FC2ブログ

獣医ドリトル 第5話

今回の患者は、
①車にはねられた猫【ベル】 飼い主 瞳 
②ヘルニアで足が麻痺しているゴールデンレトリーバー【ケンタ】 飼い主 レミ
③レース鳩 飼い主 不明  依頼者 弥生

猫を連れてきた瞳は学生の頃のドリトルを知っている女性。
夫が不倫相手と心中して、生きる気力を失っている。

ゴールデンレトリーバーは土門の息子に安楽死をすすめられたのを
花菱がひきとめて、ドリトルの元へ連れて行く。
総合動物医療センターの計画に参加しようとしてる花菱だけれど、
[安楽死]はできるかぎり避けたいと思っているよね、理想は高いもの。
土門の息子に「誰がオペをするんですか?花菱先生!」って
詰め寄られたけれど、負けなかった。
オペがすべてじゃないよね、動物病院も。

そして、泣かせどころのメインのゲストは
50年間、夫からの伝書鳩の帰りを待ってる弥生(加藤治子)。
息子は鳩を餌付けして、近所から迷惑がられてる母に内緒で、
ドリトルに鳩の駆除を100万で依頼する。
息子の話だと、母は50年前新聞記者だった父は、女性と山で遭難して
亡くなったと。不倫の疑惑があることで、裏切られてた母を憐れんでいた。

当時は記事を早く社に送るための伝書鳩を持っていたんですね。

で、ドリトルが鳩の巣の駆除をしたところ、
巣の中にあった鳩の骨に手紙がつけられていたのを、瞳がみつけた。

50年前の夫の手紙が届いたのだ。
待ち続けた手紙には自殺をはかった女性の話と
奥さんへの愛を伝える言葉が綴られていた。
じわ~~(/_;)


ほんっと、このドラマは動物をあつかっていながら、
内容は人間のドラマだよね~(~~)

いい話でした。


ポチッと応援おねがいしま~す☆

blogram投票ボタン
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

「獣医ドリトル」第5話

第五話「鳩が結ぶ50年越しの夫婦愛」 視聴率11.5%

獣医ドリトル #05

『鳩が結ぶ50年越しの夫婦愛』

獣医ドリトル 第五話 「鳩が結ぶ50年越しの夫婦愛」

深夜、瀕死(ひんし)の猫を抱えた瞳(りょう)という女性が、鳥取(小栗旬)を訪ねて来る。鳥取と瞳は、学生時代の知り合いだった。猫を鳥取に手渡した直後、熱を出していた瞳は倒れてしまう。あすか(井上真央)の勧めにより、瞳はしばらく鳥取の病院で過ごすことになる。翌日、...