FC2ブログ

本『ウツボカズラの甘い息』





直木賞候補になった『狐狼の血』の作家さん。
狐狼の血は映画化もされたけど、血生臭い警察物で
ちょっと好みではなかったのでスルーしてたら
この作品がkindleでお買い得になってたから読んでみました。

初めて読む作家さんでした。
映画化の作品が話題になるまで柚木麻子さんと混同してまして
作品のジャンルが幅広すぎないか?って不思議に思っていましたw

そういえば、高村薫さんと北村薫さんも混同してたことがありましたw
読み始めたらすぐ違いがわかりますw

今作は精神的に病んでしまって、さらに太ってしまってることを気にする主婦が
ある出会いをきっかけに見違えるように美しく変身するが
そこへ殺人事件発生。
全く身に覚えのない彼女は果たしてどんな罠にはまってしまったのか。

つい、動機が気になって想像しながら読み進めてたんだけど
怨恨じゃなかった。。。

どこまでいっても怨恨ではなく
人を騙して、さらに逃げて別のターゲットを見つける前に
殺人をも犯す。
恐ろしい。

騙されないように気をつけよう。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

ええ~・・・タイトル通り彼女はウツボカズラのなかに入って行っちゃった小虫みたいなもんなのか・・・。怨恨も怖いけど、そうじゃないほうが怖い怖い。

あけぼうさん

怖かった。
罠が用意周到なんだよね。
よくある投資詐欺もそうだけど、
詐欺って時間かけて騙すんだよね。
ゆっくりゆっくり小虫はストンと入り込んじゃって溶けてくんだね、ひゃー