FC2ブログ

映画『あしたのジョー』

30年前のアニメ映画『あしたのジョー2』は映画館で観たんですよ。
中学生でした。
テレビアニメの方はリアルタイムじゃなく、再放送だったんだと思います。
原作コミックは読んでないけど、ジョーのファンだったんです。

すっごく楽しみにしてたんですよ。

そして、期待を裏切ることなく、めっちゃよかった~~~
実写化されたことへの感動!!
ストーリーもうまくまとめてあって、・・・あ、知ってるからかな?
ドヤ街の雰囲気も、見事です。

だけども、この映画の良さはなんといっても、
キャスティングです。
もう、アニメがそのままリアルになった感じでした。


見る前は、山Pの矢吹丈はキレイすぎるんじゃないかなぁ、なんて思ってましたが、
身体をあそこまで造り込んだことは凄いことです。表情も頬がこけて、
ギラギラした感じが出せてたと思います(^^)V
あと、ちょっと「へへっ」と笑ったりする雰囲気を出してもらいたかった・・・

丹下段平の香川照之さんは特殊メイクに時間がかかってたらしいですけど、
ホントに丹下段平にしか見えませんでした。
しゃべり方も何もかも、香川さんらしく見える部分などまったくないくらいに。
香川さんはボクシングがお好きなのだそうですね(=^0^=)

一番ぴったりハマっていたのは力石徹の伊勢谷友介さん!
もう、見た目も、醸し出す雰囲気も、体型までもが力石でした!!
カッコイイ!!

ネット上のレビューを見てたら、イマイチ評判の良くない、白木葉子役の香里奈ちゃん。
私は白木葉子の雰囲気ぴったりだと思いましたけどね(*^_^*)
あと、マンモス西もそっくりさんで良かったです。

アニメ版を見ていて印象に残ったシーンなんかは、あまりに昔のことなので
忘れてるかと思っていたけど、
ぴったり同じシーンがちゃんと再現されてると、
「あ~こんなんだった、確かに!!」って、うれしくなります。
戦い終わって、握手をしようとする力石が手を差し出したまま倒れていくシーンは
見覚えあるし、結果もわかってるのにドキドキしました。

ボクシングのシーンも手をぶらーんとしたノーガード戦法、クロスカウンター、
懐かしいです。

どれだけあの2人がボクシングのトレーニングをしたか、
どれだけ身体をつくるために苦労したか、
減量するために飲まず食わずだったこととか、
TVで宣伝していたのを見て、実際に映画で見て、
映画作りに対しての情熱を感じました。

ただ、ちょっとわからなかったのが、白木葉子がドヤ街出身であったという
エピソードは、映画独自のものみたいでしたが、
そんな必要あったんかなぁと。
それと、なぜか倍賞美津子さんがちょこっとだけ出演してました。
ほとんど台詞もない、エキストラの方でもいいような役のように見えましたが、
なぜあんな存在感のある女優さんが出てたんだろ??

疑問に思うところがゼロではないけど、
80%くらいの満足度です!
良かった~~!

ポチッと応援よろしくお願いいたします☆
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村

blogram投票ボタン



映画『あしたのジョー』 - シネマトゥデイ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

さすが!早いですね!
先日GANTZ観に行ったときに見た予告編で、途端に気になり始めた映画ですよ。実はちゃんとした原作のストーリーは知らないんですけど、もちろんあれだけの有名なマンガなので、
うわ!そっくり!!って思いました。
伊勢谷さんはちゃんと角ばってたし・・・w
香川さんはもう原型をとどめないくらいにマンガのキャラだったし・・・w
それくらいの根性を出して、なぜ痩せることが出来ないんだ・・・私w

あけぼうさん

なんていうか作り手の情熱が伝わる映画でしたよ(^^)V
なかなか良かったのですが、ストーリーは第1部ってところでエンド。
もしかしたら、続編もあったりして~~と、期待してます♪

ボクサーの減量は半端なく厳しいみたいですよ~
あれはダイエットに応用できませんよ(^_^;)
ストーブだらけの部屋でサウナスーツ着てトレーニングして、
水も飲めないんですから・・・

私も同感です。

はじめまして。

あしたのジョー、私も見ました。
いやはや私も同感でして、映画としてよくできていました。
役者さんたちの気迫というか、作品にかける気持ちというか、そういうのがビシバシ伝わってきました。

他のブログなどを読んでいると、原作ファンの人はちょっと厳しい評価をしているようですが...

naotomoさん

お越し頂きありがとうございます。
naotomoさんの記事も読ませていただきましたよ(^^)V

やはり、映画って制作側の気持ちが伝わってくるものなのだと
痛感する作品でした。

私もまわりの友人に聞いたところ、原作コミックのファンの方には
いまいちウケが良くないみたいですね(^_^;)
私はうまくまとまってたと思いますし、
あの終わり方だと、続編もあるかもと期待もできますよね。

またお越し下さいませ~

こんばんは

TB有難うございました。
やはり、倍賞美津子の出演は謎でしたね。
どこか大きくシーンがカットされたのかな...

Hiroさん

いつもありがとうございます(*^^*)

倍賞美津子さんはもったいない感じです。
メインキャスト以外の出演者にも
もうちょっとうまく絡ませてほしかったですよね。

トラックバック

「あしたのジョー」壮絶な打ち合いの末に丈がみた永遠のライバル力石の大きな壁

2月11日公開の映画「あしたのジョー」を鑑賞した。 この映画はちばてつや氏原作の映画「あしたのジョー」を 実写化した作品で、 喧嘩に明け暮れた矢吹丈が永遠のライバル力石 ...

あしたのジョー/山下智久、伊勢谷友介、香里奈

昭和40年代に社会現象にもなった伝説的なスポーツ漫画『あしたのジョー』の実写版です。子供の頃からジャンル問わずアニメが大好きで夢中になっていた私は夕方の再放送アニメをよ ...

あしたのジョー(2011)

明日を信じない戦い 公式サイト。曽利文彦監督、山下智久、伊勢谷友介、香川照之、香里奈、勝矢、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦。1968年から少年マガジンに連載されるや大反響を ...

あしたのジョー(2011)

社会現象をも巻き起こした梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。主演の矢吹丈を『クロサギ』の山下智久、宿命のライバル力石徹を『十三人の刺客』の伊勢谷友介が演じる。共演は白木葉子役に香里奈、丹下段平役に香川照之と、人気実力を兼ね備えた俳優が...

あしたのジョー

TVアニメ化もされ社会現象とも呼べる人気を博した高森朝雄(梶原一騎) 原作、ちばてつや作画の傑作漫画を、主演の矢吹丈役に「クロサギ」の 山下智久を迎えて実写映画化した本格ボクシング映画。 共演は力石徹役に伊勢谷友介、白木葉子役に香里奈、そして丹下段平役に…

『あしたのジョー』 映画レビュー

『 あしたのジョー 』 (2011)  監  督 :曽利文彦キャスト :山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、虎牙光揮、畠山彩奈、中野裕斗、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、 津川雅彦...

[映画『あしたのジョー』を観た]

☆・・・面白くって、何度も体に鳥肌を立てさせられたし、ホロリとさせられた。  よく、物語の構成を「序・破・急」と例えるけれど、この作品は「急・破・序」と言う普通と逆の順序で物語が展開されていた。  あまりにも有名な作品なので、ボクシングシーンに入る前段...

『あしたのジョー』

  □作品オフィシャルサイト 「あしたのジョー」□監督 曽利文彦□脚本 篠崎絵里子□原作 高森朝雄、ちばてつや□キャスト 山下智久、香川照之、伊勢谷友介、香里奈■鑑賞日 2月11日(金)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0....

映画『あしたのジョー』の観所や面白さと不足感

 曽利文彦監督映画『あしたのジョー』を、アタシは公開初日に劇場で楽しんできました。  楽しんできたけれど、この映画、アタシは惜しいと思う。  「熱血ボクシング映画」としては

あしたのジョー

矢吹丈 VS 力石徹のシーンだけ最高!!!   

あしたってヤツを教えてくれ~『あしたのジョー』

 ドヤ街の残る昭和の時代。ケンカや無銭飲食に明け暮れ、少年院送りとなった 矢吹丈(山下智久)の元へ、元ボクサーの丹下段平(香川照之)からハガキが送 られてくる。「あしたのために(その1) -ジャ...

「あしたのジョー」難しいよな~。

[あしたのジョー] ブログ村キーワード  あの名作漫画、41年ぶり2度目の実写映画化!「あしたのジョー」(東宝)。さすがに前回の映画化は、吾輩知りませんわ。しっかし「ヤマト」と言い、この映画と言い、TBSさんは、よっぽど地雷を踏むのがお好きなようで…(^^;。 ...

あしたのジョー

2011/02/11公開 日本 131分監督:曽利文彦出演:山下智久、伊勢谷友介、香里奈、香川照之、勝矢、モロ師岡、西田尚美、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦東京の下町で捨て鉢な生活を送る ...

映画「あしたのジョー」二人の求める明日が今は見えない

「あしたのジョー」★★★☆ 山下智久、香川照之、伊勢谷友介、香里奈、 勝矢、杉本哲太、倍賞美津子、津川雅彦出演 曽利文彦監督、131分 、2011年2月11日公開 2010,日本,東宝 (原作:原題:あしたのジョー)                     →  ★映

「あしたのジョー」感想

 高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による、日本を代表するボクシング漫画の金字塔を、「ICHI」「ベクシル2077日本鎖国」の曽利文彦監督、山下智久主演で実写映画化...

あしたのジョー 2011(2011-013)

梶原一騎原作、ちばてつや作画の超人気漫画の実写映画化。2回目?? 店頭で1970年に実写化されたDVDを見つけました。 自分が少年マガジンを読み始めたのは「あした天気になあれ」という 「あした」...

あしたのジョー

溶鉱炉のけむり 夕焼けにシルエットだけの工場群 オープニングでかかるあの曲そしてタイトル ドヤ街をあるくジョーから映画は始まる わたしはこの時点でぐっとこみあげてきた 原作のジョーで 自分がとても印象に残っている部分 2つあります ひとつ...

あしたのジョー

高森朝雄・ちばてつや原作による同名ボクシング漫画を実写映画化。主人公・矢吹丈が宿命のライバル・力石徹と出会い、やがてリング上で対決するまでを描く。監督は「ICHI」の曽利文 ...

『あしたのジョー』

山下智久主演で実写化。 力石が伊勢谷友介。 段平が香川照之。 監督が増利文彦でして。 この監督の「ピンポン」って映画が好きなのよ、僕。 卓球シーンで革命を起こした作品。 まだ ...

あしたのジョー(2010年公開)

予告を見て、気になって、気になって(笑) 昭和40年代、 東京の下町にあるドヤ街にふらりと立ち寄った矢吹丈は、 偶然入った食堂で、チンピラの西との乱闘に巻き込まれる。 その天性の身のこなしから、 元ボクサー・丹下段平にボクシングに誘われるが、 問題を起こ...

『あしたのジョー』 なぜジョーは立ち上がるのか?

 ある疑問を抱えて、私は映画『あしたのジョー』を観に行ったのだが、まずは本作の作り手にお詫びしなければならない。  私は2011年公開のこの映画を観て、「見事なCGIだなぁ」と思っていた。減量に減量を...

映画:あしたのジョー

 震災後1作目はあしたのジョーを観てきました。結構、余震がまだあってかなり怖かったんですけどね。

『あしたのジョー』'11・日

あらすじ東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈は元ボクサー・丹下段平にボクサーとしてのセンスを見出される・・・。解説言わずと知れた梶原一騎、ちばてつやによる伝説の漫画の...

『あしたのジョー』'11・日

あらすじ東京の下町で殺伐とした生活を送る矢吹丈は元ボクサー・丹下段平にボクサーと

『あしたのジョー』

あしたのジョー 矢吹丈が少年院で宿敵力石徹と出会い、 バンタム級で戦うまでを描く... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 高森朝雄(梶原一騎)原作 ちばてつや画の実写映画化