FC2ブログ

NHK大河ドラマ『平清盛』第42回「鹿ヶ谷の陰謀」

鹿ヶ谷事件、面白かった~~意味のあるバイオレンスシーンは迫力に満ちて、ざわざわとさせてくれますなぁ。ゴッシーと西光、成親の平氏を討つっていう計画に、摂津源氏の多田行綱は巻き込まれちゃいましたね。はじめから困惑気味だったので、あやしいなとは思ってましたよ。俊寛は初めて登場し、残念ながら彼も巻き込まれて流罪になって、もうきっと出番はないんですよね。いろんな作家が書いている有名人なのに。っていうか、菊池...

本『カフーを待ちわびて (宝島社文庫)』著・原田マハ 読んだよ~~(*^_^*)

カフーを待ちわびて (宝島社文庫)(2008/05/12)原田 マハ商品詳細を見る先月、読んだ『キネマの神様』が私の中では大ヒットでしたので、同じ作家さんの作品をまた読みたくなって、原田マハさんの小説デビューにして、第1回「日本ラブストーリー大賞」大賞受賞作品であるこの作品を手に取りました。ラブストーリーは私の読んでる作品の中にはめちゃめちゃ少ない分野です(^_^;)ブクログの本棚をチラッと見ていただけるとわかりますが...

写真部 石川動物園その4

動物たちをうまく撮影するのが難しいので、ついつい通路脇の植物にもレンズを向けちゃいます。郷土の水辺と南米の森の入り口です。tadaaでいっぱいLikeをいただいたサクラマス。パカ。変な名前。熱帯雨林にいらっしゃるネズミの仲間。ついでに演出されてる滝。ただパシャっと写してたら同僚はシャッタースピードを速くすると水飛沫がちゃんと見えるから、やってみ、と。シャッタースピードを速くすると、暗く写るんだよと、教えて...

写真部 石川動物園 その3

いよいよかなり楽しみにしていたエリアです*\(^o^)/*ネコの谷にやってきました。あ、寝てるのか。夜行性だよね(^^;;美しい模様がちらっとしか見えなくてもどかしい。建物の窓からのぞける場所に回り込んで、これが精一杯。そしてライオン。オスは建物の中でしたよ。やっぱりネコ科のみなさんは昼間はのんびりしてまして、猛獣っぽさがわからない。建物の中ではあまりいい写真が撮れなかった(^^;;さて、オーストラリアの動物たちの...

本『実朝の首 (角川文庫)』著・葉室麟 読んだよ~~♪

実朝の首 (角川文庫)(2010/05/25)葉室 麟商品詳細を見る今年の直木賞受賞した『蜩ノ記』の作家・葉室麟氏の作品。ホントは早く受賞作品読みたいなぁって思ってたんだけど、やっぱり、お手軽な文庫で別の作品かな、と。こちらの作品は、血なまぐさい鎌倉時代、3代将軍源実朝が公暁によって暗殺された。その首を弥源太が持ち去って、さらに別の者に奪われる。陰謀渦巻く鎌倉と朝廷、北条氏、和田家、三浦家、それぞれの思惑が交差し...

NHK大河ドラマ『平清盛』第41回「賽の目の行方」

滋子がいなくなって、さらになかなか高倉帝に皇子を授からないことで、平家との距離をおこうとするゴッシー。あからさまだなぁ~~(^_^;)そうなると、すぐに比叡山の明雲との連携をはかる清盛。動きが早いですねぇ。西光の子たちが加賀の国で、寺ともめて、小競り合いどころじゃないくらいになって、明運が怒って、強訴を起こす。西光の子らを流罪にせよと。その強訴を鎮めるために呼ばれる重盛。西光に頼まれ、まかしとけと。とこ...

写真部 石川動物園その2

さて、石川動物園は入り口から最初のエリアはアシカ・アザラシのうみなんですが、いやー甘かった(^^;;ガラスに映り込みしちゃって、いい写真にならないんですよね~しかも、私のズームはさほど大きくもならないし。でも、部活と割り切って少し載せてみます。顔が怖いです。この子はガラスに沿って泳いでくれて何度もシャッター切りました。ゴマフアザラシですね。その後、サルたちの森に行くんですが、ここでも私はもう無理だ・・...

写真部活動報告 動物園行って来たよ~

カメラ持って写真撮るのって楽しいんだけど、撮影したい場所に1人でウロウロ歩くのは、ちょいと勇気がいる。まだ女だからさほどじゃないけど、カメラ持ってる知らない人に対して、警戒するもんね。で、職場の同僚が私よりもひと足早く写真にハマってることを知って、写真部結成となりました*\(^o^)/*これで連れができたので、1人では行きにくいところへ一緒に行ける♫で、まずは動物園へ行ってきました~!シロテテナガザルです。赤...

NHK大河ドラマ『平清盛』第40回「はかなき歌」

1日遅れとなってしまいました・・・(^_^;)清盛と後白河法皇との関係をうまくとりなす役の滋子が35歳という若さで・・・・・(T.T)えっと、あらすじは公式HPでごらんください。そうかそうか、しつこいまでに流れていた梁塵秘抄を後白河法皇が編纂してる場面が出てきましたね。梁塵とは梁の上の塵までふるわすほどの素晴らしい歌だということらしいのですが、ゴッシーは吹けば飛ぶようなものなどと、自らを下げて、おっしゃる。清...

Google翻訳

tadaaでいろんな人たちの写真を見たり、自分の写真のフォロワーにいいねボタンを押したりしてるとこんなボタンが現れたりします。いつもキャンセルしてたんですが、間違って押してしまって、この2番目のボタンの意味がやっとわかりました(^^;;翻訳してくれるボタンだったんですね~驚いたわ(*_*)例えば、「Goodnight friends!」ってコメントにこのボタンを押すと「お休みの友人」って出てた(*≧∀≦)でもちゃんと「Good night,friends...

写真部 番外編

玉さん、こんな後輩ですがいかがです?剃り残しはないかい?そろそろ電気シェーバーを使ってみたい息子の愛用品。玉坂めぐるさんの【こんな顔】の記事に触発されて撮影しました(*≧∀≦)...

NHK大河ドラマ『平清盛』第39話「兎丸無念」

京・五条大橋での弁慶と牛若丸のシーンすっごい良かったよね~~~!!弁慶が赤い衣を羽織る遮那王(牛若丸)を禿と勘違いして、戦いを挑むのですが、本物の禿が登場して、激しい殺陣。そして、牛若丸だとわかって邂逅。映像の演出もお二人の身のこなしも、あのシーンだけで、映画を観てるような特別な感覚にひたりました。いやぁ~~満足~~(o^^o)でもでも、そこは今回のメインじゃないってことね(^_^;)大和田の泊(神戸港)の改...

写真部活動報告~秋桜~

8月の下旬にミラーレス一眼カメラを手にいれて、被写体探しが楽しい日々を過ごしてます。それは、iPhoneを持つようになって、tadaaってアプリで写真にハマってしまったから。秋は何と言っても、秋桜と彼岸花だと思ってるのですが、なかなか近所で見つからなくて、やっと今朝、犀川のサイクリングロードで撮影できました。こんな感じです。今、初めてiPhoneから投稿しようとしてます。失敗したら、この記事削除するかも(^^;;...