FC2ブログ

映画『グリーンブック』



アカデミー賞作品賞!!

いや〜〜本当にね、いい映画観た〜〜〜〜って感じです(*´∀`*)
実話なんだそうです。

1962年、黒人ピアニスト、ドン・シャーリーは人種差別のまだ激しい南部へ
あえてコンサートツアーを計画する。
運転手としてNYの有名ナイトクラブ・コパカバーナで用心棒を務めてるトニー・リップをスカウトして
南部へ8週間のツアーが始まる。

ドン・シャーリーは教養があって上流階級の方々から呼ばれて演奏し喜ばれている。
カーネギー・ホールの上に住んでるくらいリッチで一流の人って雰囲気。
トニー・リップはイタリア系の白人でガサツでちょっと品がない言葉遣いもしちゃう。
こんな二人では衝突するのは当たり前。

でもだんだんと打ち解けてお互いの環境を理解していくようになっていく。

それにしても、トニーはヘビースモーカーで
常にタバコくわえてる。
それも時代だなぁ〜〜
トニーは大食いもすごいんだけど、
ピザの食べ方が斬新だった'`,、'`,、'`(´∀`)'`,、'`,、'` !!


黒人への差別はきっとアメリカではまだまだ酷いんだろうなぁ。
差別を扱う映画作品多いものね。げんなりしちゃう。
ウチら日本人にもきっと同じような扱いするんですよね。
ゲストとして招待しておきながら
トイレすら使わせない。

グリーンブックっていうのは黒人向けの「る○ぶ」みたいな本。
安全に、あるいはストレスなく宿泊できるところを掲載してる。
泊まれる宿も限られてるし、食事ができる店も。

ある州では黒人の夜間の外出すら規制されてる。
トニーはいちいち腹を立てるけど、
ドンはいつも静かに我慢している。


ラストの暖かさにエンドロールの時に勝手に涙が出てて。
じわ〜っと胸に熱さが広がって
ニンマリと映画館を後にできます。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

これ私の周囲もみんな、観た人たち絶賛してます。
中学生くらいの子は学校で見に行ってもいいくらいだよな~って思う…。

No title

ジムキャリーのMr。ダマーとか「メリーに首ったけ」とかおバカ映画を撮ってたファレリーさんが監督なんだってね。
見なくちゃ、ですね。

あけぼうさん

やっぱり、評判いいんだね〜〜(*´∀`*)
確かに学校で見に行ってもいいと思うレベル。
おすすめです(^-^)v

玉坂めぐるさん

ファレリー監督作品は実は初めて観たんです。
ファレリー氏にとっては今までに作ったことのないタイプの作品だったようですね。

めっちゃ良い作品で、誰にでもおすすめできると思います(*´∀`*)

トラックバック

グリーンブック

1962年、アメリカ。 ニューヨークの一流ナイトクラブ「コパカバーナ」で、用心棒を務める白人男性トニー・リップ。 店が一時休業となった時期、彼は黒人男性ピアニスト、ドクター・シャーリーのコンサートツアー運転手として雇われた。 黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、2人は人種差別の激しい南部へと向かうことに…。 実話から生まれた音楽ヒューマンドラマ。。

「グリーンブック」

心温まる良作。それは間違いない。ただ温まるだけでなく、笑いも痛みも伴って。題名の「グリーンブック」とは、人種差別が公然であった1960年代に、アメリカ本土を旅する黒人向けのガイドブックのこと。そこには黒人が宿泊できる…宿泊してもいいホテルが書かれている。本作では、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が、当時人種差別が最も激しかった南部にコンサートツアーに出る際に同行した...

『グリーンブック』('19初鑑賞22・劇場)

☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 3月15日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 10:40の回を鑑賞。字幕。

「グリーンブック」

うまくできてるのう。