FC2ブログ

映画『ラ・ラ・ランド』観てきた〜



行ってきました〜〜(人‘▽‘☆) ルン♪
明日はいよいよアカデミー賞授賞式ですね〜〜
この最多タイのノミネートで話題でしたし、ワクワクしてたんですよ。

期待を裏切らない素敵な作品でした〜〜
夢を追いかける2人が恋をするストーリーはシンプルで、
楽しいミュージカルシーンも派手すぎることはないし、
恋が盛り上がるシーンには2人は魔法のように飛んじゃうし、
ロマンチックで、情熱的で、切なくて、
雰囲気はちょっと懐かしい感じもありました。

しばらく、じわじわと思い返したりして浸ってしまいます。

↓この渡辺直美のCMには笑ったけど、
これが大げさじゃないんだよね〜〜(*´∀`*)





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

CM動画がおおげさじゃないってww
(^。^)みささん踊っちゃいそうだったという
感じ?いいねえ(^^)

アカデミー賞作品賞は、のがしたけど
話題はたっぷりですね。(^^)

ミュージカル映画って、
そんなになじみはないんだけど気になります。
それからタイトル、好き。

玉坂めぐるさん

そうなんですよ!!
踊りたくなっちゃうww
踊りを極めるようなストーリーじゃないので難しいこともしてないしw

アカデミー賞ってやっぱりハリウッドの映画に携わる業界人の選ぶ賞らしいので
同業者からは絶賛されても日本人には伝わらない作品だってありますもんね。

このラ・ラ・ランドは日本人にもわかりやすい内容だったし、
これで作品賞とったらほんとにすごい熱狂ぶりになったことでしょう。
残念でしたけど、賞じゃなくて、いいね!!って言ってくれる人が多いことの方が
良かったんじゃないかなぁ。
もう一回観たいって感じです。

ミュージカルが大好きってわけでもないけど、どなたでも観て面白いと思いますよ。
LA・LA・LANDのLAはロサンゼルスのことみたいです。

オススメです(*´∀`*)

No title

みんなこれ良いって言ってる~♪
アカデミー賞のアクシデント(笑)は、日本に限って言えばなかなかの宣伝効果になったんじゃないかな。

あけぼうさん

ほんっと(≧∀≦)/イイ!!よ

懐かしい雰囲気がまたハリウッドらしいのかな。
スマホを使ってるシーンが無ければ30年前の設定なのかと思っちゃうほど。

あのアカデミー賞のアクシデントはもしかして仕組んだ人がいたのかもしれないし。
宣伝のために。なんちゃって〜〜
でも、アクシデントを怒ってる人は当事者の中にはいないような感じなので良かったよ。

トラックバック

ラ・ラ・ランド

アカデミー賞14部門ノミネートのミュージカル映画だ。「セッション」のデイミアン・チャゼル監督がライアン・ゴズリングとエマ・ストーン主演で製作した。女優を目指す女性とジャズピアニストを目指す男性の物語である。冒頭のハイウェイ渋滞シーンから長回しのシーンがある

ラ・ラ・ランド / La La Land

ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけの数が揃えられるのが凄い。ミアじゃ無いですが、それだけ出番を待っている俳優・女優が沢山居るという事ですね。 この作品の、セバスチャンの演奏シーンですが、全て吹き替え無しでライアン・ゴズリングが演じていたそう。念のために、吹き...

「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい!

[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示される方もおられますが、果たしてこの映画を好きになれない人なんているんでしょうか? 夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。女優志望のミア(エマ・ストーン)と、ジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)。2人の出会...

ラ・ラ・ランド

評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という

ラ・ラ・ランド~エマ・ストーンのデカ目全開

公式サイト。原題: La La Land。デイミアン・チャゼル監督。ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ、ローズマリ ...

『ラ・ラ・ランド』

嗚呼、これが映画だ。これこそが「映画」だ。 ロマンティック、テクニカラー、ミュージカル、アメリカンドリーム、ジャズが口々に語る。これが「映画」だと。こんな恋が羨ましい ...

映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞史上最多の14部門のノミネートの今作の感想 = 何てマジカル!

今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監督賞 ・脚本賞 ・作曲賞 ・主題歌賞(City of Stars、Audition の2曲ダブル・ノミネート) ・撮影賞 ・衣装デザイン賞 ・編集賞 ・美術賞 ・音響編集賞 ・録音賞 昨日日本...

「ラ・ラ・ランド」 LA LA LAND (2016 GAGA)

渋滞の高速。一台一台のカーステレオが、いかにもそのドライバーが好きそうな音楽を流している。ひとりの女性が我慢できずにドアを開け、路上で踊り始める。呼応して、まわりのみんなが微笑みながら壮大な群舞を……ここまでを長回し一発撮り。この時点で、「ラ・ラ・ランド」の...

ラ・ラ・ランド

ラ・ラ・ランド@よみうりホール

劇場鑑賞「ラ・ラ・ランド」

夢を追いかける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201702240000/ ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック) [ (オリジナル・サウンドトラック) ]

映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし

映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。女優を目指すミア(エマ・ストーン )は映画スタジオのカフェで働きながら、オーディションを受けては落ちての日々。一方、場...

ラ・ラ・ランド

夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  

ラ・ラ・ランド

監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジェシカ・ロース、キャリー・ヘルナンデス、トム・エヴェレット・スコット、ミーガン・フェイ、デイモン・ガプトン、ジェイソン・フュークス、ジョシュ・ペンス、トレヴァー・リサウアー 【解説】『セッション』などのデイミアン・...

「ラ・ラ・ランド」☆夢と現実

夢を叶える史上最高にハッピーなミュージカル映画!という印象を強く与えたCM作った人の腕がすごい!! 勿論本編も素晴らしいのだけど、実際にはハッピーなだけではないほろ苦い大人の夢語りにぐっとくる作品なのだ。

ラ・ラ・ランド/LA LA LAND

歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ...

[映画『ラ・ラ・ランド』を観た]

☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語。 ミュージカルとしての統制が感じられない中、徐々に、ヒーロー、ヒロイン、ダンス、ミュージック、演技、ストーリーの個性が発揮されてきて、その個性の突出が、ジャズのセッションにも似て、次第に高度な位置で結びつく、とにらんでいた。 ...

ラ・ラ・ランド

【LA LA LAND】 2017/02/24公開 アメリカ 128分 監督:デイミアン・チャゼル出演:ライアン・ゴズリング 、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ 夢をみていた STORY:何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこで...

ラ・ラ・ランド

夢追い人が集まる街アメリカ・ロサンゼルス。 映画スタジオのカフェで働くミアは女優を目指しているが、オーディションに落ちてばかりだった。 ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾く青年セブことセバスチャンと出会う。 彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。 恋に落ちた二人は互いの夢を応援し合うが、徐々に気持ちがすれ違っていく…。 ミュージカル。

ラ・ラ・ランド・・・・・評価額1800円

そこは、夢を見られる街。 二年前、鮮烈な音楽バトル映画「セッション」で、センセーションを巻き起こしたデミアン・チャゼル監督の最新作は、前作とはガラリとムードを変えたミュージカルスタイル。 タイトルの「ラ・ラ・ランド」とは、ハリウッドの俗称であるのと同時に、陶酔して夢の中にいるような精神状態のことでもある。 ジャズピアニストで自分の店を持ちたいと願うセブ、女優を目指すミアという二人の...

『ラ・ラ・ランド』('17初鑑賞16・劇場)

☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10) 2月25日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 12:10の回を鑑賞。 字幕版。

「ラ・ラ・ランド」(1回目)

うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。

映画「ラ・ラ・ランド」

3月1日のファーストデーに映画「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。

『ラ・ラ・ランド』

ミュージカル映画だったので思わずカテゴリーをライブ♪にしてしまいました。 プレミアムフライデーとかいう日ができたそうで私も久しぶりに映画を観に行きました。 しかも初日! ネタバレはたくさんかるかもしれませんのでこれからもご覧になる方はご注意ください。 ...

ラ・ラ・ランド

 『ラ・ラ・ランド』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)米国アカデミー賞の様々な部門でノミネートされている作品ということで、映画館に行きました(実際には、大本命視されていた作品賞からは外れてしまいましたが)。  本作(注1)の冒頭では、ロサンゼルスのハイ...

「ラ・ラ・ランド」

素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はかなり斜に構えていた。元々ミュージカルに親和性がない上、ラブストーリーオンリーはあまり好みではない。あと、「夢を追いかける」「思い続けていれば夢は必ず叶う」といった、いかにもアメリカらしい、ディズニー的な押し付けにはちょっと、いや...

現代でミュージカルを!

24日のことですが、映画館「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。 オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアはピアノの音色に誘われて入ったジャズバーでピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする そして後日 ミアはパーティ会場のプールサイドで不機嫌そ...

ラ・ラ・ランド (2016)

なんと、あの超有名になった、車の上のダンス・シーンは冒頭の導入編だったのですね。「セッション」で一躍注目を集めたデイミアン・チャゼル監督が、ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演で描いたミュージカル映画売れない女優とジャズピアニストの恋を、往年の名作ミュージカル映画を彷彿させるゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描いた意欲作。オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノ...