FC2ブログ

本『ハウルの動く城 1 ~魔法使いハウルと火の悪魔』

何度も地上波で放送しているジブリアニメの『ハウルの動く城』はジブリ作品の中でも私の好きなランキング上位です。DVDを持っていても放送も見ちゃう。そういえば原作って読んでないなと思ってkindleで購入しちゃった~原作の方が良いってレビューを見てたのでちょっと期待した。いや~期待し過ぎたか...アニメでハウルの魅力がどんどん溢れてくる感じ。ソフィーを守るために戦うハウルとそれを止めようとするソフィーの切ない気持...

本『宇喜多の捨て嫁』

高校生直木賞を受賞した木下昌輝さんのデビュー作。読みたいと思いながら、タイミング逃しっぱなしだったのですがようやくkindleで買って読みました。宇喜多というと宇喜多秀家しか知らなくて、その嫁っていうと豪姫だよね、前田家の。って漠然とイメージしてたものとはめっちゃかけ離れてました。秀家の父である宇喜多直家が主人公。主人公といっても連作短編で章ごとに別々の人物によって語られるそれぞれの関わりあった部分の直...

本『骨を弔う』

台風が来るってことで家に閉じこもり読み耽りました。ネットで見つけて借りてきました。初めて読む作家さんです。豊はある日新聞で「土手から見つかった人骨が骨格標本だった」という記事を見つける。それは29年前の幼なじみ5人で行ったことを思い出させた。自分たちが骨格標本をいたずらで埋めたのは山だった。もしかして29年前に埋めたのは本物の人骨だったのではないかと疑念を抱き、長く会うことのなかった幼なじみを尋ね歩く...