FC2ブログ

冬の味覚・牡蠣食べてきた~(*≧∀≦)

ソチロス症状で読書が進んでおりません(;゚∀゚)今日は能登方面、穴水町まで牡蠣を食べに行ってきました♪いやぁ〜お腹いっぱい。晩ご飯が食べられないほどの満腹です。じゅーじゅー焼いて、蓋をあけます。ちょうど良い焼き加減がわかるのに時間がかかりました(;゚∀゚)カキフライも(*´∀`*)牡蠣ご飯も!!漬け物も。帰り道、口の中がずっと牡蠣味だったので、切り替えたくてスタバに寄り道♪さくら味のトッピング♡(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) ポチッとよろし...

映画『スノーピアサー』観てきた

浅田真央ちゃんのSPでみんなが沈んでいる日。真央ちゃんのこと考えながら運転してて映画館へ向かう道を間違えてしまったよ。真央ちゃん、日本中の期待のことも、今までの努力のこともみんな忘れてフリーでは大好きなスケートをオリンピックで滑る喜びと楽しさを思い切り表現してください!特に観たいって思ってなかったんだけど、ネットでの評判がいいみたいなので、急に観たくなっちゃった。氷河期になってしまった地球上で、生き...

映画『エージェント・ライアン』観たよ〜

ポスターの巨大な謎っていう言葉がなんか合ってないような気がする。謎っていうか、策略とか陰謀とかじゃないかな・・・テロ計画を謎っていうのも変な気がしている・・・トム・クランシー原作の人気小説原案のジャック・ライアンシリーズが新しく始まるってことですね。原作は読んだことないです。その昔、ハリソン・フォード主演の『パトリオット・ゲーム』とか『今そこにある危機』は劇場で観ました。なんとその頃は、シネコンじ...

映画『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』観たよ

本日2本目の映画です。娘と観てきました。原作コミックは未読。面白かったわ〜〜(*´∀`*)予告編をごらんになった方は、おわかりかと思いますが、三池崇史監督と宮藤官九郎脚本でハチャメチャにやってくれてます。ここまでやるの!!!っていうぐらいに生田斗真くんはマッパです。あれは潜入捜査官としての素質があるかどうかのテストの一部なのですが、ドッキリをしかけられたみたいで、『合格!』とか言われちゃうんですね。アク...

映画『大統領の執事の涙』観てきた〜ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン

奴隷から大統領執事になった男の目を通して、アメリカの黒人差別問題の歴史を見る物語。公式HPはコチラ実在の人物がモデルだそうです。綿花畑の奴隷の息子として生まれ育ったセシルは、ある日、屋敷の主に父を目の前で撃たれた。家働きの下男となり、その後ホテルの執事に拾われ、給仕の仕事を得る。ワシントンD.C.のホテルの給仕となり、そこでホワイトハウスへ誘われ、アイゼンハワーからレーガンまでの歴代大統領に仕えた。セシ...

本『翔ぶ少女(ポプラ社)』著・原田マハ 読んだ・゜゜・o(iДi)o・゜゜・。

翔ぶ少女 (一般書)(2014/01/10)原田マハ商品詳細を見る原田マハさんの最新作。阪神淡路大震災で被災した3きょうだいと、彼らを引き取ったゼロ先生が前を向いて生きていく、再生の物語。しょっぱなから泣きました。震災で目の前で炎にのみ込まれて行く両親を助けることができなかった場面からもう、泣けて泣けてタオルハンカチぐしょぐしょですウゥッ・・・(´;ω;`) 自分も足ががれきにはさまれ、動けなくなっている中、目の前で母が自...

映画『ニシノユキヒコの恋と冒険』観たよ(ー_ー;)

いやぁ〜つまんなかった(; ^ω^)大好きな竹野内豊がめちゃモテまくるいい男を演じるってことで、わくわくしていたんだけど、やっぱ、こういうのってストーリーがあんまりないよね。一体観客に何をどう見せたいのかっていう作り手の意図が見えなくて、眠たくて辛かったわ。もっと原作は女性の心理描写とかあったんじゃないのかね?それが伝わってこないのだよね。ま、読んでないからわからんけど。それにただふわふわしてるだけの男...

本『彼が通る不思議なコースを私も』著・白石一文 読了〜〜♪

彼が通る不思議なコースを私も(2014/01/06)白石 一文商品詳細を見る初めて読む作家さんの作品。直木賞も受賞した作家さんなんですね。ちょっと変わっているけど、真面目に学習障害児童を救いたくて日々淡々と頑張る教員・椿林太郎と彼の妻となる霧子をめぐる不思議な物語。読みやすいので一気に読んでしまったのだけど、熱さも盛り上がりもとくに感じられないまま、ただ、林太郎の言う教育理論が素晴らしいなぁ、なんて遠くから眺...

本『楽園のカンヴァス』著・原田マハ 読了ジ━━…(〃´-`〃)…━━ン

楽園のカンヴァス(2012/01/20)原田 マハ商品詳細を見るずっとずっと読みたくて、図書館で順番待ちしてようやく読みました(*´∀`*)めちゃめちゃ面白かった〜〜ニューヨーク近代美術館の若き学芸員ティム・ブラウンは、夏の休暇に合わせてとある富豪の邸宅に招待され、名作の絵画とある一部分をのぞいてそっくりな絵の真贋の判定を迫られる。招かれたもう一方は日本人女性。二人のうち講評での勝者にその作品を譲ると言われる。七日間...

本『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)』著・三上延 読了

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)(2014/01/24)三上延商品詳細を見る昨年、TVドラマ化して、物議をかもしたおかげで、ちょっと冷めてしまっていたけど、新刊をまたもや買ってしまった。ドラマのことは忘れて(←っていっても見てない(^_^;A)やはり面白く読めました。栞子さんと大輔くんの距離もちょっと縮まっていい感じ。4巻で、栞子さんに告白しちゃった大輔くんが返事をじらされ、...

映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』観たよ

本日2本目は、これもアカデミー賞ノミネート作品。果たして、レオナルド・ディカプリオは・・・これも実話を映画化。レオナルド・ディカプリオ演じるジョーダン・ベルフォートはウォールストリートで若くして株屋として大金を稼ぎ、その後、証券詐欺として逮捕されるってお話。エリートとは真逆の道をいく若者たちを集めて、巧みな話術でちっぽけな株をじゃんじゃか売るのだ。その類稀なカリスマ性で、会社はどんどん大きくなる。...

映画『アメリカン・ハッスル』観たよ〜

毎月1日は映画の日です。1000円で鑑賞できるので、アカデミー賞ノミネート作品を2本観ちゃおうかと。まずは1本目。詐欺師とFBIが協力して汚職にまみれた政治家をおとり捜査で捕まえちゃおうっていう話。実話を脚色したってことらしい。期待してなかったからなのか、面白かった(*´∀`*)クリスチャン・ベイルの演技がお見事で目が離せない。ターゲットの市長とホントに仲良くなっちゃって、ちょっとせつない。それにしてもハゲ...