FC2ブログ

本『本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人』読了

本当はひどかった昔の日本: 古典文学で知るしたたかな日本人(2014/01/17)大塚 ひかり商品詳細を見る今の世の中を嘆いて、昔は良かったと言うセリフ。よく聞くよね〜。でも、本当にそうなのか?昔もひどかったんじゃないの?ってことで、古典をひもとき、昔の日本の生活をさぐるってふれこみの本。いくら歴史小説を読んでても、その世界を妄想して楽しむことはあってもその時代に生まれたかったとか、そんな風には思ったことないん...

本『気障でけっこうです』小嶋陽太郎 読んだよ

気障でけっこうです(2014/10/29)小嶋 陽太郎商品詳細を見る第16回ボイルドエッグズ新人賞受賞作品。え?それってどんな賞だっけ・・・・おお!大好きな『鴨川ホルモー』が!!そしてボイルドエッグズって、あれだ!三浦しをんさんだな。ってな情報だけで、図書館で予約したら、さほど人気になってるわけじゃなかったのか、あっさり順番まわってきた(; ^ω^)あっという間に読み終えました。それはもう勢い良く。だって、さくっと軽...

本『師父の遺言』松井今朝子 読了〜

師父の遺言(2014/03/19)松井 今朝子商品詳細を見る直木賞作家の松井今朝子さんの自伝&彼女の師である武智鉄二氏の評伝。松井今朝子さんの作品はまだ2作しか読んでませんが、自伝を書かれるということにもちょっと興味があって。松井今朝子さんの生まれ育った京都の料亭の複雑な環境とか、歌舞伎との深いご縁とか、ちょっと一般的な家庭環境とは違うんですね。大学時代の学生運動の激しい頃は、授業がなくなることが多かったとか...

本『おかんメール』『おかんメール2』

おかんメール(2014/05/10)『おかんメール』制作委員会商品詳細を見るおかんメール2(2014/09/27)『おかんメール』制作委員会編商品詳細を見る実は、この記事は書こうかどうしようかずっと迷ってた。...

本『古事記ゆる神様100図鑑』

古事記ゆる神様100図鑑(2014/10/09)松尾 たいこ商品詳細を見る以前、古事記が気になっていて、五月女ケイ子のレッツ!!古事記(2008/08/01)五月女 ケイ子商品詳細を見るこの本で楽しくお勉強したわけですが、やっぱり神様のお名前がね、覚えられません。それで、こういう図鑑になってる可愛い本を見つけましたよ。五十音順に神様の名前とどんな神様でどこの神社に祀られているかっていうのが出ています。もちろん、これで全部じゃな...

ベルサイユのばら 11 買っちゃったよ(*´∀`*)テヘ♪

ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)(2014/08/25)池田 理代子商品詳細を見るなんとなんと、40年ぶりの新刊ですと!!!そんなん出てたなんて知らなかったよ〜(ʘ╻ʘ)ベルばらは愛読書でしたからね。当然買いますよ!40年ぶりに。もちろん、大きなストーリーが再び展開するわけじゃなく、後日潭って感じの、小編を4つです。絵のタッチも当時とは若干変化していますし、可愛らしさよりも大人な美しさ。フェルゼンが、オ...

本『夜また夜の深い夜』桐野夏生 読んだー

夜また夜の深い夜(2014/10/08)桐野 夏生商品詳細を見るめちゃ久しぶりの桐野夏生作品。あっという間に読み終えました。そうか、歴史小説を選ぶことが多くなっていたので、久しぶりに舞台が現代だと、調べものも少なくてすいすい読めちゃいました(; ^ω^)どんな罪を犯したのか。本当の名前は何なのか。整形を繰り返し隠れ暮らす母の秘密を知りたい。顔を変え続ける母とアジアやヨーロッパの都市を転々とし、四年前にイタリア・ナポリ...

本『日輪の賦』澤田瞳子 読了〜♪

日輪の賦(2013/03/21)澤田 瞳子商品詳細を見るまたしても飛鳥時代、持統天皇の時代のお話。と、言っても持統天皇が主役じゃなかった。地方の豪族の子息が京へ来て、大舎人となり、律令の編纂に携わることになって、人としても成長を遂げる若者の姿を描いている。大王(おおきみ)から天皇(すめらみこと)へと呼称を変え、国号を倭(わ・やまと)から日本(ひのもと)へと熱き想いを込めて変えていこうとしていた学者たち。豪族が...

映画『美女と野獣』観てきた(*´∀`*)

ディズニー映画のアニメ版『美女と野獣』は思い出の映画なので、懐かしく思う気持ちもあってさっそく公開初日に観てきました(*´∀`*)でも、これはディズニーの『美女と野獣』とは別物です。ディズニー映画でもないし、なんとフランス映画でした。もちろんざっくりとしたストーリーが違うわけじゃないのですけど、雰囲気がもう全然違う・・・まずはベルのお父さんが商人で、何不自由無く暮らす裕福な家庭で、兄弟が多いってことと、...