FC2ブログ

本『トロイメライ~唄う都は雨のち晴れ』



2019.8.5読了。
トロイメライの続編。
テンペストと同時期の庶民の物語。
築佐事の武太やをなり宿の三姉妹はもちろん出てくるが
旱魃や税に苦しむ名もなき人々の姿にスポットをあてる。
1話は間切倒に苦しむ村に改善するために現れたはずの下知役は
鬼のごとくにさらに農民を苦しめる。
しかしそれを聞得大君が救うというラストには痛快な話。

2話は三姉妹と漆の職人たちが腕を競うコンテストの話。

3話は三姉妹の元へウフスーコーと言う年忌法要の節目の盛大な料理を一晩で作って欲しいと注文しておきながら、
支払いの前に姿を消してしまった詐欺師の話。
詐欺師は幽霊なのだが、なぜ幽霊がそんなことをしたのか真相を追い、解決するまでの根回しがお見事!

4話は蛇皮の横流しを追う話。
思いがけず大貫長老の弱みを握ったり、身分の高い家での宴会に潜り込んだり。そしてラストは黒マンサージと寧温!?

5話では風水が琉球では生活環境学として必要とされていたことがわかるお話。
風水師が村落を鑑定して村の設計図を作ることで生産性が上がるらしい。

6話は森の奥で上布を織る女性と国王の夏着のための上布を探す役人の切ない恋の物語。


読み始めは『テンペスト』のスピンオフ『トロイメライ』のさらにスピンオフ作品として軽くみていたけれど、
琉球王国の庶民が苦しい税や旱魃で、生きるのも辛い貧しさが伝わってきて、良い作品だな~としみじみ。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

そうそう!
この話って、ほっこり楽しい町人ものとは一味違って、
苦しみが絶対あるんだよね。
それと独特の琉球の雰囲気が文章に充満してて。

うんうん。思い出してきたぞー。

唄う都は雨のち晴れっていうタイトルも、
なんだかすべてを言い表していて、すごく良いね。

あけぼうさん

うん、必ずしもハッピーエンドではないし、
そもそも庶民って、当時の重い税に苦しんでるんだよね。

でも池上永一氏の作品って個性的なキャラが
スカッとさせてくれたりもするので
苦しみとか悲しみも満ちてるけど
琉球そのもののエネルギーも感じるんだなぁ。
いいタイトルだわ