。 【監  督】 鈴木雅之 【原  作】 万城目学 【キャスト】堤真一 (松平元)・綾瀬はるか (鳥居忠子)・岡田将生 (旭ゲーンズブール)       沢木ルカ (橋場茶子)・森永悠希 (真田大輔…

プリンセス トヨトミ(2011-035)

万城目学の同名小説を映画化。 会計検査院による調査で大阪人が400年もの間守ってきた秘密が明らかになり、 大阪中を巻き込んだ大騒動が巻き起こるという歴史SF物語。 予告観ただけで楽しみにしてい...

≪プリンセス トヨトミ≫

   ・・・・・そうだ、                       大 阪 行 こ う 。    

「プリンセス トヨトミ」大阪の秘密を知った先にみた大阪の人々の想いと末裔を守る使命

「プリンセス トヨトミ」は万城目学の長編作品プリンセストヨトミを映画化した作品で、会計検査院の調査官3人が調査のために大阪の財団法人の実地検査を実施するが、そこで大阪に ...

映画『プリンセス トヨトミ』

 好きな作家のひとり、万城目学さんの同名原作の映画化ということで初日に鑑賞。地元大阪が舞台とあってか、TOHOシネマズ梅田のシアター1は、ほぼ満員でした。 Story 7月8日金曜日、午後4時 - 大阪全停止。遡ること4日前の月曜日。東京から大阪に3人の会計検査院調査官…

映画「プリンセス トヨトミ」荒唐無稽でもワクワクするものが無い

「プリンセス トヨトミ」★★★ 堤真一、綾瀬はるか、岡田将生 中井貴一、沢木ルカ出演 鈴木雅之監督、 119分 、2011年5月28日, 2011,日本,東宝 (原作:原題:プリンセス トヨトミ/万城目学)                     →  ★映画のブログ★  ...

大阪国国民、蜂起せよ~『プリンセス・トヨトミ』

 会計検査院の調査官、松平(堤真一)、鳥居(綾瀬はるか)、旭ゲンズブール(岡 田将生)の3人は、新幹線で大阪に向かう。OJOという名の財団法人を調査中、松 平はある違和感に囚われる。  万城目学...

【プリンセス トヨトミ】を映画鑑賞!

父から子へ、代々受け継がれていくものとは!?  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】国家予算が正しく使われているかを調べる会計検査院の調査官3人が、東京から大阪にやってきた。大阪府庁など、実地調査を順調に進めていく彼ら。しか?...

『プリンセス トヨトミ』

□作品オフィシャルサイト 「プリンセス トヨトミ」□監督 鈴木雅之 □脚本 相沢友子□原作 万城目 学 □キャスト 堤 真一、綾瀬はるか、岡田将生、沢木ルカ、森永悠希、和久井映見、中井貴一■鑑賞日 5月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆?...

プリンセス トヨトミ

 『プリンセス トヨトミ』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見てきました。 (1)映画を見る前には万城目学氏の原作(文春文庫)を読まずにいて、予告編の感じだけから、実際の映画では大阪が東京支配に反旗をひるがえして反乱を起こすような、とても壮大な物語を見せてくるも...

プリンセス・トヨトミ 大阪ヾ( ̄∇ ̄=ノ バンザーイ♪ヾ(_ _)ノ ドモ

【=27 -8-】 TOHOシネマズのシネマイレージで6000マイルが貯まったので、2回目の1か月フリーパスポートをゲット。 先月はゴルフの突貫工事に忙しく、ちっとも映画を観ていなかったので、観たい映画はたくさん溜まっている、見まくってやる! というわけでフリー鑑賞1本...

映画鑑賞【プリンセス トヨトミ】あなたもプリンセスかもよ?

いや、楽しかった。 個人的には真田息子が気持ち悪かった(笑) 一体誰がプリンセスやねん!? て楽しく観るはずの映画なのですが、予告編でネタバレし過ぎて観る前からバレバレでした…。あとプリンセスと思しき人が...

プリンセス・トヨトミ

・プリンセス・トヨトミ(5月28日より公開 堤真一・綾瀬はるか・中井貴一出演)もともと小説を映画にリメイクしたものだが、この映画を見て思ったことは・ 日本国(といっても会計検査院だが)と大阪国との補助金をめぐる攻防・ 親子とのつながりを描いたヒューマニ...

映画:プリンセス トヨトミ

 映画ブログのくせして、映画の記事を書くのは久々。久々の記事はこちら、プリンセス トヨトミです。

【プリンセス トヨトミ】大阪全停止。

プリンセス トヨトミ 監督: 鈴木雅之    出演: 堤真一、綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一、沢木ルカ、森永悠希、笹野高史、和久井映見 公開: 2010年5月28日              ...

プリンセス トヨトミ

プリンセス豊臣?豊臣の遺児という設定はワクワクさせられるものだけど、出来ればタイトルでは隠して欲しかったな。 会計検査院による査察をきっかけに、約400年間守られてきた秘密が明らかになり、大阪中を巻き込んだ大騒動に発展していく…というストーリー。 歴史人?...

プリンセス トヨトミ

プリンセス トヨトミ ★★★☆☆(★3つ) 大阪全停止。 その鍵を握るのは、 トヨトミの末裔だった。 気になっていた映画ですが、DVDが出たので早速鑑賞です。 トヨトミの末裔が生きていたら?っていうファンタジーなんですが・・・ すっごい盛り上げてて、しりつ...

『プリンセス トヨトミ』'11・日

あらすじ会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子旭ゲーンズブールの3人は、府庁など団体の実地調査のため東京から大阪にやってきたが・・・。解説地上波放送を前に、WOWOW...

『プリンセス トヨトミ』'11・日

あらすじ会計検査院の調査官である松平元、鳥居忠子旭ゲーンズブールの3人は、府庁な

別館の予備(プリンセス・トヨトミ 感想230作品目)

6月28日 プリンセス・トヨトミ(感想230作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当 ...