FC2ブログ

映画『ジョジョ・ラビット』





本日2作品目。

これも観て良かった〜〜うるうる。

いきなり序盤はビートルズの曲をバックに軽快で明るく
少年の楽しげな場面から始まっちゃうんです。

え?コメディかな。

背景は第2次世界大戦中のドイツである。
10歳の少年ジョジョは自分が空想で作り出したアドルフと喋ったりしてるけど
アドルフに励まされ、ナチスの親衛隊になることが目標だ。
ジョジョは青少年集団「ヒトラーユーゲント」に入隊して立派な兵士になるために
訓練を受けることにした。

が、初日にウサギを殺せと命じられたが殺せず、ジョジョ・ラビットって不名誉なあだ名まで付けられた。
さらに教官の手榴弾を奪って投げたら当たりどころが悪く、
ジョジョが顔に負傷したのだった。
ユーゲントでビラを貼るとか簡単な仕事だけをするようになったジョジョ。

ジョジョの母親(スカーレット・ヨハンソン)が本当に素晴らしく、
賢く美しく溢れる愛をジョジョに注ぎ込む。
母と2人で住む家に、ある日ジョジョは隠し部屋に少女を見つけてしまう。
少女はユダヤ人でエルサという。
ユダヤ人はまるで人間では無いってくらいに信じ込んでいたジョジョは
「ユダヤ人の秘密を教える」ことを条件に黙っていることを約束する。



主人公ジョジョを演じるのローマン・グリフィン・デイビスは
オーディションで発掘されたらしいんだけど
ナチスを盲信する少年の心に疑問が生まれる過程を見事に演じている。

正直言って、戦争映画で子どもを主人公にして
こんな明るく描いて大丈夫かって、序盤で思ってたけど
ちゃんと悲しい場面はやってきた。
ゲシュタポの家宅捜索があったり
大切な人を失ったり。
戦闘シーンもあって危険のある中を走った。


メリハリありすぎて、終盤では涙が止まらなかった。
でも、ラストはとってもいい終わり方。
絶望が最後ではない、ってリルケの詩が生きてくるんだ。

ジョジョはラストにちょっと成長して男らしい感じが出てた(*´∀`*)


学校からも観に行けばいいんじゃない?って思うくらい
子どもにも観てほしい映画だった。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

わーこれはいい映画に違いない。
ミサさんの紹介だけですでにグッときちゃってる。
本当に学校で見に行けばいいのに。

あけぼうさん

ほんとにいい映画です!
主人公のジョジョがたまらなく可愛いんですよ。
弱っちいところも、嘘ついちゃうところも子どもらしくていい。
全ての人にオススメです( ˊᵕˋ )

トラックバック

「ジョジョ・ラビット」

ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)は10歳の軍国少年である。第二次世界対戦末期のドイツで、有能な軍国の士になるべく「ヒトラーユーゲント」という少年組織で日々訓練に励んでいた。ジョジョの頭の中には空想の親友アドルフ(タイカ・ワイティティ)がいて、彼は折に触れてジョジョを叱咤激励し、時には相談に乗ってくれる存在であった。靴の紐を上手く結べないこと以外は、ジョジョは優秀な戦士であると、自分...

ジョジョ・ラビット

第二次世界大戦下のドイツ。 10歳の少年ジョジョは空想上の友達“アドルフ・ヒトラー”の助けを借りて、青少年集団ヒトラー・ユーゲントの立派な兵士になろうと奮闘していた。 しかし、訓練でウサギを殺せなかった心優しいジョジョは、教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまう。 そんな中、ジョジョは家の隠し部屋に、ユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気づく…。 ヒューマンドラマ。