FC2ブログ

本『夢も定かに』




Kindleで買っておきながら、積読状態でしたが、
世の中の多くの人が引きこもりの今こそ読書ですよね〜〜

奈良時代、後宮でお仕事をする女官たちの青春小説。
おっとりした若子、バリバリ仕事で上を目指す笠女、モテモテの美しい春世の3人は
宿舎の同じ部屋で寝起きしている。
三人三様で年頃の女の子たちの友情や仕事への情熱や恋愛などなど盛り沢山。
身分の違いがあると、それでマウントしちゃう同僚がいたり、
派閥があったりと厳しい環境での生活で
自分の生き方と向き合い成長していく物語。

同じ時代の作品の中でもとってもライトな読み心地だったんだけど
中盤以降の若子の成長ぶりが素晴らしくて
恋人に内緒で仲間を助けることを選ぶところはグッときます。

藤原房前がちょっと男前の雰囲気が良いので
ドラマにならないかなぁ。
っていうか、この作品シリーズになったらいいのに。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

この方は、ちょくちょくこのあたりの時代を書いてくれるから嬉しいよね。
是非ドラマ化してほしい!けど・・・今の世の中じゃ予算かかりすぎるかなあ。衣装とかセットとか。

藤原房前ってどんな人だったっけ?って思わずググッちゃいました(^^♪
やっぱりドラマにはイケメンがいないと☆

あけぼうさん

そうそう、この時代の小説多いんですよね、澤田瞳子さん。
藤原房前って前にも別の作品で登場してるな〜って思って気になっちゃう。
確か、『火定』にも出てる。←今だと旬な感じのパンデミック小説。
もしかしたら、他にもありそうw
いや、イケメンなイメージなのはこの作品だけですよ、多分。
中年の程よい貫禄と厳しさと包容力がありそうな裏の顔もある、イケオジ。
どうだろう?誰がいいかな。伊勢谷友介氏あたり?