FC2ブログ

本『羊と鋼の森』読了

TVでだったか、Webでだったか忘れたけど、何かの紹介を見て読むことにしました。初めて読む作家さんです。これは、出会えて良かった!ぐっとくる素敵な作品でした。外村くんは、高校生の頃たまたま体育館のピアノを調律するところに立ち会ったことがきっかけで、調律師を目指すことにした。ピアノを習っていたわけでもないので、専門学校を出て調律師となってからもどうしたら調律が上手くなるのかと、日々コツコツと努力して、先...

2度目の沖縄も雨だった

先日、沖縄に行ってきました。イベント参加のために行ったので、ほぼ観光する時間がなかったのですが、唯一、初日に那覇空港から目的地へ向かう途中で首里城へちょこっと立ち寄りました。時間がないために、料金を支払う前で引き返したのですが、ラッキーだったのは広場で琉球舞踊をチラ見できたことですね。これね、琉球舞踊って、華やかな衣装で踊ってらっしゃる方は、多分男性なんだよね〜登場した時には男ってイメージはなかっ...

本『与楽の飯』読了

最近読んでる本の中ではハズレなしの澤田瞳子さんの作品。東大寺大仏建立事業を食の視点から描く、熱き時代エンターテインメント!時は奈良時代。東大寺大仏造営事業は、まだ端緒に就いたばかり。故郷から造仏所に徴発されてきた若者・真楯は、造仏所炊屋の炊男・宮麻呂が作る絶品の飯を心のよりどころに、厳しい労苦に耐え、しだいに食とは、仏とは何かに気付いていく――。(Amazonより)いや〜面白かった!!東大寺の毘盧遮那大仏...

本『中野のお父さん』(*^o^*)

いや〜楽しかった。ここのところ読んでた本ったら、ちっとも明るい話がなかったのでそろそろ辛くなってきてたんだ。健全な雰囲気がずっと温かくて楽しい気分で読めました。クスッと笑える場面もいっぱい。出版社に勤務する田川美希には、高校で国語教師をしている定年間近の父親がいる。文芸誌に配属が変わって、仕事でささやかな謎に出会うことがある。例えば、新人賞の受賞作を受賞者に伝える電話をすると、「一昨年前に応募した...

本『あなたが消えた夜に』

ある町で発生した連続通り魔殺人事件。所轄の刑事・中島と捜査一課の女刑事・小橋は目撃証言による“コートの男”を追う。しかし事件は、さらなる悲劇の序章に過ぎなかった。“コートの男”とは何者か。誰が、何のために人を殺すのか。翻弄される男女の運命。神にも愛にも見捨てられた人間を、人は救うことができるのか。いま世界が注目する人気作家。デビューから13年、著者が初めて挑む警察小説。人間存在を揺さぶる驚愕のミステリー...

本『水曜日の凱歌』読んだ

終戦直後、政府が進駐軍から日本の女性を守るために立ち上げた組織RAA(特殊慰安施設協会)を間近で見ることになった14歳の少女の目線で、戦後の混乱を生き抜く女性たちを描いた力作。住むところも、家族も奪われ、それでも生きていくために鈴子の母は国が組織したRAAで進駐軍の相手をする女性と兵士とのトラブルを防止するための通訳として働き始めた。一体どんなことが起こるのか予想がつかない日々で、女性が兵士に襲われる噂...