FC2ブログ

映画『七瀬ふたたび』

がっかり・・・

今年見た映画の中ではワースト1です。


原作は筒井康隆の七瀬シリーズ3部作の2作目で、1975年の作品。
何度もドラマ化されてるってことは、人をひきつける魅力のある作品なのだ。

私も2年前のNHKのドラマシリーズで楽しく見ていました。

金沢では公開されたのは遅くて、今日が初日だったのですが、
劇場にはお客さんがヒトケタしかいなかったです。
私は待ちわびた分、期待してたんですが。



だけど、まぁ、あまりにひどい。
ストーリーがいきなり途中からスタートしてしまってますし。
登場人物たちの関係がちっとも見えてこない。
説明のつもりか、ちらっとフラッシュバックするような感じで
断片的にはさみこまれるエピソードも短すぎて説明になってないし。
なぜ、謎の組織に狙われてるかもわからず、
わからないままどうして次々殺さなければいけないかも・・・

残念だよ。本当に残念だよ。


ポチッとよろしくです☆
にほんブログ村 映画ブログ 映画劇場鑑賞へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン



映画『七瀬ふたたび』 - シネマトゥデイ

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

七瀬ふたたび・・・・懐かしい、新しく映画になっていたとは知りませんでした~。
元の話は面白いのに、そんなに残念な事になるなんて。
映画化ってホント、原作ファン的には恐ろしいですよね・・・。

あけぼうさん

そうなんですよ。今回は娘が原作読んで面白かったらしく、
「映画も観たい」って言うので、かなり期待してたんですよね~

こんなにひどいと、原作を気に入ってるだけにショックだったようです。
私もこれじゃあ、全然伝わらないなぁ、と。
んで、俳優さん達もなぜかぎこちない演技で、入り込めませんでした(-.-)


トラックバック

七瀬ふたたび

これまでにも何度もドラマ化されてきた筒井康隆の人気SFを『シルク』の 芦名星主演で初の映画化。未知能力を持つゆえに人目を忍んで生きてきた ヒロインが、同じように特殊な能力を持つ者たちと出会い、彼らを抹殺しよう とする謎の組織に立ち向かっていく姿を描く。 …