FC2ブログ

本『サナキの森』読んだ。。。

サナキの森(2015/01/22)彩藤 アザミ商品詳細を見る若い作家さんのデビュー作らしい。第一回新潮ミステリー大賞受賞作。ううむ。その新潮ミステリー大賞とやらの審査員に対してちょっと不安を感じていたのでさほど期待もしていなかったけれど、ううむ、やっぱり。帯留めを探して欲しい―売れない小説家だった祖父が遺した手紙に従い、仕事を辞めてひきこもっていた私は、遠野を訪れる。この地の旧家で起こった80年前の不可解な殺人事...

本『異邦人(いりびと)』原田マハ最新刊読了♪

異邦人(いりびと)(2015/02/25)原田 マハ商品詳細を見る京都を舞台にアートに関わる人たちの物語。東日本大震災の後、主人公・菜穂は妊娠したこともあり、京都の書道の大家のもとで暮らすことになる。菜穂は美術には慧眼の持ち主であり、その価値を見抜くだけでなく芸術をとても愛する女性で、祖父が残した私設美術館の副館長兼学芸員だ。京都の葵祭、祇園祭り、五大送り火、四季折々の美しさを楽しむが、ある日、心惹かれる作品に...

本『逢魔』読了

逢魔(2014/11/27)唯川 恵商品詳細を見る有名な古典、怪談をアレンジした恋愛官能小説。みんな良く知ってる牡丹灯籠、番長更屋敷、鍋島猫騒動、四谷怪談、ろくろ首など。エロ成分多めですが、やっぱりそこは作家さんが女性なので、男性には物足りないかもしれないけれど、女性には読みやすいソフトな印象。なによりも、有名な作品のアレンジのしかたが良かった。四谷怪談の悪者で知られる宅悦(毒を盛る人ね)の目線なり梅の目線が...

本『ハガキ職人タカギ!』読んだ〜(゚∇^d) グッ!!

ハガキ職人タカギ!(2014/11/11)風 カオル商品詳細を見る楽しかった〜〜(*´∀`*)勢いのある青春小説。狭い世界の中で生きていたい高校2年の高木は、ガルウイング骨折ってラジオネームで深夜の番組に投稿するオタク。学校ではさえない生活を送っているけど、ラジオの中では一目置かれるハガキ職人なのだ。それなのにそのラジオ番組の常連投稿仲間から夏休みに東京に来ないかと誘われ、意に反して世界が広がってしまう。オフで知り合...

本『御松茸騒動』読了

御松茸騒動(2014/12/10)朝井 まかて商品詳細を見る朝井まかてさんの作品。江戸時代、尾張藩の藩主で蟄居させられた宗春公に仕えていた父が亡くなり、江戸詰めで事務的な仕事をしている榊原小四郎は子どもの頃より頭がいいため、将来は藩政を担う重臣になるという夢を描く青年だ。上役の計算間違いとかいちいち付箋を貼って指摘するほど生意気。父と仲の良かった3ベエの失敗の巻き添えをくって、国元の御松茸同心に任ぜられる。左...

本『アイネクライネナハトムジーク』読了(*´∀`*)

アイネクライネナハトムジーク(2014/09/26)伊坂 幸太郎商品詳細を見る伊坂幸太郎さんの作品を読むのは4作目。今まではそんなに人におすすめするほどじゃないってくらいの印象。どうして人気があるのかよくわからない、って感じでした。しかし、今回はニヤニヤしたり、そうくるのかってちょっと楽しい驚きがあったり、ほのぼのした恋愛成分がいままでよりもちょっと多めの連作短編。面白くて読み終わるのが惜しいくらいでした(*´∀`...