FC2ブログ

映画『ミッドサマー』




こんなご時世で、映画はしばらく観にいけないかなぁ、なんて思ってたんだけど。
オット氏は映画館は危険ってくらいに思ってるけど、
まぁ、週末は人気の映画はそこそこ入ってるから確かに密集してる場所は・・・って思う。
でも、身内にはみんなが行かないからスッカスカだよ、今行くべき!っていう映画好きもいるんです。

で、平日の昼間だから大丈夫だよね!ってことで、
今回は2本をハシゴしました〜♪
同じシネコン内で、タイミングもうまい具合で間の時間も少なくて済みました。

まずは1本目。
これはきっと地上波で放映なんてないかもしれんって思って。
明るいけどホラーかも。ってレビューとか読んじゃったから。
受け取り方も様々らしい。

あらすじは
妹が両親と共に無理心中をはかり、家族を失った傷心のダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たち5人でスウェーデンを訪れた。彼らの目的は奥地の村で開催される「90年に一度の祝祭」への参加だった。太陽が沈むことがないその村は、美しい花々が咲き誇り、やさしい住人たちが陽気に歌い踊る、楽園としか形容できない幸福な場のように思えた。しかし、そんな幸せな雰囲気に満ちた村に不穏な空気が漂い始め、惨劇が次々に起こるのだ。

めっちゃ明るいんですよ、白夜だから。夜が無い。
でも、美しい花々とは別になんとな〜くイヤ〜な雰囲気が満ちてる。
慣習だとか伝統だとか、独特の土着的な部族の風習が、行き過ぎているのが伝わってくる。

昔、坂東真砂子さんの小説が土着的な風習が怖面白い感じが好きだったんだよね。
感じ方はそれに近い。
(あ、だからか。書きながらなぜ嫌悪感が少なかったのかわかった。女性を貶めてないわ)


なんか幻覚見せるクスリとか、踊りまくるコンペとかぐるぐるしてる画面のせいで
観てる私もふら〜って酔いそうなところに
どさーっ
血が出る場面とか禍々しい場面が繰り返されて
心が弱ってたら観れない映画かもw


いや〜〜気持ち悪いのに面白い。
この矛盾も自分の中で今、消化できたんで(´▽`) ホッ






関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

妹が両親と共に無理心中をはかる・・・しょっぱなからヘビーe-330
たしかに坂東眞砂子さんを西洋バージョンにしたら、こんな感じなのかも。この映画は原作あるのかな?
メルヘンな花園と禍々しい土着の風習っていう、このコントラストをうまく映画に仕上げたのってすごいね。

それにしてもわたしも思っちゃうよ~。どこも閑古鳥が鳴いてるもん。コロナのせいで旅館とかめっちゃ安くなってるし、カニも半額っていうニュースも見るし、実は旅に出るなら今なんじゃないかって。でも身の回りに年寄りが多いから自粛しちゃう・・・。

あけぼうさん

しょっぱなからヘビーで、
スウェーデンの村に着いてからもかなりショッキングでヘビーです。
いや〜こんな怖いのに、なぜか女性に人気らしいですよ、この映画。
多分ね、男性はめっちゃ怖くなるんだと思うけど、
女性は吐き気がするほどのイヤな気分になる条件がきっと男性と違うかも。
私が気分悪くなるのは弱者に対しての激しい暴力だったりするので、
そういう感じじゃないんだよね〜〜(*´∀`*)


確かに日本国内の旅行ならこっそり行けるんじゃないかと思うw
旅館とかつぶれちゃうんじゃないかと心配です。
でも年寄りは感染したら命の危険にさらされるからねぇ。

No title

へえ、そうなんだ。(^0^)
知人が「もう参った…」ってぼやいてた映画。
男の人でした。
どうしよう。こわいかなあ。どうしよう。

玉坂めぐるさん

うん。どうやら男性は苦手な人が多いようです。
それに引き換え女性は観終わった直後から感想など話したりしてる人が多いとか。
珍しい現象っぽい。
主人公の女性の目線で共感できる部分があるから、ってことかも。
絶対おすすめ〜って言えないけれど、
一週間経ってもちょっと余韻が残ってる。

トラックバック

ミッドサマー

家族を失った女性ダニーは、大学で民俗学を研究する恋人クリスチャンや彼の友人と共に、“90年に一度の祝祭”が行われるというスウェーデンの奥地を訪れる。 美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まない白夜の地は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のよう。 だがそれは、想像を絶する悪夢の始まりだった…。 ホラー。 R-15