FC2ブログ

本『家康、江戸を建てる』





「北条家の旧領関東二百四十万石を差し上げよう」天正十八年、落ちゆく小田原城を眺めながら、関白・豊臣秀吉は徳川家康に囁いた。その真意は、水びたしの低湿地ばかりが広がる土地と、豊饒な現在の所領、駿河、遠江、三河、甲斐、信濃との交換であった。愚弄するかのような要求に家臣団が激怒する中、なぜか家康はその国替え要求を受け入れた…。ピンチをチャンスに変えた究極の天下人の、面目躍如の挑戦を描く快作誕生!(Amazonより)

面白かった〜〜

秀吉から家康に告げられた、不公平な領地替え。
家康は関東には、手つかずの未来があると直感を信じて、日本史上もっとも人と米と土と金を投入した巨大なばくちに打ってでた。

物語は連作で、それぞれの事業でメインとなる人物を立てて、
家康の江戸の基盤となる事業を地道で気の遠くなる作業で仕上げていく様子を描いてます。

第一話で利根川の流れを変える治水工事。
伊奈忠次が請負い、孫の代まで仕事を引き継ぐほどの壮大な仕事。
これを成功させなければ関東が栄えることはなかった。

第二話は貨幣の鋳造。金座・銀座の地名の元の話。
仕事を教えてくれた上方の本家よりもいいものを作ろうとする職人魂がいい。

第三話は上水道を引いて、飲み水に困らないようにすること。
東京に住んだことがない私も坂道の多い地形はなんとなく知っているので、
上水道を引いて、井戸の高さとの関係をどうするのか読んでいてワクワクした。

第四話では石垣を積む。見えすきという石を切り出すための透視能力を持った職人・吾平が
江戸城のための石を切り出し、石垣を積むための見えすきの能力のあるもう1人の職人・喜三太と共に
大手門の鏡石を積む話。
こだわりを持って仕事をしたことを雲の上にいる人に認められる話はぐっときます。

第五話は職人ではなく秀忠が主人公。
父・家康の意図する天守というものを理解しようと漆喰壁を作るところから密着取材しちゃう話。
秀忠って家康が大きすぎて地味な描かれ方ですよね。
好意的に見ることができて、2代目ってこういう人が良かったのだと思えます。

どの事業を見ても今までそこになかったものを作り上げる大きな仕事。
これを差配する、しかも豊臣家と微妙な関係の状態の時にですよ。
確かに大坂の陣の後から始めてたのでは家康も年をとってたし、難しかっただろうけど、
大きな街を作り上げた家康の大きさを感じました。

ちょうど関ヶ原やら大坂の陣やら戦もあったその時に
戦とは関係なく進められていた壮大な街づくりに、
いちいち関心しましたし、
土木はちょっとわからないけど、建築は見るのも好きだし、
細かな表現でイメージしやすくて楽しめました。
請け負う職人の仕事も誇りも気持ちいい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

あっこれ、チェックしてました~~~!
面白そうだなと思ってたけど、期待高まった―!
最近は時間が細切れで
じっくりと一つの本を読むのがしんどいもんだから、
つい後回しにしていたけど、
いろんなテーマで第1話、第2話…ってなってるのは助かるなあ。

あけぼうさん

私も一冊読むのに時間がかかってしまうんですよ(; ^ω^)
諸々の事情で。
で、この本も実は図書館で借りたのに、読めずに一度返してしまってるんです・・・(*^O^)アハハ!!
2回目だから今度はもう気合い入れて読みましたよ〜

第一話、第二話って連作になってますけど、
一話が濃いので読み応えありますよ。
ぜひぜひ。
『東京帝大叡古教授』より面白かった。

No title

アまゾンぽちったよう。
どんだけ積んどくんだ、というような
散々な読書状況だけど・・・
これは、ちょっと早めに読もうかな。

と今は言っておきます。

玉坂めぐるさん

ありがとうございます(*´∀`*)
きっと玉さんなら読んで楽しいと思います。

積ん読本は私もかなりな分量です(; ^ω^)
単行本で気になって、文庫になるまで待った話題の本も
話題が過ぎ去ってもまだ積まれたまま・・・
積んでおいた本よりも先に図書館からお呼びがかかってしまってw

でも、ちゃんといつか読むのでw

トラックバック

戦国のプロジェクトX 『家康、江戸を建てる』

『家康、江戸を建てる』。タイトルは、「家康」ですが、本当に江戸をつくったのは、直接現場に携わる名も無き職人たちや現場を監督する奉行たち。彼らが困難なプロジェクトに挑む姿はまさに、戦国版のプロジェクトXの趣があります。 困難や悲劇はあるものの、土地を整え、水を引き、新開地江戸を建てていく過程は、新しい希望に満ちています。まだ海の物とも山の物ともつかない田舎が、やがて世界になだたる都市にな...