FC2ブログ

本『スタープレイヤー (単行本)』恒川光太郎 読んだよ

なんと、なんと初めてなんですが、サンプル版というものがあるんですね〜出版前の状態のものなのですが。ブクログではその献本企画というのが時々あって、今回初めて当選したんですよ(*бωб*)♪発売よりもかなり早い段階で読めるわけですが、その本についての情報を発売前にネットで流したらダメですよ、とか書かれてたので、じゃ、一応発売日にこの感想をUPさせるよう、予約投稿してみることに←これも初(;゚∀゚)単行本ならではの美し...

映画『her/世界でひとつの彼女』 観たよ

人口知能との恋ってことで、先日観てきた『トランセンデンス』と比較されるだろうなぁと予想してて、さらに『トランセンデンス』よりもなぜか評判が良かったために期待していたんだよね〜〜。金沢でもようやく公開されたので観てきました。ほんの少し未来。感情を持ってるOSをPCにインストールしたセオドア。離婚調停中の彼は、まだ妻のことを愛しているため離婚届にサインできないでいた。彼の使うPCの新しいOSは女性の声で設定し...

Tumblrお試し中

えっと、写真部の活動として、ここに記事にするよりもtadaaに日常的にUPすることの方が多かったので、tadaaが8月24日をもって閉鎖ってニュースはショックなだけじゃなくて、写真部の発表の場所をどうしようってことなんですよね。で、もうtadaa友達もたくさんいたし、彼らはほとんどinstagramかEyeEmに流れて行ったので、そっちでもしっかりアカウントを作ってフォローしあう作業しつつ、Tumblrの登録してみました。ここをクリ...

本『隠された刻―Hidden Times』著・坂東眞砂子 読んだよ

隠された刻―Hidden Times(2013/02)坂東 眞砂子商品詳細を見るソロモン諸島とニューカレドニアの間にある南の島イリアキ島(架空)でツアーデスクの美郷は、日本からTV局の取材につきあって、イリアキ島から2Kmの無人島へ向かう。日本から来たTV局の北添は砂絵について調べているという。その無人島からは何も持ち帰ってはならないと言い含められたのに、北添はあるモノを持ち帰り、その晩あしをくじいたところが原因なのか熱を出...

ショック〜〜(ノ_・、)グスン…

昨日は悲しい出来事が二つ。1つ目は、洗濯機が壊れたこと。水漏れしちゃうんです。やっぱり、毎日使うものですしね、こういうのは修理してもまた壊れるって学習してしまってるので、もう使えない。。。で、昨年までオットが単身赴任中に使ってた小さい洗濯機があったことを思い出して、納屋に放置していたのを引っ張りだしました。そして入れ替え。アースもつないで、電源入れて、・・・・動いた〜\(^o^)/ヤッター!って喜びもつかの...

映画『るろうに剣心 京都大火編』観てきた〜

前作から2年。パワーUPして帰ってきました!!今回は京都大火編・伝説の最期編と2部作になって、完結するんですね!!前作の記事はコチラあっという間の2時間19分でした。やっぱり2時間超えると長いなって普通は思うんですけど、ぜ〜んぜん苦にならない、どころかもっとあの世界に浸っていたい、ってか、もう後編も続けて観たいよ〜って思いましたよ。とにかく、アクションが前作も凄かったのにさらに上をいってましたよ。ス...

本『時の罠 (文春文庫)』読んだよ〜

時の罠 (文春文庫)(2014/07/10)辻村 深月、湊 かなえ 他商品詳細を見る久しぶりに、アンソロジーを買っちゃった。時をテーマにした今、人気の作家さん4人の短編集。『タイムカプセルの八年』辻村深月子育てに全然熱心じゃない父親が、親父の会に巻き込まれて、数年後タイムカプセルを掘り出す前に、人気者だった担任教師の不手際を知って、どう対処するのか・・・・ってお話。立派な仕事をしていても子育ては母親任せだったし、子...

本『瓜子姫の艶文』著・坂東眞砂子 読んだよ〜(*´∀`*)

瓜子姫の艶文(2014/05/23)坂東 眞砂子商品詳細を見るいや〜〜参りました!!!表紙のちょっと妖しげな雰囲気から、てっきり坂東作品によくあるエロが濃いめのお話かと思ってたんですが、騙されました。後半からめっちゃサスペンス、で、大好きなどんでん返しもありました。この満足感!しかも、ちょっと確かめたくて読み返したりしたくなるような余韻。坂東眞砂子さんの最後の長編小説。江戸時代、お伊勢参りで賑わう町で木綿問屋...

本『まほろ駅前狂騒曲』著・三浦しをん 読んだよ(*´∀`*)

まほろ駅前狂騒曲(2013/10/30)三浦 しをん商品詳細を見るまほろ駅前シリーズ第3弾!ほんっと、人気なので図書館での予約もどうかと思うほど待ちました(;゚∀゚)半年くらいかな。1作目、2作目の感想は↓からどうぞ。『まほろ駅前多田便利軒』『まほろ駅前番外地』さて、今回3作目にして今までで一番良かったんじゃないかとじんわりとあたたかい読後感にひたっております。多田便利軒では、多田と行天が相変わらずの仕事ぶり。毎度の...