FC2ブログ

映画『ブラック・スワン』

blackswan3.jpg

blackswan4.jpg

心理描写がね、すごかったです~~
サスペンスですね、これは。

バレエ団の優等生ニナは、ベテランのベスが引退するのと交代で新しい振り付けの
『白鳥の湖』のプリマに抜擢される。
しかし、『白鳥の湖』は性格の違う白鳥と黒鳥を1人で二役を演じる難役。
ニナは真面目な優等生で技術的にも問題なく、白鳥だけならパーフェクト。
純真で可憐な白鳥にはぴったり。
しかし、黒鳥は王子を挑発し、誘惑して騙す官能的な表現が必要で、
ニナにはその雰囲気を出すことができない。
そこへ、ライバルとなるリリーが黒鳥の振り付けを踊れるという。
役作りに苦悩し、精神のバランスを失っていくニナ。
公演の日が刻々と近付いてくる・・・



途中からニナが精神状態がおかしくなっていくのか、
どこからどこまでが、現実で、どこから幻覚なのか、
観ている方もわからなくなってくる(^_^;

ニナは元バレエダンサーの母親と2人暮らしで、
その母親が、ニナを過保護にしてるんですね。
何から何まで管理してるような。
母はちょっとうるさすぎじゃない?ってくらい干渉するし、
ベッドに入って休むまで側にいたり、
小学生の子どもじゃないんだから、
ほっといてやれよ、と、イラッとしてしまいます。
母親が自分の果たせなかった夢を子どもに託してるのでしょうが、
途中からそれは嫉妬じゃないのか?と疑問に思います。

そんな親に育てられたからなのか、元々の性格なのか
ニナは臆病で、おとなしく、少し華やかさに欠ける。
加えて、清純ではあるけれど、神経質でプレッシャーにも弱い。
黒鳥の妖艶さからは全然ほど遠く、まったく色気がないんですねー。
かたすぎる(^_^;
女好きの監督でさえも手を出せない雰囲気なんですね。

ところが、リリーと飲みに出かけてからの幻覚がすごくて、
一体どうしたのか、
ニナは狂気の世界に足を踏み入れ、
幻覚のせいで、
みごとな黒鳥へと変貌していく。

その幻覚の映像がまた見事なんですよ。
公演当日の黒鳥を踊るニナは(ニナのイメージなのか)
手の指先から黒くなって翼が生えてくるんですけど
その演技がすっごく美しい。
怖いほどに。

この映画でアカデミー賞最優秀女優賞に輝いたナタリー・ポートマンですが、
納得できる存在感、圧倒されます!!
とにかくバレエダンサーの身体を造りあげたところがすごい!
作品中のカメラワークがニナ自身を表現してるのかわからないけど、
後ろ姿がやたら多いんですね。
その歩く後ろ姿がシャンとしててバレリーナらしい雰囲気を出してると
感じました。


驚きのラストがまた痛々しいですが、
最後まで飽きることなく緊迫感のある映像に魅せられました☆

一緒に観に行った夫は、「気持ち悪かった(x_x)」と言ってましたが(^_^;
私は面白かった。満足です(^^)v


そうそう、余談ですけど、バレエの練習着ってノーブラで着るものなんですね・・・




映画『ブラック・スワン』 - シネマトゥデイ



にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

久々に観たいな~と思っている映画なんですよ。
読んでいてもっとそう思いました。

きぼう丸さん

ぜひぜひ、映画館であの雰囲気にひたってきてくださいませ(^_^)

ナタリー・ポートマンは4歳から13歳までバレエをしてたんだそうです。
なるほど!と思わせる踊るシーン、パタパタというかコトコトと鳴る
トゥシューズの音と合わせて、【本物】を感じます☆

こんにちは。はじめまして。
この映画は本当にすごい映画ですね。
最初から最後まで釘付けで観ていました。
ニナがいろんな重圧から幻覚や妄想に捕らわれていて
自分を見失っていく様がすごかったですね。
私も最後の黒鳥の舞が素敵と思ってしまいました。
監督のトマが「自分自紙との戦いだ」と言っていたけど
まさにそうでしたね。白鳥のニナはもう一人のニナに
食われてしまったんじゃないか。。って思いました。

みのむしさん

コメントありがとうございます(^^)

私も釘付けでしたよ。
ラストはビックリしましたけど、
これで解き放たれたのだと思ったので、
スッキリと後味も悪くない終わり方だな~と
感心しました。

こんばんわ!

はじめまして、misachi68さん

ナタリー・ポートマン、迫真の演技でしたねー
冒頭から終始見入ってしまいました!
これはアカデミー賞も納得ですね♪

落ちるところまで落ちたらふっ切れるんでしょうか
プリマの孤独とかプレッシャーとか、相当なもんなんですねー

TBありがとうございましたん(^^ゞ

猫人さん

猫人さん、はじめまして(^^)
コメントありがとうございます。

ナタリー・ポートマンの代表作になりましたね!
すごい内容でしたけど、
この映画はナタリー・ポートマンじゃなければ
きっとここまで面白くはならなかったんじゃないかと
思われるほど、迫力ある演技でしたよね~

今後ともよろしくです♪

Twitterもフォローいたしました(^^)v

評価~

misachi68さん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

確かにご主人が「気持ち悪かった(x_x)」と仰った感想はわかります(笑)
ただ僕には内容よりもポートマンの迫真の演技に、アカデミー会員は
素直にその演技力を評価して主演女優賞をあげたのだと思いました。
全てではないですが、シーンシーンでヘプバーンに似ていると感じていたのですが、
同様の印象を受けている方がいて嬉しかったです^^

cyazさん

こちらこそ、コメントありがとうございます。
いつも読み逃げ&TB貼り逃げしてばかりですみません(^_^;)

私もナタリー・ポートマンの迫真の演技に、
心をわしづかみにされちゃいました(^^)
素晴らしかったですね。
オードリー・ヘプバーンの映画も観たくなっちゃいました。

また、お邪魔しますね~



トラックバック

ブラック・スワン

羽化登仙の境地で舞う。それが私の生きる道。   

ブラック・スワン

と言うよりブラック・タイガー 公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ ...

『ブラック・スワン』

白鳥と黒鳥。完璧なまでに計算された白と黒を意識させる世界。 第83回アカデミー賞は主演女優賞だけでなく、作品賞も監督賞もこの映画が取るべきだったのではないか!と思わせる、 ...

劇場鑑賞「ブラック・スワン」

ナタリー・ポートマンの演技に、圧倒された 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201105110002/ ブラック・スワン オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.05.05 サントラ SMJ (2011-...

映画「ブラック・スワン」 感想と採点 ※ネタバレあります

映画『ブラック・スワン』(公式)を、初日のレイトショーで鑑賞。平日で、しかも終演23時過ぎの割りに観客は約20名は多いと思う。。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点。 ざっくりストーリー ニナ(ナタリー・ポートマン)はニュー

『ブラック・スワン』 (2010) / アメリカ

原題: BLACK SWAN 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ナタリー・ポートマン 、ヴァンサン・カッセル 、ミラ・クニス 、バーバラ・ハーシー 、ウィノナ・ライダー 公式サイトはこちら。 公開日に行きたかったんですけどねえ・・・。 風邪引いちゃいま...

ブラック・スワン

大役に抜擢されたバレリーナが、そのプレッシャーから少しずつ心のバランスを崩壊させていく様を描く「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督作。主演は本作で第83回アカデミ ...

『ブラック・スワン』 | バレエ映画と思っていたらホラーでした。

いや~、とんでもない怪作でした。 2分で分かる『ブラック・スワン』あらすじ紹介いってみます。 (ネタバレしてます!) ニナ(ナタリー・ポートマン)は「白鳥の湖」の主役 ...

ブラック・スワン

人間の白と黒 【Story】 NYシティバレエ団に所属するバレリーナのニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形のベス(ウ...

ブラック・スワン

(C) 2010 Twentieth Century Fox. 英題: BLACK SWAN 製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年5月13日 (TOHOシネマズ 日劇 ほか) 上映時間: 1時間48分 配給: 20世紀フォックス映画

ブラック・スワン

純白の野心は、 やがて漆黒の狂気に変わる… 原題 BLACK SWAN 製作年度 2010年 上映時間 108分 脚本 マーク・ヘイマン/アンドレス・ハインツ/ジョン・マクラフリン 監督 ダーレン・アロノフスキー 音楽 クリント・マンセル 出演 ナタリー・ポートマン/ヴァンサン・カ...

ブラック・スワン/ナタリー・ポートマン

最初の頃に劇場でながれていた予告編は『ガラスの仮面』のバレエ版のようなヒューマン・サスペンス・ドラマ風の印象だったんですけど、ここ一ヶ月くらいの映像は何だかホラータッ ...

ブラック・スワン

『レスラー』のダーレン・アロノフスキー監督と最近では『抱きたいカンケイ』が日本公開中のナタリー・ポートマンのコンビが送る真理スリラー。本作でナタリーはアカデミー賞主演女優賞を獲得し、監督も監督賞にノミネートされている。「白鳥の湖」の主役に抜擢された主人...

『ブラック・スワン』(アカデミー特集第三夜)

(英題:Black Swan) ----これは大興奮で帰ってきた映画だよね。 「うん。クライマックスなんて、もうただただ唖然。 ぼくなんて、こういう瞬間を味わいたいがために 映画を観ているようなものだから、 立ちあがってブラボーなんて ガラにもないことをやりたかったくら...

ブラック・スワン

抑圧と解放。清純と邪悪。白と黒。

ブラック・スワン 特集

ブラック・スワン この作品はニューヨーク・シティ・バレエ団の一バレリーナが、「白鳥の湖」の主演の座を射止め、その難役をやり遂げるために自分自身の限界を超えていく、そのプロセスを描いた映画ブラック・スワン。この作品が全世界で絶賛され、映画批評家やバレエフ...

『ブラック・スワン』 バレエと映画が両立しない理由

 【ネタバレ注意】  『白鳥の湖』の最大の魅力は、一人のバレリーナが無垢なオデット(白鳥)と悪魔の娘オディール(黒鳥)を踊り分けることだろう。  オデットの悲しく儚げな表情や、指先までたおやかで繊...

ブラック・スワン

 第83回アカデミー賞「主演女優賞 」受賞!ニナ(ナタリー・ポートマン)はニューヨーク・シティ・バレエ団のバレリーナ。既に引退した元バレリーナで、娘を熱心にサポートしている母親エリカ(バーバラ・ハーシー)と一緒暮らしていた。そんな折、芸術監督のト

ブラック・スワン

【BLACK SWAN】 2011/05/11公開 アメリカ R15+ 108分監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… ニューヨーク・...

背中が全てを物語る。『ブラック・スワン』

念願だった主役の座を手にした臆病なバレリーナの物語です。

ブラック・スワン / Black swan

ランキングクリックしてね←please click まさに、このバレリーナ、ナタリー・ポートマンが演じるためにあるような、 他の女優じゃちょっと考えられないくらい見事にハマり役アカデミー賞主演女優賞受賞も納得。 昨日書いた「レクイエム・フォー・ドリーム」...

ブラック・スワン

試写会で見ました。すっごく期待してました。バレエの新プリマとして初舞台を踏むナタ

「ブラック・スワン」誰も見たことのない、ナタリー。

[ブラック・スワン] ブログ村キーワード  ナタリー・ポートマンが、“第83回アカデミー賞・主演女優賞”に輝いた話題作、「ブラック・スワン」(20世紀フォックス映画)。世界的に有名なバレエ「白鳥の湖」の中に登場する“黒鳥”を巡る心理スリラー物です。鬼気迫るナタ

ブラックスワン

とにかく面白かった。面白いっていっても別の意味で 最初から最後まで物語に釘付け目が離せなかった。 とてもグロい場面とエロい場面が交互にやってくる。 なのでいつもドキドキしっぱなし。 一体どこまでがニナの妄想でどこまでが現実なのかが わからなくなるようなそ

ブラック・スワン

純白の野心は やがて漆黒の狂気にかわる・・・ 一番好きなシーンはエンディングからエンドロール 白く輝く舞台に喝采がふりそそぎ、 やがて白から黒く染まる グレー域で過ごすものにとっ...

ブラック・スワン

純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる… アカデミー賞・主演女優賞を受賞したナタリー・ポートマン見たさに劇場へ♪ ナタリーの迫力の演技に主演女優賞の座も納得! 美しく、可憐なバレリーナ・ニ...

『ブラック・スワン』お薦め映画

王子役のダンサー以外の主要キャストはバレリーナではないが、それがちっとも気にならない見事な演技と編集だったので、余計なことを考えずストーリーを追うことができた。途方もない努力の賜物であろう。聖女と悪女、あなたはどちらに心惹かれるだろうか。バレリーナの執…

映画「ブラック・スワン」

映画「ブラック・スワン」を鑑賞。

映画「ブラック・スワン」ナタリー・ポートマンという女優の成長とシンクロする傑作!

「ブラック・スワン」★★★★★満点 ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、 ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、 ウィノナ・ライダー出演 ダーレン・アロノフスキー監督、 110分 、2011年5月11日公開 2010,20世紀フォックス映画 (原作:原題:BLACK SWAN) ...

『ブラック・スワン』

'11.04.28 『ブラック・スワン』(試写会)@朝日ホール これは見たかった! 全米公開当時から気になってて、ずっと待ってた。試写会もあんまりやってないみたいで、唯一応募したのもハズレ(涙) はずれてガッカリtweetしたら、お友達のともやさんから1人で行くから一緒

映画:ブラック・スワン Black Swan  今年有数の1作 (ただしホラー映画として)

ナタリー・ポートマンがオスカーを獲得した今作が、やっと日本登場。 まず、やはり彼女の素晴らしさを褒めないわけにはいかない。 主役に抜擢されたものの、精神的に追いつめられていくサマがキリキリ迫ってくる。 だいたい、バレエはやや自虐的な芸術だと認識している...

カ・ン・ペ・キ~『ブラック・スワン』

 BLACK SWAN  NYのバレエ団に所属するニナ(ナタリー・ポートマン)は、新作舞台「白鳥の湖」 のプリマに抜擢される。幸福の絶頂も束の間、彼女の精神は次第にバランスを失 ってゆく。  ...

「ブラック・スワン」感想

 「レスラー」のダーレン・アロノフスキー監督最新作。バレエ「白鳥の湖」の主役を演じることになったバレリーナが、清楚なホワイトスワンと、官能的なブラックスワン、二つの役の間で苦悩するうち、徐々に内なる衝動に支配され、役に取り込まれていく様を描く。  ...

「ブラック・スワン」

<水曜日> (TOHOシネマズ・字幕版・15時15分~・108分) ニューヨーク・シティ・バレエ団のバレニーナ・ニナは、“白鳥”と、“黒鳥”の二役を踊る「白鳥の湖」のプリマドンナに大抜擢される。しかし優等生タイプのニナにとって“白鳥”はともかく、悪の...

追いつめられて・・・

22日のことだが、映画「ブラック・スワン」を鑑賞しました。 大役である「白鳥の湖」のプリマを演じることになった ニナ しかし、白鳥は完璧でも黒鳥が上手く演じられずにいて・・・ バレエ映画とは一概には言えぬ まさに 心理スリラーというべきか コーチの要求、黒鳥...

ブラック・スワン

 『ブラック・スワン』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作品で披露される、ナタリー・ポートマンの渾身の演技を見るだけでも、映画館に行く価値があると思いました。  ただ、映し出される映像が随分と錯綜した印象を観客に与えるものの、始めてプリマドン...

ブラック・スワン

ブラック・スワン ★★★★★(★満点!) 優等生バレリーナのに主人公が、官能的な黒鳥を演じるプレッシャーから追い込まれていく心理スリラー。 ひっさしぶりに疲れた映画でした。重かった~。 【R15+】って、エグイのかと思ってたらエグイしエロいね・・・ 観てる...

ブラック・スワン

ブラック・スワン'10:米◆原題:BLACK SWAN◆監督:ダーレン・アロノフスキー「レスラー」「ファウンテン 永遠につづく愛」◆出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・ ...

ブラックスワン

★★★★  ミステリー仕立てのバレエ映画である。ニナは新趣向で上演されることになった『白鳥の湖』の主役に大抜擢され、有頂天になってしまった。だがそのお陰で引退勧告を受けたべスや、主役を横取りされたミラたちの恨みをかってしまう。  だがニナの最大の敵は自分自

ブラック・スワン

<<ストーリー>>ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナ、 ニナ(ナタリー・ポートマン)は、踊りは完ぺきで優等生のような女性。 芸術監督のトーマス(ヴァンサン・カッセル)は、花形の...

「ブラック・スワン」感想

トウシューズで滑り止めの松脂を踏むバリバリという音・・懐かしいな。あれは古いクッキーの缶だった。白に青のストライプの平たい缶。10歳の私はピンクのトウシュースを履いていた。 お母さん、怖...

【映画】ブラック・スワン

<ブラック・スワン を観て来ました> 原題:Black Swan 製作:2010年アメリカ 凄く忙しかったんだけど、これだけは映画館で観ておかないと!と思って、時間が出来た隙にちゃっかり見て着ました。周りの映画ファン友達はとっくに見ちゃってて、「御願い、ネタバ?...

『ブラック・スワン』

□作品オフィシャルサイト 「ブラック・スワン」□監督 ダーレン・アロノフスキー□脚本 マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクローリン□キャスト ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダ...

[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)]

☆遅ればせながら観て来ました。  評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。  『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。  今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプ...

■映画『ブラック・スワン』

ナタリー・ポートマンがアカデミー賞主演女優賞を獲るであろうともっぱらの評判の映画『ブラック・スワン』。 この映画、確かにすごい完成度…。 ダーレン・アロノフスキー監督の作品があまり得意ではない私ですが、この作品はかなり楽しめました。 白対黒、善対...

ブラック・スワン

予告編を見て、絶対に観たいと思いました。 ナタリー・ポートマンのバレエ映画、 かなり面白そうです。 ニューヨーク・シティ・バレエ団に所属するバレリーナのニナは、 元ダンサーの母親・エリカの監督のもと、 人生の全てをバレエに捧げていた。 芸術監督のトー...

『ブラック・スワン』 映画レビュー

『 ブラック・スワン 』 (2010)  監  督 :ダーレン・アロノフスキーキャスト :ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・キュニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー、ベンジャ...

映画『ブラック・スワン』~アカデミー賞受賞作品を観て

11-37.ブラック・スワン■原題:Black Swan■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:110分■鑑賞日:5月22日、TOHOシネマズ・六本木ヒルズ(六本木)■料金:1,800円□監督:ダーレン・アロノフスキー□脚本:マーク・ヘイマン、アンドレ・ハインズ、ジ...

ブラック・スワン 怖かった~妄想も女性も・・・

 昨日はある労組の結成50周年の式典に出席、やはりフォーマルな席だからと、自分はスーツの上着も着てネクタイも着用で行った。 来賓の中ではノージャケットやノージャケット・ノーネクタイの人もちらほらと居たが、しかしクールビズのままで来てしまった人は若干肩身が...

映画「ブラック・スワン」

ブラック・スワン - goo 映画 映画『ブラック・スワン』公式サイト ブラック・スワン - Wikipedia ブラック・スワン(映画.com) ブラック・スワン@ぴあ映画生活 ○スタッフ(goo映画) 監督 ダーレン・アロノフスキー 製作総指揮 ブラッドレイ・ジェイ・フィッシャー ?...

映画:ブラック・スワン

 前評判も上々。劇場公開も始まって、見た人からは大絶賛の声が。ツイッターでも衝撃的、見てない人がうらやましい。あの衝撃をこれから味わえるのだから。といったつぶやきがちらほら。かなり期待の作品です。と言うわけでブラック・スワンです。

2011年上半期No1 ブラック・スワン 妄想の終着駅(最後までネタバレ満載)

【福知山シネマ初日(7/2)】チェンマイ帰りの飛行機のなかで見て、大興奮の ブラック・スワン。それ以来劇場でみ見たく見たくてこの日を心待ちにしており ました。珍しく、会社の同僚と野郎3人で入場。実はこの3人で行くのは スターウォーズ3以来で、あの映画もナタリー...

映画 ブラックスワン

 バレエをモチーフにしたホラー風味の強い話題の映画、「ブラックスワン」。2010年のアメリカ映画だ。主人公はニナという、ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属する ...

「ブラック・スワン」(BLACK SWAN)

「レオン」「コールドマウンテン」「ブーリン家の姉妹」などの出演作品で知られる米女優、ナタリー・ポートマン主演の異色心理スリラー「ブラック・スワン」(2010年、米、108分、FOX映画配給、R15指定)。この映画は、野心と嫉妬が渦巻くバレエの世界を舞台?...

【ブラック・スワン】ハリウッド版・世にも奇妙な物語はスケールでかい

ブラック・スワン~ BLACK SWAN ~ 監督: ダーレン・アロノフスキー    出演: ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 公開: 2...

ブラック・スワン

Black Swan(2010/アメリカ)【Blu-ray】 監督:ダーレン・アロノフスキー キャスト:ナタリー・ポートマン、バンサン・カッセル、ミラ・クニス、バーバラ・ハーシー、ウィノナ・ライダー 純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる・・・ あけましておめでとうございま...

ブラック・スワン

「純白の野心は、やがて漆黒の狂気に変わる」まさに、そのもの物語。 白鳥のホワイト演技は絶品でも、国鳥のブラック表現ができなかったヒロインが、それを手に入れるまでの「血

映画 ブラック・スワン

JUGEMテーマ:洋画   映画観で観ようかどうか迷っていた「ブラックスワン」を観ました。   清純なスワンから怪しいスワンへと変貌していくニナ・セイヤーズ。   なんだか、「私騙されているよ」的なストーリですね。   アルコール、同性愛、薬物とニナが落ちていく感じと ...