FC2ブログ

本『ひとかどの父へ』読了ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン

母子家庭で育った朋美は小学生の頃に、自分が私生児であることを知り、それ以来、母に対して素直になれず、勉強などに一生懸命になれないでいた。その後、仕事人間の母親は有名人となり、出版社でアルバイトをしていた朋美は母親のスクープという形で父親が在日韓国人であることを知ってしまう。自分の出自をにわかには受け止めきれない朋美が父のように慕っていた黒沢に助けられ、父を捜し、逃げずに向き合おうとする。プロローグ...

本『睦月童』著・西條奈加

初めて読む作家さんです。江戸の商家のぼんぼん央介の素行が悪いため、父親は陸奥の国から連れて来た少女イオの不思議な力を借りることに。イオの目は罪を犯した人が見ると金色に光って怖くなるのだそうだ。座敷童のことのようです。前半はイオと央介が江戸の町でいろんな人に出会い、不思議な力を使ったりして謎を解いたりする人情話。正直言ってわかりやすいけど、話が深いわけじゃないので退屈する・・・(; ^ω^)ところが、後半...

本『若冲』著・澤田瞳子 読了~♪

今、話題の伊藤若冲の生涯を描いた小説。 生誕300年ってことでムック本などなどいろいろ出てるみたいなんですよ。 私はアートはよくわからないし、日本の歴史上に出てくる画人って ほんの数人しか知らなかったから、 またもや、絵について書かれてる描写も実際にどんな絵なのか知りたくて ネットで検索しながら読みました。 気になる方は「若冲」で画像検索してみてくださいね。 こんな鮮やかな色合いの個性的な絵を描...

本『永い言い訳』著・西川美和 読んだ〜

「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。(Amazonより)映画監督の西川美和さんの小説。王様のブラン...

本『闇に香る嘘』

昨年度の江戸川乱歩賞受賞作品。主人公・村上和久は全盲である。孫の腎移植を兄に頼んだが断られたことで、中国残留孤児として27年前に帰って来た兄が偽者ではないかと疑念を抱く。兄が帰国した頃は自分は失明したばかりで生活が混乱していたことを思い出し、帰国前の満州開拓団時代を知る人を頼りに調査に乗り出す。やがて、ニュースで知った逃亡中の中国からの密航者が、和久へコンタクトしてきた。自分が本物の兄であると・・...

GWは神様に会いに行ってた

GWの前半、1日だけなんとか出かけられそうだったので、日帰りで伊勢神宮へ行って来ました。本当はじっくり時間をかけたいところだけど、滞在できる時間は少ない。森を歩いてるとたくさんの参拝者がいても神聖な空気が流れてる気がしました。ここで写真を撮る人だらけ...私もあわただしく撮ったけど、この行為も神聖な場所に不似合いだよね(^^;;お茶をいただきました!京都のお茶屋さんが献茶ってことで、伊勢神宮にお茶を奉納され...

本『本屋さんのダイアナ』ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン

一気に読みました。じわーっとなんだか目からぽたぽたと落ちてしまいました。全く環境の違う2人の少女が親友と思い合い、小学校時代を過ごした後、2人の間にはちょっとした行き違いが元でわだかまりが残ってしまう。別々の学校へ進学して、それぞれの道を歩んで行く中、お互いのことは忘れてはいなかった。少女から自立した女性になる過程を、2人の家庭環境と友情を丁寧に描き女性全体に向けて強く発信してると思いました。この...

本『鬼談』著・京極夏彦 

鬼って何だろう。角を生やして大きな体で金棒持って、っていうおとぎ話に出てくるイメージではなく。人間の情欲、執着、愛、業、・・・・人間の心が生み出したものなのだろう。鬼についての9編の物語。京極夏彦氏らしい、物悲しく、おどろおどろしく、人間のイヤな一面を掘り下げる作品集。図書館の返却期限ギリギリの今日、諦め半分に読み始めてあっという間にさらっと読めました(;゚∀゚)短編であっても理屈っぽさとねちっこさがた...

本『有頂天家族 二代目の帰朝』

久しぶりの毛玉ファンタジー(*´∀`*)狸と天狗と人間の物語です。正直言って前作『有頂天家族』のストーリーをはっきりと覚えているわけではないのですが、今作は前作を遥かに超えて面白かった〜〜〜コミカルで笑っちゃう場面の多いファンタジーなのにストーリーが練られている!しょっぱなから新たな登場人物の幻術師・天満屋っていう怪人が出てきたり、狸好きの絵師に癒されたり、で、タイトルになってる二代目っていうのは、天狗...

映画『シンデレラ』観た(*бωб*)♪

いやぁ〜ほんとに映画館で映画観るの久しぶり。半年も観てなかった・・・『美女と野獣』以来です。最近になってようやくあれもこれも観たいって気分になってきました。映画館で観るための時間が前ほどあるわけじゃないなってこともわかっていて、今後はさらにホントに観たい作品をしぼって出かけたいって思ってます。なので久々の鑑賞作品はやっぱりはずれの少ないディズニーがいいなと。職場でも別々のタイミングで2人も「シンデ...