FC2ブログ

本『ヒトリコ』読んじゃった

先日から続けて、小学館文庫小説賞の受賞作品も読みました。『屋上のウインドノーツ』と同様、音楽をからめてます。小学館文庫小説賞っていうのは、じゃ、どういうのかなって調べてみたら”ストーリー性豊かなエンターテインメント作品”ってことでした。ふむふむ。作者の額賀澪さんは吹奏楽と合唱を経験していて受賞作2作を書かれたそうですね。ヒトリコは日都子(ひとこ)が小学5年の時のある事件をきっかけにまわりからハブられ...

本『屋上のウインドノーツ』読んだ

なんとなんと、新人にして文学賞を2作品W受賞されたそうですよ!!この作品が松本清張賞を受賞して、もう1作『ヒトリコ』が小学館文庫小説賞を受賞。え〜〜すごいな!!と思って、速攻で図書館で予約したところ、2冊同時に順番回ってきました(; ^ω^)で、まずは松本清張賞から読みました。作品はめっちゃ王道の青春小説なんですが、なぜ松本清張賞??松本清張氏の作品は何作か読みましたが、本格派推理小説ですよね。あるいは社...

本『火花』ちゃんと買って読んだよ!!

これだけ話題になっちゃったら買って読みたくなりますよね?ピースの又吉直樹さんの芥川賞受賞作品です(*´∀`*)彼の文章力に目をとめた編集者さんがいらしたそうで、彼女がいなかったらこの小説は生まれてなかったんだよね?うん、わかる。私も4年前に読んだ文庫楽しみましたもの。その時の記事はコチラだけど、まさか芥川賞とっちゃうとは。太宰治が大好きな彼なので、太宰治をちょびっと敬遠してる私が読んでよいのかとか、芥川賞...

本『モダン』読んだ

原田マハさんの最新刊。ニューヨーク近代美術館(通称MoMA)にまつわる短編集。MoMAのキュレーターを勤めた著者ならではの素敵なお話。オシャレで静かな雰囲気が漂ってます(*´∀`*)1話目はオシャレとか言うよりも、東日本大震災の話で、泣いちゃいましたが。MoMAの創設者の幽霊の話はお気に入り。『楽園のカンヴァス』にも出てくるキャラが登場してニヤニヤしてみたり。ラストのお話には短い時間でも一緒に仕事して友情をはぐくん...

本『過ぎ去りし王国の城』読んだ

いやぁ〜〜この表紙の黒板アート!!話題になりましたよね〜〜れなれなさんの作品。この表紙の絵をじっくり見たいがために買おうか借りるか迷いましたもん。こんな作品を黒板に書いておきながら、写真撮ったら消してしまうんですもん、もったいな〜〜い!!黒板の絵、ナマで見てみたいわ〜〜。迫力あるんでしょうね(*´ω`*) ウットリ…って、いうても図書館での順番は意外にも早めだったのか、もう借りれました。ひっさびさ〜〜の宮部み...

本『神様のカルテ0』

人気の作品は図書館で借りるのに順番が長い・・・・さてさて、人気の『神様のカルテ』シリーズ。前回読んだ3で一旦第一部終了ってことだったんですが。今回はなぜか、栗原一止が医大生の頃に遡っての前日潭ってことですね。砂山先生とか進藤先生とか今までのシリーズでもおなじみの同期が卒業前の勉強会をしてるところ、とか栗原一止が本庄病院に研修医として勤務し始めるところ、とか山で滑落した人をハルさんが助けるお話、とか...

本『流』読了〜直木賞候補作!!

読み応えありました〜〜満足(*´∀`*)読んでる間中、中国と台湾に思いを馳せて浸ってました。初めて読む作家さん。この物語の舞台が台湾なんですけど、台湾生まれだそう。なるほど、台湾の事情がよくわかってないと書けない作品です。舞台は台北。1975年に総統が亡くなった後、主人公・葉秋生(イエ・チョウシェン)の祖父が自宅で殺された。祖父の死をひきずりつつも、犯人は捕まらず、秋生は幼なじみの小戦(シャオジャン)に振り...