FC2ブログ

映画『僕だけがいない街』

原作のコミックは読んでいません。が、ちょっと映画は多分説明不足なところがいっぱいあるような気がするので、原作コミック読みたくなっちゃいました。ミステリーで、しかもリバイバル(って言い方してるけど主人公が再上映見てるような感覚からか?)。いわゆるループものです。失敗した過去をどうにかやり直して現在の最悪の状態から良い方向へ帰るってことなんです。主人公はなぜかほんの少し時間のやり直しをすることができ(...

本『ラメルノエリキサ』

小説すばる新人賞の受賞作。主人公は高校生の小峰りな。幼い頃から、彼女のモットーはやられたらやり返す。自分が不愉快な思いをしたら、同じくらいの復讐をしてスッキリしたい。そんな彼女が通り魔に刺されるのだ。警察よりも先に犯人にたどり着き、復讐を遂げることを誓う。ちょっとアブナイ主人公で、いちいち復讐するっていうその性格に嫌な気分になっちゃう人もいるかもしれないな。私はまぁその幼さも、そこらへんにいそうな...

本『へろへろ 雑誌『ヨレヨレ』と宅老所「よりあい」の人々』

小説を読みたいって言いつつ、また小説じゃない本を手にとって読んじゃいました。下村恵美子さんが始めた宅老所「よりあい」・・・・えっとデイサービスをもっと親しみやすくした感じ?と、そこに巻き込まれる形で世話人になった人たち。その日々の面白おかしい雰囲気を雑誌にしちゃった著者。それをユーモアあふれる文体でしょっぱなから笑わされます。ついには特養まで作っちゃおうという活動になって、資金集めに奔走する日々。...

本『カルト村で生まれました』

コミックエッセイのご紹介。タイトルからしてちょっと衝撃的でしょ?内容もなかなか衝撃的でしたよ。生まれてから19歳まで育ったカルト集団の共同生活を送っていた著者はその後、外の世界へ出て結婚されてます。が、普通じゃない生活を送ってきたことを絵と文で投稿したことがきっかけで今作でデビュー。親とは別の村で共同生活を送り、あらゆる物は全て共有、牛や鶏の世話をして畑作業をして、食事は1日2回で、朝食は無し。一...

タイトルが長すぎる漫画^^;

『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』ってタイトル長すぎますよね〜読書感想のブログなんて書いちゃってますが、私はそもそも教科書に出てくるような文学作品をちっとも読んでなかったりします。しかし、「そんなことも知らないの?」的なことは正直、言われると痛い・・・ま、映画の記事を書いたりもしますが、映画も有名な作品を必ずしも全部見てるわけじゃないので、それも、え?観てないの!意外〜...

最近読んだコミック

先月、読書っていうよりは、癒しを求めて読んでたものはコミックです。これこれ。Twitterで出会って、ブログも毎日見てました。もう、めっちゃ可愛くって癒されました。笑えます。ウチは大学生の娘も息子もパラパラページをめくったらハマってしまってゲラゲラ笑って楽しんでました。これも・・・何度も読み返したくなるんですよ。楽しくて。ちなみにブログはコチラさらに、読んでたコミックは。これ、水曜日のフジテレビでドラマ...

本『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』

なんと!私ったら、1ヶ月近くもブログ更新してなかった・・・・え〜っと、何をしてたかというと、図書館で借りた本が溜まってしまい、読めない本は全く読まずに返したり、読んでみた本も挫折して全部読まないで返したり、Amazonで久々に本を購入しておきながら、手をつけたのはコミックだけだったり。私が途中まで楽しく読んでいて、最後まで読みきれずやむなく返却したのはこれです。森見登美彦氏の竹取物語はさらさら〜っと読ん...