FC2ブログ

本『眠る魚』著・坂東眞砂子 読んだよ〜

眠る魚(2014/05/19)坂東 眞砂子商品詳細を見る坂東眞砂子さんの遺作となった小説。未完である。東日本大震災から数年たった福島の隣県である架空の地域が舞台。海外の島で暮らす主人公が、父の訃報によって帰国し、俯瞰して見ていた日本の現状に戸惑う。福島の原発事故での放射能漏れを忘れてしまっているかのような地元民の生活ぶり、急死する人が増えていることへの疑問とか不安が昔から伝わる風土病アオイロコ(架空の話)のせ...

写真部 お気に入りの場所で夕陽

先日、梅雨の中休みみたいな夕方の晴れた空を見て、これは久しぶりに夕陽を撮ろう!って思い立って、お気に入りの場所へ向かいました。意外に待ってると長く感じます。この2枚の間に何枚もシャッター押してるんですが、その時、ふと気になったのです。この↓コンクリの色が変わってるところわかります?私のお気に入りの場所のシンボルが無いことに気づいてしまって(´・ω・`)そのシンボルは、小さな灯台。2年前の画像↓去年の秋は間...

写真部  夏はやっぱりひまわりでしょ!

お気に入りの写真ブログさんの情報で、金沢でありながら奥深い里山へひまわりを撮りたくて行ってきました。対向車とすれ違うことのできないような細い山道をドキドキしながら向かいました。ほとんど花は終わっていました(´・ω・`)ショボーンツボミもあるにはあるんだけど、花びらがなくなってる状態が7割以上・・・・途方に暮れる・・・花びらがなくてもハチさんにはまだ魅力的な存在らしいけど。消化不良だな・・・こうなったらもう一...

本『太陽の棘(とげ)』著・原田マハ 読んだよ〜

太陽の棘(とげ)(2014/04/21)原田 マハ商品詳細を見る原田マハさんの最新刊。人気なのか、図書館でかなり早めに予約したつもりだったけど、順番待ちに2ヶ月くらいかかったよ。太平洋戦争終結した後のアメリカとなってしまった沖縄が舞台。アメリカから軍の精神科医として沖縄に派遣されることになったエド。休日に同僚とドライブしていて見つけたニシムイ美術村で、貧しいながらも明るく意欲的に創作活動をする画家たちの集団に出...

本『想像ラジオ』著・いとうせいこう 読了。

想像ラジオ(2013/03/02)いとう せいこう商品詳細を見るあのTVで時々見かけるいとうせいこう氏が小説を書くってこと自体知らなかった(;゚∀゚)芥川賞候補作だったそうだ。それに、本屋大賞の候補作品でもあり、そのリストで知って、図書館で予約したのだった。ようやく読める。と、ちょっと期待しすぎていたかもしれない・・・「想像ラジオ」と称して、ある男が自分で思っていることをしゃべってどこかに発信している。そのDJアークは...

本『超高速!参勤交代 』著・土橋章宏 読んだよ

超高速!参勤交代 (らくらく本)(2013/09/27)土橋 章宏商品詳細を見る先日、劇場にて観た映画『超高速!参勤交代』(←映画の感想はコチラ)の原作本。映画ももちろん面白かったのですが、もしかして、原作から抜け落ちて寂しくなってるエピソードはないかな〜なんて原作の方も読んでみたくなったんです。映画でストーリーはわかっているので、イメージもしやすいし、読むスピードも速くなった(*´∀`*)映画よりもさらに、藩主・内藤政...

映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた〜

近未来SFアクション。トム・クルーズ主演。日本のライトノベルが原作。まさしくゲーム感覚。何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ楽しめました。異星人が侵略してきて、二等兵として戦地に行かされたケイジはあっという間に戦死。しかし、目覚めるとまた同じシーンの繰り返しが始まるが、前の記憶はあるし、次に何があるのか予測できてしまう。しかし、またやられてしまう。次に...

映画『マレフィセント』観たよ(*´∀`*)

2D吹替版で鑑賞。ディズニーアニメの名作『眠れる森の美女』の悪役である呪いをかけた妖精マレフィセントの視点から描いた作品。どうしてオーロラ姫に呪いをかけたのか。原作の童話は子どもの頃に読んでいて知ってはいたけど、ディズニーアニメは観てない。でも、このアニメのマレフィセントのビジュアルをよくぞ再現しましたね〜だけど、『眠れる森の美女』とは全然別もののストーリーですね。物語は、マレフィセントは妖精の住...

写真部 先月の紫陽花

えっと、写真を撮るのをついつい忘れがちなようですが、でも、大好きな花はおさえております(゚∇^*)v⌒☆ブイッ!青の吸い込まれそうな深い色が好き。淡いむらさき。この濃さがまた可愛い。ハチさん、ありがと。最近になって、ガクアジサイが好きになってきた。っていっても、全然あじさいの種類とか知らないんだけど。今年はこの白いアジサイに出会えてめっちゃ嬉しかった。可愛くて。アジサイって、どんな角度でどんな色撮ってもステキ...

本『八月の六日間』著・北村薫 読んだよ(*´∀`*)

八月の六日間(2014/05/29)北村 薫商品詳細を見る爽やかな山登りの小説です。主人公の女性(40前後・独身・編集者)が1人で登山を楽しんでいるのですが、山歩きの行程、その風景の描写、自分の持ち物、歩きながらの心の中、出会う人達などなどがとても細やかで、優しく綴られています。ホントにこの作家さん、男性なのに女性の心情を描かれるのがお上手で。こんな風に描写されると、行ったことの無い美しい景色が見事に広がるん...

本『プリズム (幻冬舎文庫)』著・百田尚樹 読んだよ

プリズム (幻冬舎文庫)(2014/04/24)百田 尚樹商品詳細を見る一気に読んじゃいました。ラブストーリーだけれど、難しい。ドラマに昔から使われてる多重人格者との恋愛。とっても難しいテーマ。興味はあるけど、ついついそれって本当にあるの?と宇宙人の話と似たような次元で、リアリティを感じない。もちろん、百田さんらしく、資料をいっぱい調べていらっしゃって、物語を邪魔しない上手な形で説明がされてるんですけどね。スピー...

映画『チョコレートドーナツ』観たよウゥッ・・・(´;ω;`)

やられた・・・・泣き過ぎです。嗚咽をもらしてしまいそうになりました。帰宅して公式HPなど見て、また思い出して泣いてます(ノ_・、)グスン…きっと、誰かにおすすめしようとして、タイトルを口に出すだけで涙して笑われてしまう涙腺弱いアラフィフです・・・・ふとしたきっかけで一緒に暮らすことになった、ショーダンサーのゲイ・ルディ(アラン・カミング)、弁護士のポール(ギャレット・ディラハント)、母親に見捨てられたダウン...

本『星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)』著・三浦しをん 読んだ〜

星間商事株式会社社史編纂室 (ちくま文庫)(2014/03/12)三浦 しをん商品詳細を見る面白かった〜!!笑った笑った。川田幸子29歳、社史編纂室勤務。幽霊部長、仕事のできなさそうな謎の本間課長、大きな胸を揺らしてラジオ体操する後輩みっこちゃん、ヤリチン先輩こと矢田、というメンバーに囲まれ、創業記念日に間に合わせるべく社史を編纂する。一方、プライベートでは、会社では言えない趣味である同人誌作りに一生懸命な幸代。...