FC2ブログ

映画『武士の家計簿』



初体験しましたーーーー!!
初めて、舞台挨拶付きで映画観てきましたーーーきゃー\(^_^)/♪♪

ご当地映画ということで、全国に先駆けて石川先行上映でして、
初日の今日は、
森田芳光監督・堺雅人さん・仲間由紀恵さんが舞台挨拶に来場されました!!
わーい!!

いつもワイドショーとか見ていてうらやましいと思ってたんです!
田舎ですから、そんなチャンスはめったとないことなので、
先週、舞台挨拶があるって映画館で知って、
夫に即メール。
夫からも即「仲間由紀恵見たい」って返事が。
全席指定で一週間前からの予約ってことで、普通に先着順でした。
急いだつもりが、後ろの方の席でしたけど、もうそれでも大興奮でした!!

仲間由紀恵さん、美しい加賀友禅の着物で来られまして、
可愛かったです~♪
後ろの離れた席だったけど、オーラが伝わってきましたね~(^^)v
なかなかない経験でしたよ(*^_^*)


さて、映画本編の話も少し。

江戸後期、加賀藩は百万石ということで、算用モノというお仕事をしてる
侍がいて、
ま、現代では経理部経理課って感じでしょうか、
物の出し入れを計算している部署があったんですね。
主に下級武士の仕事のようです。

代々算用者の猪山家の人々の日常を描いています。
そろばん侍の仕事ぶりも
普段の生活も
何ら現代と変わらないのだなぁと思いました。

時代劇って殿様がいて、立ち回りがあって、
戦があって、下町の飯屋があって、女郎が出てきて、
越後屋が出てきて、
あと、大河とかも。
そんな貧困なイメージでしたけど、
どれも当てはまらない、
もっと現代のサラリーマンとその家族に近い
ホームドラマ的なイメージでみることができました。

出世したのに、借金がどんどんふくらんでしまう猪山家では、
家財道具を売り、
質素倹約に努める。
その生活は武士の見栄なんかより守るべきものがあることを
伝え、工夫して豊かな生活にすることを教えてくれる。

なかなかいい映画でしたよ。
ご当地映画なんですけども、
きっと日本人なら誰でもきっと、いいって思える内容です(^-^)g""

12月4日から全国公開です。
みなさまもぜひ!

にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン



映画『武士の家計簿』 - シネマトゥデイ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

misachi68さん、いいなーいいなー!
私も仲間さんのオーラを浴びたいです(笑)

これは、ポスターのキャッチコピーを読むだけで
涙が出そうになります。
武士の時代だって、生活が最も重要ですよね。

のりさん

うっふっふ(^^)v
やっぱり輝いてる女優さんは目の保養にいいですねぇ。

武士の日常っていまいちつかめてなかったけれども、
普通にお弁当持ってお城に出社する感じとか、
そのお弁当の中身が節約のために質素になっていく様とか
面白かったですよ~
ぜひ!

こんにちは。

舞台挨拶付きの映画って燃えますよね・・・!
オダギリジョーが大好きで、頑張って行きましたが・・・死ぬかと思った。という程 大 興 奮 しました☆

仲間さんは美人なんでしょうね~
見たいです!

映画も面白そうですね♪

すごーい!
この映画はちょっと気になっていたんですよ~。
しかも、舞台挨拶のメンバーがまた豪華!!
加賀友禅を着た仲間さん・・・・こりゃ目の保養ですねぇ・・・。

りこさん

りこさんも舞台挨拶付きの上映を体験されたんですね(*^_^*)

いいですよね~
直接、お顔を拝見できるなんて機会がないですもん。

オダギリジョーかっこいいですよね♪
ナマで見られたら大興奮ですよね~

あけぼうさん

そうそう、豪華メンバーでした!
堺雅人さんもTVで見るのと変わらず、素敵な笑顔でした☆

江戸時代にも経理部みたいな部署があったってのが
面白かった。
奥さんもまるで主婦雑誌に出てくるような工夫で
料理の食材使い切り術みたいなことをやってみたり・・・
現代に通じるお話でしたよ☆

トラックバック

映画「武士の家計簿」@朝日ホール

 客入りは若干空席がある位のほぼ満席。    映画の話 会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。江戸時代後期、加賀百...

武士の家計簿

武士の家計簿 スタッフ 監督: 森田芳光 キャスト 堺雅人 仲間由紀恵 松坂慶子 草笛光子 西村雅彦 伊藤祐輝 藤井美菜 大八木凱斗 嶋田久作 宮川一朗太 小木茂光 茂山千五郎 中村雅俊 劇場公開日:2010-12-4 ...

『武士の家計簿』(2010)/日本

監督:森田芳光原作:磯田道史出演:堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊試写会場 : 有楽町朝日ホール公式サイトはこちら。<Story>古本屋で偶然...

『武士の家計簿』

'10.11.02 『武士の家計簿』(試写会)@よみうりホール yaplogで当選! いつもありがとうございます。これは見たかった! 堺雅人好きなので。 *ネタバレありです 「幕末の金沢。加賀藩御算用者 猪山直之は、真っすぐな性格ゆえに苦労もするが、そろばんの腕と、その生...

武士の家計簿

 『刀でなく、そろばんで、家族を守った侍がいた。』  コチラの「武士の家計簿」は、古書店で偶然発見された幕末の武士の家計簿(入払帳)をモトにした磯田道史の『武士の家計簿 ...

武士の家計簿/堺雅人、仲間由紀恵

磯田道史原作のベストセラー「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を、森田芳光監督が映画化した異色の時代劇です。劇場予告編やあらすじの感じからしてチャンバラなどの ...

『武士の家計簿』

「数字が合わぬのが、我慢なりません」を「映画がヌルくなっていくのが、我慢なりません」に変えて森田芳光監督に叩き付けたくなる映画でした。 前半のゆったりとした家族愛のある ...

武士の家計簿

撫子。白砂糖。「鯛じゃ、鯛じゃ」。

映画「武士の家計簿」

映画「武士の家計簿」を鑑賞。

『武士の家計簿』 世代会計の映画化という偉業

 マスメディアが黙殺する問題、それを取り上げたのが『東のエデン』の画期的な点の一つだろう。  その問題――世代間格差の問題をマスメディアが取り上げることは滅多にないが、『東のエデン』はそれを堂々と...

『武士の家計簿』

  □作品オフィシャルサイト 「武士の家計簿」 □監督 森田芳光□脚本 柏田道夫□原作 磯田道史□キャスト 堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、中村雅俊、草笛光子、西村雅彦、       伊藤祐輝、嶋田久作、宮川一朗太、小木茂光、茂山千五郎■鑑賞日 12

「武士の家計簿」感想

 幕末期、刀の変わりに算盤を武器に、一家を守るべく奮闘した御算用者の姿を「家族ゲーム」「失楽園」の森田芳光監督で映画化。  ちょうど本作の時代前後に西洋数学が導入される...

武士の家計簿

ストーリー:会計処理の専門家、御算用者として代々加賀藩の 財政に携わってきた猪山家八代目の直之(堺雅人)。 江戸時代後期、加賀百万石とうたわれた藩も財政状況は厳しく、 加えて武家社会には身分が高...

「武士の家計簿 」加賀藩のお武家さまの借金返済計画

「武士の家計簿 」★★★☆ 堺雅人、仲間由紀恵、松坂慶子、西村雅彦、草笛光子、中村雅俊 出演 森田芳光 監督、129分、2010年12月4日公開、 2010,日本,アスミックエース、松竹 (原作:原題:武士の家計簿) ←                     →  ★映...

武士の家計簿

 『わたし出すわ』の森田芳光監督の作品であり、また原作本を出版直後に読んだことがあり、その内容はす...

映画『武士の家計簿』

 なんか母親が急に「観たい」言い出したもんで、予定にないものを観にいってきましたよ。お金は母持ち。キャハッ。 武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)磯田 道史 新潮社 2003-04-10売...

別館の予備(武士の家計簿 感想227作目)

6月17日 武士の家計簿(感想227作目) アメブロが5月15日よりTB廃止する事が発表されましたので 5月15日以降に更新した記事では当ブログでTBを受付ます 当ブログに ...