FC2ブログ

Jin-仁-2  #6

いよいよ、幕末の暗い戦のシーンが出てきましたね。

なかなか生々しい、戦らしい雰囲気が大河ドラマ以上に大河っぽい感じ(^_^)

龍馬さんは、昨年の龍馬伝では、戦わないでもいいように、なんとかしたいと
考えてる人のように描かれてたような気がしますが、
今作では率先して戦肯定派になってますね。
でも、南方仁の考えに触発されて、変わっていくってことになるんでしょうかね。


グラバーさんも出てきて、目の手術を行ったりすることで、
長崎にいる医者たちの信頼を得ることもできた。


仁先生は龍馬さんに暗殺のことを教えたかった。

だけど、保険のしくみ
を教えたときにはなんともなかったのに、
暗殺のことを口に出そうとすると、
猛烈な頭痛に襲われた。

つまりは「未来の様子を話しても良いが、目の前の歴史に直接介入はしてはいけない」
いうことなのか。

龍馬さんとは戦についての考え方で言い争い、仁先生は幕府軍の負傷者の
治療にあたる。


長崎にもどり、田中久重と会う。彼は発明家で無尽灯を作った人。
からくり人形などを作ったのも人にわーっと喜んでもらえたから。
後の東芝の創業者なんですってね。。
そっか、このドラマの枠って東芝日曜劇場でしたっけ。


田中久重に、
友人が時代の渦に飲み込まれたと話す仁先生に、
共にのまれては助からない、目指していたところがわからなくなる。
うずの外でその方の道しるべとなればいいのだと諭される。

そして別れ際、持っていた現代のモノの中から、
電球をプレゼント!!

なるほど~~仁先生は東芝の創業者だって知らなかったよね?きっと。

面白い(^_^)♪


来週は野風さん、再発ですかね・・・(/_;)
そして咲さんのお兄さん、龍馬の動きを監視するような命を受けちゃってましたけど
どうなるんでしょう・・・


blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

あのグラバーさんの目の切れ目・・・痛そうでしたぁ~(;´Д`)
しっかし、仁先生、こっちの時代に来て結構経つのに、いい意味で染まらないですよね。
なにげにそれもすごいよな~と思いました。

まさかとは思うけど、咲さんのお兄さんが龍馬暗殺の犯人みたいな展開はヤメてぇ~(TдT)・・・って思いましたよ・・・。

あけぼうさん♪

痛そうな目の手術の場面は見てたら、
自分も痛みを感じるような気がして、しんどいです(^_^;)

仁先生の純粋さは、強さを増してますよね(^_^)
あの時代の中で精一杯国を良くしたいって信念なんでしょうか。
それに比べて龍馬さんは儲けることを考えたりして、
世渡り上手ですねー

そっか、そんなストーリーもありえるか・・・龍馬暗殺の犯人はわかってないですもんね(¨;)
どんな風になるのやら・・・

龍馬役、ぴったりです

日曜劇場だったんですね。やはり見逃しました。

話複雑になってきますね。
ふと思ったんですが、竜馬役福山さんよりいいですよね。
なんか人間臭さがにじみ出てる様で、イイ感じ…
役者さんのお名前しりませんが、ブレイクしそうな予感

はるさーメイさん

ストーリーはどんどん複雑になってきてますね。
集中して見てないと、重要な場面を見逃してしまいそうです(¨;)

龍馬役は内野聖陽さんです。
ワイルドで骨太な感じが素敵ですね(^^)

トラックバック

「JIN -仁-」第6話

仁に為す術はあるのか 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105220005/ 日曜劇場 JIN -仁- オフィシャルガイドブック posted with amazlet at 11.05.19 ワニブックス 売り上げランキング: 508 ...

「JIN-仁-」第六話 本編よりも予告編のインパクトが強くて迷子になりそうです

JIN=大沢たかおさんは坂本龍馬=内野聖陽さんがグラバーと取引して武器商人となっていた事を知らないらしい。 去年「龍馬伝」を見て予習をしておけば、グラバーがどんな人物かもちゃんとわかっていたはず...

JIN-仁- 第6話~戦争・革命は必要悪?

 戦争、革命……、戦うことは必要悪なのか?  歴史の永遠のテーマですね。  最近のことでは、ビン・ラディンの殺害。  テロを根絶するにはやむを得ないことなのかもしれませんが、一方で、仁(大沢たかお)が語るように「暴力は暴力を生むだけ」というのも正しい。

別館の予備(バブ&トリコ&JIN)

5月24日 バブ&トリコ&JIN TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10899995835/6516a71d

バブ&トリコ&JIN

バブはベル東条に突入で 男鹿の紋章が消えるも看病し 男鹿VS東条の手下は微妙も 男鹿VS東条は良い感じだけど 次は登場する回だね

JIN―仁― 第6話

JIN―仁―の第6話を見ました。 仁はペニシリン普及のために長崎を訪ね「精得館」で講義をするが、生徒達の反応は冷ややかであった。 それは、精得館で教師をしているオランダ人医師・ボードウィンの影響...

【JIN-仁-】第6話

その笑顔は何も変わらないけれど、 密輸、戦争、倒幕・・・ その口から出る言葉を、明るい気持ちで聞くことはできなかった。 暗い時代なのだ。 歴史が大きく変わる前に必ず訪れる、混とんとした時代...

JIN-仁- 第6話:坂本龍馬の闇

野風さんの胸が・・・(ノ; ̄◇ ̄)ノ なんですとぉぉ~~! 今日は龍馬さんがメインのお話だったけど、時折映る万華鏡が何やら不穏な空気を 醸し出してるなぁと思いきや・・・ 以前に癌は摘出したはずなのに、転移してたって事??? せっかく、仁先生の事も(無理矢理)吹っ...

JIN~仁~2 第6話

ペニシリンの普及のために長崎にやって来た仁(大沢たかお)は 「精得館」で講義をするが、周囲の反応は冷たい。 そんな中、仁は暗殺の時が近づく坂本龍馬(内野聖陽)と再会する。 龍馬は、英国商人から仕入れた武器を、幕府と戦っている長州藩 に売っていた。 龍馬...

「JIN-仁- 完結編」第6話

第六話「坂本龍馬の闇」 視聴率18.8%                            あらすじ(公式サイト)

JIN-仁- 完結編。第五・六話

南方仁の体は、お初の手術中に消え始めた。咲も仁の異変に気付き、声をかけるが!すでに彼の体はそこになかった。そして、うまくいっていたはずの手術も、傷口から再び血が溢れはじめる。だがその瞬間、仁の体は戻ってきたのだ。慌てて傷を塞ごうとする仁だが・・お初の顔...

JIN -仁-【第6回】TBS日9

坂本龍馬の闇  「先に殺されたらっ!!!それでしまいながじゃ。わしゃ、寺田屋で殺されかけたとき、思たがじゃ。どんなええ考えを持っちょったち、ばっさりやられてしもうたら、それでしまいながじゃ。まず相手を力で従わせんと、考えを述べることもできんっ!!!世を...

JIN-仁- 第六話

『坂本龍馬の闇』 内容 ペニシリンを広げようと奔走する仁(大沢たかお) その仁は、、いま、長崎の精得館に講義にやって来ていた。 松本良順(奥田達士)が設立し、ペニシリン普及に買って出てくれたのだった。 だが素性を誤魔化していることもあり、 教師のオランダ人...

JIN-仁- 第六話

『坂本龍馬の闇』 内容 ペニシリンを広げようと奔走する仁(大沢たかお) その仁は、、いま、長崎の精得館に講義にやって来ていた。 松本良順(奥田達士)が設立し、ペニシリン普及に買って出てくれたの...

JIN-仁- 第二期(完結編)第六話

「坂本龍馬の闇」 仁(大沢たかお)は長崎の精得館にペニシリンの講義に赴くが、生徒の医師たちの反応は鈍い。原因は、ここの教師をしているオランダ人医師にあった。彼は留学もしたことがないという仁が自分たちも知らない医術を知っているはずがないと不信感を持ち、…

JIN-仁- 完結編 第6話

長州第二次征伐によって 幕府は物資を戦場に集中させた

JIN-仁- #06

『坂本龍馬の闇』

ドラマ「JIN-仁-」完結編 第6話「坂本龍馬...

仁は長崎へ------------!!いよいよ倒幕へ近づいてきた歴史。この中で、仁は何をすることが出来るのか。彼の役目は。そして龍馬との関係。今回は特に戦もじっくり見せてくれて、本当痛...

ドラマ「JIN-仁-」完結編 第6話「坂本龍馬の闇」

仁は長崎へ------------!! いよいよ倒幕へ近づいてきた歴史。 この中で、仁は何をすることが出来るのか。 彼の役目は。 そして龍馬との関係。 今回は特に戦もじっくり見せてくれて、本当痛みを感じられる作品に仕上がってたと思いました。 続きを読む ...

【JIN(完結編)】第6話と視聴率&コラボ商品...

『JIN-仁-』と「セブン・イレブン」とのコラボ商品が売り出されるそうです。「安道名津」(ベーカリータイプ)120円(税込)/発売:5月24日~「安道名津」(菓子タイプ)158円(税込)...

『JIN-仁-』(完結編)第6話

~坂本龍馬の闇~

「JIN -仁-」神に試される医師6龍馬に保険制度を助言するが戦争では何も変われない事で口論となった

「JIN -仁-」第6話は長崎にペニシリンを広める抗議と龍馬に会うために訪れた仁はそこでトーマス・グラバーが斬られたところに出くわし、グラバーを助ける。そこで出会ったオランダ ...

JIN-仁- 坂本龍馬の闇

ペニシリンの普及のため尽力する仁先生(大沢たかお)。ひとつには、龍馬への逢いたさもあって、長崎に講義にいくことに。 熱心な講義。だけど、最初は冷ややかだった周囲の反応が、グラバーの目の手術… その実力、技術力の高さを目の当たりにすることによって急に尊...

ドラマ『JIN-仁-』第六話

 ペニシリンを広めるため長崎に来ていた仁。長崎であれば龍馬に会えるかもしれないという期待も持っていたが、再会した龍馬はオランダ人商人グラバーから大量の銃を仕入れ、長州に流していた。まるで死の商人...

JIN -仁- 6話

今回は咲ちゃんの出番ほとんどなかったな。 そのかわり仁先生が歴史にものすごく関わっていて なんだか切なかった。 龍馬さんが寺田屋で襲撃を受けたことで一気に 統幕のほうに傾いてグラバーさんから拳銃を手に入れて それを長州に売りさばいて 戦を助長するようなこと...